• TOP
  • Google
  • 『Google マップ』と『Uber』が連携を強化。マップ内で配車手続ができるように

自動車配車アプリの『Uber』を使ったことはありますか? スマホで手軽にタクシー等の依頼ができ、日本でも展開しているサービスです。

2017年1月12日、米Googleは『Google マップ』アプリ内でUberの配車を行えるようになったと発表しました。サービスは段階的に展開するとのことで、13日現在、筆者のアカウントでは未実装でした。日本国内では、実装までもう少しかかるかもしれません。

この記事では、海外版を参考に内容を見てみましょう。

Google マップの経路案内にタクシーのタブが登場

利用にあたってUberアカウントは必要ですが、Uberアプリを開く必要はなくなります。

▲行きたい場所を検索したら、右下の経路案内ボタンを押します。

▲移動手段を選ぶタブで、タクシーを選択します。

▲Uberを使った際の時間・料金が表示されました。筆者が試したときは未実装だったので、この案内をタップするとUberアプリに飛ばされました。

▲海外版のデモ画面。サービスが実装されると、Google マップアプリ内で配車の手続まで行えます。料金や評価などから頼みたいタクシーを選び、リクエストを送信。

このような流れで、アプリ内から配車できるようになります。

移動中の車内で、さらに調べ物をすることも

Google マップは店舗情報も充実させているので、車内では飲食店などの情報を調べると便利。

▲目的地の周辺にあるレストランを調べ、メニューを見たり予約したりすることも本アプリから行えます。

Uberを使っている方にとって、今まで以上に便利な移動を実現してくれるアップデートです。日本でも実装される日が楽しみですね。

こちらの記事もおすすめ
『UberEATS』が日本上陸。高級焼肉やドーナツなど無料配達
Uberが展開している出前サービス。送料無料でありながら、店舗と全く同じ価格で買えるのが凄いです。

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google LLC

4.57

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る