• TOP
  • iPhone・iPad
  • スクショ音が無音に! 地味な改善が嬉しい「iOS 10.2」正式リリース

12月13日、iOS 10.2が正式にリリースされました。今回のアップデートは細かな改善が多数含まれています。

早速、具体的な内容をチェックしていきましょう。

スクショ音が無音化。カメラのシャッター音も小さくなった!

ベータ版の段階で一部ユーザーを賑わせていたのが、スクショ音の無音化。

▲無音化するにはiPhoneをサイレントモードにしておく必要があります。

これまでは、電車内などでスクショを撮ろうにも「盗撮と勘違いされるんじゃないか」と撮りづらかったものですが、ついに静かにスクショできるようになりました。

カメラのシャッター音は引き続き鳴りますが、明らかに音が小さくなりました。飲食店で料理を撮るときなど、今までほど周囲を気にせず撮影できそうです。

カメラの設定をキープできるように

iPhoneデフォルトのカメラで撮影するとき、前回の撮影モードが保持されるようになりました。

▲例えば、Instagramにアップするため「スクエア」でばかり写真撮影する方。今までは毎回設定をスクエアに切り替える必要がありましたが、今後は最初からスクエアのままになるので快適です。

▲設定を保持するか否か、設定で変えられます。

[設定アプリ]→[写真とカメラ]→[設定を保持]

Bluetoothイヤホン・ヘッドホンのアイコンが表示されるように

間もなくApple純正の無線イヤホン「AirPods」がリリースされる予定ですが、それに合わせてかBluetoothイヤホン・ヘッドホンの接続状況がわかりやすくなりました。

▲外出先で音楽を聴くときにBluetooth接続ができていないとスピーカーから音が出てしまうので、頻繁にチェックするところ。ヘッドホンマークで確認しやすくなりました。

ミュージックの並び替え機能が充実

ミュージックアプリでプレイリストを並び替えるとき、従来は1つ1つ手動で動かす必要がありましが、タイトルや楽曲追加日でソートできるようになりました。

▲プレイリストの数が多い方にとって、今まで以上に整理しやすくなりますね。

その他、細かい不具合を多数修正

以下、アップデート時に表示された公式アナウンスです。

iOS 10.2には TV App(米国のみ)を含めた新機能が導入され、複数のビデオ視聴用Appに存在するTV番組および映画に一か所でアクセスできるようになりました。絵文字は細部に至るまで美しく見えるようにデザインが変更され、新しい顔、食べ物、動物、スポーツ、職業を含んだ100個以上の新しい文字が追加されました。このアップデートには安定性の改善およびバグの修正も含まれます。

TV
* “次はこちら”を使用して、現在視聴中の映画や番組を確認したり、途中まで見ていたものの続きから再開することが可能
* “今すぐ再生”で、おすすめの新作映画やTV番組を入手
* Storeで新しいAppや最新のiTunesリリースを見つけましょう
* iTunesで購入およびレンタルしたものは“ライブラリ”に表示されます

絵文字
* 細部に至るまで美しく見えるようデザインを変更
* 新しい顔、食べ物、動物、スポーツ、職業を含んだ100個以上の新しい文字を追加

写真
* Live Photosの安定性を改善し、より高速なフレームレートを実現
* “ピープル”アルバムで、同一人物の写っている類似の写真の分類の正確性を向上
* “メモリー”でスクリーンショット、ホワイトボード、レシートなどの写真からメモリーを作成してしまう問題を修正
* iPhone 7 Plusで、カメラロールから戻ったときにズームインしたままになっている問題を修正
* サポートするデジタルカメラのRAW形式を追加

メッセージ
* 新しい“ハート”と“お祝い”のスクリーンエフェクトを追加
* メッセージでキーボードが表示されない問題を修正

ミュージック
* “再生中”の画面を上にスワイプして、“シャッフル”、“リピート”、“次はこちら”に簡単にアクセスできるようになりました
* “ライブラリ”でプレイリスト、アルバム、曲の並び替え順を選択可能

News
* あとで読むようにした記事が“Saved”に表示されるようになりました
* 購読の登録をしたチャンネルからの有料記事が“For You”で専用の場所に表示されるようになりました
* 次の記事に移動するのが簡単になりました。左にスワイプするか、“Next Story”をタップします

メール
* “移動”シートが、メッセージの移動後もそのまま残っている問題を修正
* 長押しでコピー&ペーストがうまく行えない問題を修正
* スレッドを削除したあと、間違ったメッセージが選択されてしまう問題を修正

アクセシビリティ
* VoiceOverにBraillePen14のサポートを追加
* VoiceOverで、点字表が予期せず切り替わってしまう問題を修正
* Siriの高品質音声がVoiceOverで使用できない問題を修正
* VoiceOverのユーザがリストの項目を再整理することができない問題を修正
* “スイッチコントロール”で留守番電話を削除できない問題を修正

その他の改善および修正
* カーテン/ブラインド、人の検知、動き、ドア/窓、煙、一酸化炭素、水漏れセンサーなどを含むHomeKitアクセサリ用の通知のサポートを追加
* HomeKitアクセサリ用のファームウェア・アップデートがある時の通知のサポートを追加
* 他社製のアクセサリとのBluetoothのパフォーマンスおよび接続を改善
* FaceTimeに参加している人がぼやけて見える問題を修正
* FaceTime通話で、縦横比および画面の向きが間違って見える問題を修正
* Visual Voicemailの再生を完了できない問題を修正
* Safariのリーダーで、記事が空白のページで開いてしまう問題を修正
* Safariのリーディングリストで記事を既読にすると、Safariが予期せず終了してしまう問題を修正

今回のアップデートはかなりおすすめ

細かい機能改善や、各種バグ・脆弱性の修正もされているので、筆者はすぐにアップデートを実行。特別な事情でもない限り、アップデートしておくのがおすすめです。すでに完成度の高いiOSですが、今後もまだまだ発展していきそうだなと思わせられる内容でした。

iPhoneをより使いこなすなら、こちらの記事もおすすめ
【保存版】iPhone『Safari』の裏技・便利テクニック19選