• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone5sで撮影した映画『タンジェリン』レビュー。性的マイノリティの日常をポップに映し出す

全編iPhone 5sで撮影されたということで、2015年にアメリカで話題を集めたインディーズ映画『タンジェリン』(原題:tangerine)が、2017年1月28日より日本でも公開されました。

出典:http://www.tangerinefilm.jp/index.html

スマートフォンアプリ情報サイトのライターとしてこれは観なければ! というわけで早速観賞してきました。

LAのストリートで生きる、トランスジェンダーの女性2人の友情をリアルに描いた本作。汚い言葉と下品な笑いが散りばめられているのですが、ほんのりと温かい優しさに満ちているコメディ映画でした。

※以下、ネタバレは極力しないようにレビューしています!

あらすじ

クリスマスイブのロサンゼルス。トランスジェンダーの娼婦・シンディは28日間の服役から出所してきたばかり。同じくトランスジェンダーの娼婦である親友のアレクサンドラと無駄話をしている中で、彼氏のチェスターが「白人女」と浮気していたことを聞かされる。

シンディはそれを聞いてブチギレ。とっちめてやろうとその女を探し始める。一方、歌手を夢見ているアレクサンドラは今夜行う自身のライブのことで頭がいっぱいだった。

そしてもう1人。アルメニアからの移民でありタクシードライバーのラズミックは、娼婦をひっかけようと彼女達の仕事場界隈を流していた。

ストリートに生きる人々がカオスに交差する、破天荒な1日が始まる……。

iPhoneで撮影されたということを感じさせない

本作は、ワイドスクリーンに撮るためのアナモルフィックレンズ(アナモレンズ)をiPhone5sに装着して撮影されたそうです。

画質やカメラワークに関して違和感を覚えることは一切なく、言われなければiPhoneで撮影されたということに気づかないレベル。

もちろん大作映画に比べれば精細さは劣っていますが、映画の面白さはそこに依存するものではないと思います。本作では画面の揺れや独特の色合いによる映像美によって、むしろストリートのリアルさを表現することに繋がっているように感じました。

考えてみれば、インディーズ映画でハンディカムを使うのは珍しいことではありません。iPhoneの性能が上がり、ハンディカムに取って代わったというだけのこと。

スマホはどんどん進化していますから、こうした作品が出てくるということは至極当然と言えます。これからも続々と「スマホムービー」が出てくるのではないでしょうか。

「F**k」が飛び交う、モラルのない日常をポップに描き出す

本作では冒頭から終始「Fk」やら「Bch」やら、テレビでは放送できないようなワードが飛び交っています。

シンディは「白人女」を探しに売春パーティーの現場へ殴りこみ。白人女の髪を引っ張り回して大暴れ。

アレクサンドラは客と「金を払え」「イケなかったんだから払わない」と支払いを巡って大ゲンカ。

ラズミックはひっかけた娼婦が本物の女と分かるや否や、「ワレメがこんなところを歩いてんじゃねえ!」とブチギレ。

日本人が想像するキラキラしたクリスマスとは程遠い、破天荒な彼らの生活。しかしそれを観ていて不快に思わないのは、彼女らの軽快なやりとりのおかげでしょう。荒々しくもポップでキュートに描かれていて、それでいて作りすぎていない「リアル」を感じます。

▲お下品なスラングのマシンガンのような応酬。「女」のことを「FISH」と呼ぶようです。

主演女優2人は、監督のショーン・ベイカーがストリートを取材している間に出会った本物のトランスジェンダーの方々だそう。リアルに生きてきた2人だからこそ出せる臨場感なのでしょうか。

客が警察官かどうかを確かめるために陰部を出させるとか、事に及ぶ場所に洗車場を選ぶとか、その世界を知り尽くさない限り描けないようなシーンが次々と登場してきます。

ショッキングに思う人もいるかもしれませんが、彼女たちはあっけらかんと生きていくのです。

あたたかい優しさに包まれるクライマックス

1番印象に残ったシーンはやはりクライマックスのワンシーン。

物語後半でケンカしてしまうシンディとアレクサンドラ。トランスジェンダーの2人ならではの「ある方法」で仲直りをします。それが本当にいい味を出しているんです! 言いたいけど言えない……。

可笑しいのに哀愁が漂っていて、2人の友情が目に焼き付けられます。そのラストが余韻となって残り、心がじんわりと暖かくなっていくように感じました。

欲を言えば、ラズミックの結末にだけはもう少し救いが欲しかったです。誰しもが持っている性的欲求の方向性がちょっと人と違っていただけなのに、と思ってしまいました……。

あまり書きすぎると楽しみを削いでしまうので、あなたはどう感じるかぜひ劇場で確かめてみてください。

嘘のない等身大の映像。だからこそ微笑ましい。

この映画はドキュメンタリーではありません。マイノリティの現状を嘆き、問題について考えたいという方にはオススメしません。B**chな彼女たちの姿を笑い飛ばしてやろうというコメディ映画です。

ドラァグクイーンの華やかな世界でもなく、同性愛の耽美な世界でもなく、ただひたすら等身大の姿を描き出そうという監督の姿勢に優しさを感じました。

小馬鹿にしてあざ笑うことも、キレイに描写しすぎることも、悲惨な状況を嘆くこともありません。他者から見れば悲惨と思えるような境遇も、彼らにとっては当たり前の日常です。

性自認や性嗜好、移民、職業、様々なものでカテゴライズされ、憐れみや同情、偏見を持たれがちな人々もみな同じように笑い、怒り、生きている。そんな当たり前の姿を当たり前に描いているからこそ、彼女たちのやりとりにクスッと笑うことができるのだと思います。

▲監督のショーン・ベイカーと主演女優の2人。

インディーズ映画ですが、ストーリーはわかりやすく非常に観やすく仕上がってします。ほろ苦くもあり、最後は笑顔になれるはず。「F**K」が飛び交っているとは思えないほど、優しさに溢れています。

「LGBTQ映画」というような色眼鏡をかけず、L.A.を舞台にしたエンタメムービーとしてぜひ観て欲しいです。偏見なんか吹き飛ばすシンディたちのパワフルな魅力に、いつの間にか惹き込まれてしまうことでしょう。

『タンジェリン』

・監督:ショーン・ベイカー
・出演:キタナ・キキ・ロドリゲス、マイヤ・テイラー、カレン・カラグリアン、ジェームズ・ランソン、ミッキー・オヘイガン
・公式サイト:http://www.tangerinefilm.jp/index.html

▲本国でのイメージビジュアルの方が、作品に漂う哀愁が表現されていて好きです。

こちらの記事もオススメ

ストーリーが面白いゲームアプリ11選。3日でクリア可能、名作保証。