フリマアプリ『メルカリ』の子会社である株式会社ソウゾウは、書籍・CD・DVDなどエンタメに特化したフリマアプリ『メルカリ カウル』をリリースしました。現在はiOS版アプリのみですが、6月にはAndroid版もリリースするとのこと(2017年5月9日時点の情報)。

メルカリでも本やCDの購入はできるのに、どうして特化型のフリマアプリを作ったのでしょうか? この記事では、『カウル』を実際にさわってみて、メルカリには無い独自のメリットを紹介していきます。

買い手は最安値を探しやすい!

まずは、買う側のメリットから見ていきましょう。

バーコード検索で本が探せる

書店で面白そうな本と出会ったとき、「ちょっと高いなぁ、中古でもっと安く買えないかな?」と思うことが多々あります。そんなときに役立つのがバーコード検索機能。

ホーム画面の上側に、検索欄が用意されています。もちろんタイトルや作者名で検索もできますが、バーコードを読み取るだけで検索が可能です。

バーコードに白枠を合わせると、一瞬で読み取ってくれます。書店で読みたい本を見つけたときに、サッと読み取れるのは嬉しいですね。

商品ページでは、出品情報が価格順にならんでいます。一番上に最安値の出品が置かれるので、購入するときの参考になるでしょう。

最安値の商品が更新されると、通知でお知らせ

中古品を探すなら、できるだけ安く購入したい……。『カウル』では、最安値の商品を見逃さないのがポイント。

商品に「いいね!」を押しておくと、最安値が更新されたときにプッシュ通知でお知らせしてくれます。欲しい本があれば、積極的にいいねをしておきましょう。

激安商品を一覧で紹介

80%オフの商品など、激安のものだけを探すこともできます。画面下側に「激安」のタブがあるので、タップしてみましょう。

激安の商品を、価格順に紹介してくれます。激安以外にもランキングで探すことも可能。いま話題の本や、人気のコミックなどが簡単に見つかります。

売り手は最短10秒で出品可能!

次に、売る側のメリットも見ていきましょう。

バーコード読み取りで出品が楽ちん

本のタイトルや作者名などを、いちいち入力するのは少し面倒。出品するときにもバーコードスキャンを活用すれば、簡単に出品が可能です。

まずは、画面下の出品ボタンをタップ。

次に、バーコードを読み取ります。一瞬で読み取るので、大量の本を出品したいときもスムーズです。

※もしバーコード読み取りできないときは、タイトル検索も可能。

そのあと、商品の状態・販売価格・配送方法などを記入すればOK。詳しい本の説明をしなければ、数十秒で出品手続きが可能です。

ちなみに、販売価格で「売れやすい価格」を提案してくれます。価格設定で悩んだときは参考にしてみてはいかがでしょうか?

メルカリでも同時出品してくれる

『カウル』はまだ始まったばかりのサービスなので、買い手がいるのかどうかが気になるところ。

メルカリと連携しているので、『カウル』で出品すると、メルカリにも自動で出品してくれます。カウルとメルカリの両方で出品できるので、売れる確率がグッと高まるでしょう。

本好きには嬉しいフリマアプリ。コメント機能の実装に期待!

商品を購入するときや、出品者とコメントのやり取りをするとき、現時点では『メルカリ』のページに移動する必要があります。これらがカウル上でできれば嬉しいですね! これからに期待しましょう。

また、類似アプリで『ブクマ!』と呼ばれるサービスがあります。まとめて出品する機能はブクマに軍配が上がるのですが、バーコード読み取りの速さや出品数の多さはカウルが圧倒的。買う側の目線からいうと、カウルの方がおすすめです。

コチラの記事もおすすめ

完全無料・読み放題マンガサービス5選。1話から最新話まで全作品イッキ読み

「本専用」のフリマアプリ『ブクマ!』リリース。使い心地を徹底レビュー

  • iOS
  • Android

無料

メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ

Mercari, Inc.

3.61
アプリストアを見る

無料

メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ

Mercari, Inc.

-
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

もす

落語とウクレレが趣味の東大生ライター。
大喜利サイト『ボケて』で☆3000を獲得してから、自分には笑いの才能があると調子に乗ってます。

IoTやARなどの最新技術を活用したアプリや、放置ゲームやカジュアルゲームなどの記事をメインに執筆しています。最近ハマってるゲームは「なめこの巣」。んふんふ。