• TOP
  • 特集
  • 【2017年版】iPhone & Macの作業捗る連携テク全まとめ。これは便利!

iPhoneとMacは共にAppleが開発しているため、スムーズな連携機能をたくさん搭載しています。iPhoneで受信したものをMacで確認したり、Macでしていた作業をiPhoneで引き継いだり。具体的にどんな連携ができるのか、2017年現在の機能を余すことなくご紹介します。

(2017年2月時点で最新の「iOS 10」、「macOS Sierra」を利用)

目次

1. 電話・FaceTime - Macでも電話の受発信ができる
2. 各デフォルトアプリ - 自動・高速で同期。好きなデバイスから編集
3. マップ - Macで調べた目的地をiPhoneに送信
4. Handoff - やりかけの作業を引き継ぎ
5. Instant Hotspot - iPhoneをバッグに入れたままテザリング
6. ユニバーサルクリップボード - こっちでコピー、あっちでペースト
7. AirDrop - テレポートするかのような高速ファイル共有
8. QuickTime - iPhoneの画面録画。スマホゲーム実況などに
9. Apple Pay - 面倒なクレジット番号入力が不要に。指紋認証で決済
10. キーチェーン - パスワードを連携して入力の手間が省ける
11. AirPods - Macでも簡単に使える
12. サードパーティー製アプリも、iPhoneとMacの連携を前提にしたものが非常に多い

1. 電話・FaceTime - Macでも電話の受発信ができる

iPhoneには通常の電話と、iPhoneユーザー同士なら無料通話できる『FaceTime』という通話サービスがあります。どちらもMacで受話し、逆にMacから発信することもできますよ。

▲着信があるとMacの画面右上にも通知が。応答すればMac側のマイクとスピーカーで通話できます。

2. 各デフォルトアプリ - 自動・高速で同期。好きなデバイスから編集

iPhoneデフォルトアプリのほとんどがMacにも存在しており、自動・高速で同期されます。「Macの容量がパンパンだから写真の同期だけはやめておく」など、希望するなら同期させないことも。

iPhoneのメッセージ

Macのメッセージ

iPhoneのカレンダー

Macのカレンダー

iPhoneのリマインダー

Macのリマインダー

iPhoneの連絡先

Macの連絡先

3. マップ - Macで調べた目的地をiPhoneに送信

Macの大きな画面でマップを見た後、目的地などの情報をiPhoneにサッと送信。外での移動時に役立てられます。

▲Macのマップで目的地を調べたら、メニューからiPhoneへの送信ボタンを押します。

▲Macから送信された目的地がiPhoneにも表示されました。いちいち住所を入力し直す必要はありません。

4. Handoff - やりかけの作業を引き継ぎ

帰り道にiPhoneでブログを読んでいたけど、帰宅したのでMacで続きを読む。自宅のMacで表計算アプリを使っていたけど、出かけるのでiPhoneで続きをやる。といったふうに、デバイス間で作業を引き継げる機能です。

Webサイト閲覧(iPhoneのSafari → MacのChrome)

▲Macの左下に、メインブラウザ(筆者の場合Chrome)のアイコンが表示されるのでクリックするだけ。iPhoneで見ていたミカンの画像が、Macでも表示されました。iPhoneはSafari、MacはChromeと異なるブラウザでも機能してくれるんです。

Webサイト閲覧(MacのChrome → iPhoneのSafari)

▲iPhoneのロック画面左下にSafariアイコンが浮かんでいるので、これを上にスワイプ。すると、Macで見ていた織田信長の記事がiPhoneに表示されました。

文書作成アプリ(Mac → iPhone)

▲Web閲覧のときと同じ要領で、さまざまなアプリの作業を引き継げます。

5. Instant Hotspot - iPhoneをバッグに入れたままテザリング

テザリングをするとき、普通はiPhoneの設定で「インターネット共有」をオンにしてからパソコンで接続します。でもMacなら、iPhone側の操作は一切不要。ポケットに入れっぱなしで構いません。

▲Macの上部にはメニューバーがあるので、Wi-Fiマークを押して自分のiPhoneを選択するだけ。たったこれだけでテザリングが始まります。

6. ユニバーサルクリップボード - こっちでコピー、あっちでペースト

デバイス間でコピペできる機能です。しかも、テキストはもちろん画像までコピペできるのが秀逸。

▲左のiPhoneでコピーしたテキストが、右のMacにも一瞬で共有されました。

7. AirDrop - テレポートするかのような高速ファイル共有

約9メートル以内にあるデバイスへ、画像・動画・音楽などのファイルを瞬時に送れる機能です。メールやクラウドサービスを使うより遥かに便利ですよ。

▲共有機能から、送り先のデバイスを選択します。

▲受信するデバイスで「受け入れる」を選択。写真ならほぼ一瞬、動画でも数秒〜数十秒ほどしかかかりません。ちなみに、自分自身のデバイスだけでなく他人のiPhone・Macともファイルのやり取りが可能です。

8. QuickTime - iPhoneの画面録画。スマホゲーム実況などに

Macとケーブル接続すれば、iPhoneの画面録画ができるようになります。

▲Windowsでも無線で録画するソフトがありますが、有線のほうが遥かにきれいで滑らか。

9. Apple Pay - 面倒なクレジット番号入力が不要に。指紋認証で決済

Macでネットショッピングするとき、決済画面でチマチマとクレジットカード番号を入力しなくても、iPhoneの指紋認証だけで決済できます。(※ショッピングサイトがApple Payに対応している必要有り)

▲支払方法としてApple Payを選択すると、iPhoneで指紋認証を求められます。認証すればそれだけで決済完了。(※デモ画面)

▲iPhone側ではこのように表示されます。

10. キーチェーン - パスワードを連携して入力の手間が省ける

例えばiPhoneでどこかのサイトにログインしたら、そのパスワードが記憶され、Macでは自動入力されるようになります。面倒なパスワード入力の手間が省けるわけですね。

▲初回ログイン時に「パスワードを保存」を選択。

▲Macでログインするとき、iPhone側で保存したメールアドレスやパスワードを呼び出せます。

11. AirPods - Macでも簡単に使える

iPhone 7からイヤホンジャックが廃止されたので、今後は無線イヤホンのAirPodsが主流になるでしょう。AirPodsがすごいのは、最初の1台とペアリングすれば、他のデバイスではペアリングしなくても認識されるところです。

▲Macは上部にメニューバーがあるので、Bluetoothアイコンから自分のAirPodsを選ぶだけ。iPhone側で接続を切るなどの操作はいりません。

12. サードパーティー製アプリも、iPhoneとMacの連携を前提にしたものが非常に多い

ここまでApple公式の機能をご紹介しましたが、サードパーティー製のアプリも連携を踏まえて設計されたものが豊富。有料アプリの場合はiPhone&iPad版とMac版それぞれ購入する必要があります。

『MindNode』マインドマップ作成アプリ

▲ブレインストーミングなどで使われるマインドマップが作れる人気アプリ。紙に書くのと違って修正が容易です。

▲作ったマインドマップを同期。iPhoneの小さな画面だからといって編集機能を略することなく、作業の続きを行えます。

  • iOS
  • Android

¥1200

MindNode – Delightful Mind Mapping

IdeasOnCanvas GmbH

4.18

『Pixelmator』多機能ペイントアプリ

▲画像編集アプリの代表格。Photoshop級の編集機能を持っていながら、Mac版3,600円、iPhone版600円の買い切り(セールで半額以下になることもしばしば)なのでお得です。

▲Macで行っていた画像加工をiPhoneに引き継ぎ。もちろんマウス操作に比べれば操作性は劣りますが、機能的にはさまざまな編集ができます。

  • iOS
  • Android

¥120

Pixelmator

UAB Pixelmator Team

3.67

『Scrivener』論文や書籍の執筆に使える本格文書作成アプリ

▲イギリス発の文書作成アプリ。見出しを並べ替えたり細かい注釈をつけたり、書きたいことの概要をメモっておいたりと、長文の執筆に向いている作家御用達ツールです。もちろん日本語化可能。

▲Macで執筆した文章をiPhoneでチェックし、加筆修正もできます。

  • iOS
  • Android

¥2400

Scrivener

Literature & Latte Ltd

3.30

以上が、2017年時点におけるiPhone・Mac連携機能の全貌です。そんなことまでできるのか、と驚くような機能があったのではないでしょうか。

Macの購入を検討している方や、Macを使い始めたばかりという方の参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

【保存版】iPhone『Safari』の裏技・便利テクニック19選

事故や災害時、命を救うのはスマホかも。iPhone「メディカルID」設定のススメ

関連するアプリカテゴリ

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

中西次郎

Applivの古参ライター。人気アプリの解説、最新ゲームのレビュー、iPhoneの使い方紹介などIT関連の記事を書いています( ´▽`) ビジネス、仕事効率化、ユーティリティ系のアプリが得意分野。Apple関連情報にも敏感です。