• TOP
  • 写真・動画
  • Vineが終了し、カメラ機能のみの『Vine Camera』に。使い方を解説

2017年1月17日、6秒動画として愛されてきた『Vine』がサービス終了しました。アプリは『Vine Camera』へと名称変更してリニューアル。変更点や使い方を見ていきたいと思います。

撮影専用のアプリに。投稿はTwitterへ

動画コミュニティとしてのVineは完全に終了し、6.5秒(6秒から少し長くなった)の動画を撮るシンプルなカメラアプリへと切り替わりました。

▲画面を長押しして6.5秒分の動画を撮影。指を離せば一時停止します。

▲撮れた動画をチェックして問題なければ、右上の「次へ」。

▲端末に保存するか、Twitterに保存するか選んで完了。両方選ぶこともできます。

使い方の流れは以上。たったこれだけの簡素なアプリになりました。従来のVineアプリにあったキャプションやBGMの追加はできません。

ハイクオリティな動画にするための細かい機能

よりよい動画を撮るために、気の利いた機能がいくつか用意されています。

グリッド

▲構図をきちんと決めて撮りたいときに。

水平器

▲線がピッタリ合わさって緑色になれば、スマホが水平な印になります。

前シーンの透かし

▲撮影中に指を離せば一時停止しますが、その前シーンを透かせます。

フラッシュライト点灯

▲暗いところで役立つライト。

過去動画はWebで視聴可能。今後はTwitterへの投稿に

Vineアプリからコミュニティ機能はなくなりましたが、過去の動画はWeb版で視聴できます(新規投稿は不可)。
Web版Vine

今後はTwitterへ投稿することになります。つぶやきも動画も1箇所でまとめて楽しめるので、それはそれで便利なのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ
おしゃれなインスタ動画で、いいねを増やそう! クールかわいい動画編集アプリ6つ
Twitterの仕様上6.5秒以下の動画は自動ループ再生されるので、必ずしもVine Cameraを使う必要はありません。こちらのアプリでもきれいな動画が撮れます。

Vine

VINE LABS INC

4.04

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る