• TOP
  • ゲーム
  • Angry Birdsの次は海上バトル『Battle Bay』5vs5で砲弾合戦!

世界中で大ヒットしたゲーム『Angry Birds』を手掛けたRovio社が、5月3日に新作『Battle Bay』をリリースしました。

Angry Birdsシリーズとは全く違う、ボートに乗って砲弾を打ち合う海上対戦ゲーム。がっつりプレイしてみたので、遊び方や魅力をレポートしていきます。

船の動きや波を精巧に表現。波のうねりがバトルに奥深さを与える

ゲームを始めるとすぐ、世界中のユーザーが集まる5vs5オンラインバトルへ駆り出されました。

▲全世界同時リリースされたため、いろんな国のユーザーが見受けられる。

▲画面左下のスティックを動かして移動。波打つ3Dフィールドだが、スティックの動きにちゃんと反応して思い通りに動いてくれた。

大きな波のおかげで敵が見えたり見えなくなったり、砲弾が高波に遮られたりとイレギュラーな展開が繰り広げられます。

そして敵・味方の距離が縮まってくると、激しい砲撃の応酬へ!

▲敵船にある程度近づけば、オートで照準が定まる。あとはタップで撃つのみ!

このGIF動画では敵船を後ろから撃ちまくることができ、とても快感でした。逆に自分が撃たれる側になったときは冷や汗ものです……。

遊んでいて1つだけ気になったのは、船の動きがかなり遅いこと。敵の砲弾が来るとわかっていても避けきれないことが多くもどかしかったです。これは仕様で、船を強化するにつれ速くなっていくそう。

というわけで、育成システムも見てみましょう。

船体、砲台、船長……育成システムは幅広く、自由度も高い

チュートリアルを受けてわかったのは、大きく分けて3種類の育成ができること。船体、砲台、船長を育てるうえ、プレイヤーの選択次第で能力が分岐します。

▲船体のレベルを上げると、体力や移動速度などの基礎ステータスが上がる。

▲さまざまな砲台があるので、好きなものを船体にセット。回復・防御系スキルもあり、どれを載せるか考えるのが楽しい。

▲船長のレベルを上げるたびに、2つのうちどちらの能力を解放するか選択する。

組み合わせのパターンは限りなく多いので、他のプレイヤーとかぶることもなく自分だけの船を作っていけますね。「どの能力を優先的に鍛えていこうかな」なんて考えるのが楽しいです。

ゲームの出費はほどほどに。月額制の新しい課金システムが嬉しい

最後に、すごいと感じたのが、課金システムの新しさ。毎月1000円の定額課金をすることで、バトル報酬が1.5倍になる、育成完了までの時間が20%短縮されるといったメリットがあります。

▲広告動画を見ることで報酬を上げることもできるが、じっくりやり込むなら課金もアリなのでは。

ガチャでレアキャラを引くことでしか、強いキャラを入手できないゲームが多い中、かなり良心的なシステムだなと感じました。

お金に余裕があるのなら最高クラスの砲台をすぐ買うこともできますし、逆に無課金ユーザーでも時間をかければ最高クラスの砲台が買えます。ユーザーのふところ具合に合わせて、誰もが納得できるシステムだと思いました。

Angry Birdsを超える人気作になるか!? ぜひ初期のうちに遊んでおきたい

Angry Birdsの成功体験を捨てて、全く新しいゲームに仕上がっているのには驚きます。それでいて本当にクオリティが高く、もう1度大ヒットを起こしても不思議ではないです。

まだリリースされて日が浅いので、ぜひ初期段階のうちに遊び始め、新たな大波に乗ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

8bit × 3Dの「ボクセルゲーム」には名作が多い。かわいくて面白い6本

ドララー向けゲーム5選。カッコいい・可愛いドラゴンを育成。あぁ頬ずりしたい

  • iOS
  • Android

無料

Battle Bay

Rovio Entertainment Oyj

4.04
アプリストアを見る

無料

Battle Bay

Rovio Entertainment Corporation

3.61
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。