• TOP
  • アプリレビュー
  • 荷物をカフェに預ける『ecbo cloak』を使ってみた。もうコインロッカー要らず!

土日だとコインロッカーが満杯で利用できなかった……と不満に思ったことはないでしょうか? そんなときに便利なのが、カフェやゲストハウスで荷物を預けることができるサービス『ecbo cloak(エクボクローク)』。スマホから荷物預かりの予約が簡単にできるのが大きな特長。1月18日に開始したばかりの新しいサービスです。

今回は実際に浅草のカフェに行ってみて、荷物を預けてみました。この記事では、利用の手順や使ってみて感じたことを紹介していきます。

利用の流れ

①アカウント登録

『ecbo cloak』はブラウザで利用可能なWebサービス。まずはWebサイトでアカウント登録を済ませておきます。

サイトのURLはこちら。
https://cloak.ecbo.io/

サイトから新規登録へと進んで、名前やメールアドレスなどの基本情報を入力していきます。

次に、クレジットカード情報を入力。カード番号などを入れていきます。

最後に、任意なのですがプロモコードを入力して完了。友達から招待された人などは、発行されたプロモコードを使って登録すれば、初回料金が無料になります。

②予約方法

地図から預けるお店を選択します。アイコンなどのデザインがスタイリッシュで素敵です。

2017年1月24日時点ではまだ、渋谷と浅草のみのエリアとなっています。上の画像を見る限り、新宿・品川・池袋・上野と関東圏を中心にサービスを拡大していくようですね。

店舗を選ぶと、保管できるキャパシティや営業時間などの情報が出てきました。Wi-Fiや充電などの設備があるのが分かるのは、お出かけのときに便利です。

ここと決めたならば、下の「スペースを予約する」をタップしてください。

つぎに予約日時と荷物数を選択します。当日の予約も可能なのは嬉しいポイントです。

ちなみに荷物のサイズに応じて、料金が変わります。リュックサックや手提げ袋だと300円/1日で、スーツケースやバックパックなど大きめの荷物は600円/1日。荷物預かりサービスの中では、安めの料金設定です。

最後に、登録内容をチェックして「確認する」を押せば予約完了! 確認メールが送られてきます。

③お店で荷物を預ける

予約日時になったら、お店に向かいます。今回利用させてもらったのが、浅草の雷門近くに構える『カミナリコンシェルジュ』というカフェ&多目的スペース。

まだ始まったばかりのサービスなので、「ecbo cloakで予約した○○です」と言ったとき、一瞬店員がキョトンとした目に……。そこで確認メールの画面を見せると、すぐに対応してくれました。

荷物を預けると、店員がチェックイン&チェックアウトの作業をしてくれます。こちら側は何もする必要がないので、かなり楽ちんです。利用料金は「チェックアウト」をタップした後に、クレジットカードから決済されるようになっています。

保管スペースに荷物を置けるので、コインロッカーにぎゅうぎゅう詰めする必要はありません。もし万が一、荷物に何かあった場合は、20万円までの補償も出るので安心です。

また、普通の荷物預かりサービスではタグで管理するのが多いですが、本サービスでは荷物の写真を撮ることで管理しています。

アプリ版も登場する予定! これからのサービス拡大に期待。

お店側がまだ対応に慣れていない感じがありましたが、始まって間もないサービスなので仕方ないことではあります。『Airbnb』のようにデッドスペースを有効活用した面白いサービスなので、対応店舗を拡大していってほしいですね。アプリ版もリリースする予定なので、さらに使い勝手が良くなり、ユーザー数も増えていくでしょう。

気になった方はぜひサービスを利用して、手ぶらでお出かけしてみては?

カフェでWi-Fi接続したい方は、こちらをチェック

【2017年】各カフェチェーンWi-Fi接続方法まとめ。一押しはスタバ・タリーズ

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

もす

落語とウクレレが趣味の東大生ライター。
大喜利サイト『ボケて』で☆3000を獲得してから、自分には笑いの才能があると調子に乗ってます。

IoTやARなどの最新技術を活用したアプリや、放置ゲームやカジュアルゲームなどの記事をメインに執筆しています。最近ハマってるゲームは「アリの巣コロニー」。30万匹のアリを飼育中。