家計簿はつけたほうがいい。
家計をやりくりする者として、それはわかっているけれど、
今まで溜め込んだレシートを手作業で家計簿に映したり、
パソコンの家計簿ソフトに打ち込むのは手間がかかるし、面倒でした。
そんな私の下に舞い降りてきたのがこの楽チン家計簿作成アプリ、『ReceReco』!
レシートを撮影するだけで、勝手に家計簿をつけてくれるんです!

・使い方

まずアプリをインストール、そしてユーザー登録をします(Facebookのアカウントがあれば、そちらでも登録ができます)。
初回だけは登録や設定などで時間が掛かりますが、今後の手間が無くなることを考えれば安いものです。

さて、無事に設定が済んだら早速レシートを撮影してみましょう。
画面下、カメラのアイコンをタップすることで撮影モードに切り替わります。
試しに水族館へ行ったときのレシートを撮影してみましょう。

おお、本当に一瞬でレシートの詳細を読み取ってくれました!
品目と値段だけではなく、レシートに印刷された日時や店舗名、店舗の電話番号まで認識してくれるんですね。これはすごいです。

この調子で更に撮影を続けていたところ……。
『レターパックライト』が『レタ ̄ノヾックライト』になってますね。
これは撮影ミスです。木目テーブルの上にレシートを置いて撮影していたので、誤認識してしまったようです。
こういった時はしっかりレシートを伸ばして、白い背景、明るいところで撮影することで撮影ミスも減らせます。
で、再撮影してもいいのですが、この程度の誤認識でしたら画面右の矢印をタップして、手動入力することでも充分対処可能です。

・レシートの費目設定

撮影したレシートたち。これだけでもアプリ上で合計金額を表示してくれるので助かりますが、
家計簿にするならもうちょっと詳しく、何に使ったお金なのかを設定したいところです。
そこで画面下部、費目設定というところをタップ!

食費や日用品費……更に具体的にどんなことに使ったのかをリストから選択しましょう。
これはレターパックだから『通信費』→『郵便』……と。
サクサクと家計簿をつけることができるので、これなら面倒くさがりな私でも続けることができそうです。

他にも自宅の郵便番号を入力してくれるだけで近くのお店のネットチラシを検索してくれるチラシ機能や、どの項目にどれだけお金を使っているのか一瞬でわかるグラフ機能、
パソコンで家計簿を管理したい人の為にエクセルファイルにまとめてデータ送付できる機能など、かゆいところに手が届いている『ReceReco』。
お手軽に家計簿をつけて、やりくり上手になりましょう!

  • iOS
  • Android

無料

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理

BRAINPAD INC.

3.23

現在、配信が停止されています

無料

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理

BrainPad Inc.

3.22

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター

フラボノ

千葉県在住のシナリオライターです。
こっそりゲームのテキストとかも書いています。
自分がテキストを書いたゲームのレビューとかできたらいいな!