Appleは4月18日(米国時間)、『iWork(Keynote、 Pages、 Numbers)』『GarageBand』『iMovie』を無料化しました。

今までは2013年以降に新規で購入した場合に限り無料で提供されていましたが、これによって古い端末を利用している方も無料で利用できるようになりました。

iPhone、iPad、Macいずれからも入手可能です。iPhoneは最新だけどMacは古いものを使っているという方など、どなたでも対象となるのでチェックしておきましょう。

対象アプリ

スライドソフト『Keynote』

プレゼン力が凄いと言われるスティーブ・ジョブズも利用していたこちら。デザイン性の高いテンプレートが用意されていて、スピーチを聞く人たちの注目を集めることができます。

Keynote

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

文書作成ソフト『Pages』

写真・表・グラフ・図形を組み込み、企画書や履歴書などを作ることができます。

Pages

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

表計算ソフト『Numbers』

家計簿、請求書などのスプレッドシートを作成できます。データをグラフでアニメーション化することも。

Numbers

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

音楽制作ソフト『GarageBand』

録音、打ち込み、編曲、書き出し、あらゆる作業をこれ1つで行えます。

GarageBand

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

映像編集ソフト『iMovie』

映像のトリミングから、音楽の挿入、タイトル、エフェクトなど、本格的な編集作業が行えます。

iMovie

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

いずれもMac・iPhone・iPad間でスムーズに共有できるようになっています。シチュエーションに合わせて使い分ければ、作業の効率を上げられるでしょう。持っておいて損のないアプリです。

Apple純正のカメラアプリがリリース

ほぼ編集いらずの動画作成アプリ『Clips』リリース。使い方を解説

覚えておきたい『App Store』テクニック

意外と知らない『App Store』の便利な使い方。返金申請や課金制限など