飲み会などで割り勘するとき、計算とかお金のやり取りとか、ちょっと面倒くさいですよね。

そんな割り勘の煩わしさを解消してくれるサービス『paymo(ペイモ)』が、2016年1月19日にApp StoreとGoogle Playでリリースされました。本アプリはユーザー間で割り勘代を送金しあえるシステムになっていて、クレジットカードで支払うことが可能。お店での勘定はスムーズに済ませることができます。

この記事では、アプリの簡単な使い方を紹介していきましょう。

短時間でできるユーザー登録

アプリをダウンロードすると、こちらの画面が出てきます。「Facebookで登録する」を選べば、メールアドレスの入力の手間が省けるので比較的楽です。1分程度でユーザー登録できるので、飲み会の場でもサッと登録してもらえます。

割り勘代を請求する方法

代表者がとりあえず立て替えておいて、飲み会の後でメンバーに請求を送ります。具体的な手順はこちら。

まずホーム画面の右下に、丸いアイコンがあるのでタップします。

次に、「請求する」を選択してください。

すると、請求内容を入力する画面が出てくるので、一人あたりの金額とレシートの写真とコメントを入れて作成します。

※不正防止のために、レシート撮影しないと請求できないようになっています。

次に請求する相手を選びましょう。Facebookの友達でpaymo利用者一覧が表示されるので、一緒に飲んだメンバーを選びます。ちなみにFacebook連携していない場合でも、友達をIDから検索することが可能です。

他にも、LINEを使って直接URLを送ったり、QRコードを読み取ってもらったりすることで代金を請求できます。

割り勘代を支払う方法

請求のリクエストが送られてきた人は、支払いの作業を行っていきましょう。

請求リクエストが送られてくると、ホーム画面に通知が来ます。通知をタップして、支払い手続きへと進みましょう。

▲決算方法をタップして、クレジットカード情報を登録する。

決算はpaymo内の残高、もしくはクレジットカード(VISAもしくはMasterCard)で支払います。友達紹介などで手に入れたポイントを、クーポンとして使用することも可能です。クレジットカード決済なので、細かい金額の割り勘でも面倒ではありません。

また、今はキャンペーン中なので決済手数料がかかりません。1回の送金限度額は10万円で、月に30万円までの制限がありますが、普通の飲み会であれば気にしなくて大丈夫でしょう。

※幹事の場合、集まったお金をアプリから銀行口座に引き落とすときに、200円の手数料がかかります。

ユーザー登録や送金が簡単なので、これから流行りそう!

クレジットカードを利用して決算するサービスは、手順が多くて面倒というイメージがありましたが、実際に使ってみると非常に手軽でした。割り勘が面倒だと思っている人は多いので、これから本アプリが流行りそうな気がします。

こちらは『paymo』のプロモーション動画。次々とテーブルクロス引きを成功させていくスゴ技にも注目です。

飲み会の幹事におすすめしたいアプリはこちら

面倒な飲み会幹事を楽にするアプリ9選。日程調整から帰りのタクシー手配まで

  • iOS
  • Android

無料

割り勘 アプリ - paymo (ペイモ) かんたん登録で「請求」も「支払い」も

AnyPay Inc.

3.50
アプリストアを見る

無料

割り勘 アプリ - paymo (ペイモ)  請求も支払いも

AnyPay Inc.

3.82
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

もす

落語とウクレレが趣味の東大生ライター。
大喜利サイト『ボケて』で☆3000を獲得してから、自分には笑いの才能があると調子に乗ってます。

IoTやARなどの最新技術を活用したアプリや、放置ゲームやカジュアルゲームなどの記事をメインに執筆しています。最近ハマってるゲームは「なめこの巣」。んふんふ。