• TOP
  • アプリまとめ
  • アプリ課金が一番お得なのは? 10個のポイントサービス還元率を比較

アプリの課金を行う際に1つ手順を多く行うと、ちょっぴりお得にアプリ課金を行えるのです。

その1つの手順とは、ポイントサービスを経由するということ。

▲一般的なポイントサービスの、ポイント獲得の流れ。

ポイントサービスを経由してアプリ課金&購入を行うと、購入額の数%がポイントとして還元。ポイントを貯めると、各種ギフトコードなどに交換して、再びアプリ課金等に利用できるのです。

ですがポイントサービスによって、もらえるポイントの割合や交換できるアイテムは異なります。そこでこの記事では、10のポイントサービスを調査。各サービスのポイント還元率や、交換対応アイテムを比較していきます。

比較した10個のポイントサービス

今回、「アプリの課金でポイントが貯められる」以下の10サービスで比較を行いました。

モッピー
ちょびリッチ
Gendama
Point Income
SMART GAME
モバトク
GameWallet
げっとま
Gamix
リフレク

一番おトクなサービスは? 10サービス比較

▲対象10サービスの還元率・交換時の割引率・交換可能アイテム一覧。
※2017年10月25日時点

気になる還元率は、2.3%の『リフレク』が最も高い値となりました。また全10サービス中、交換時に割引が行われるのは3サービスのみ。

他にも各サービスごとで交換できるアイテムは異なるので、まず「自分が何と交換したいか」をハッキリした上で、サービスを選択することが大切です。

高還元率サービスの、登録方法・ポイント失効条件は?

高還元率と言っても、登録が面倒……ポイントがすぐに失効してしまう……などのネガティブ要素が多いと、なかなか利用する気にはなれません。

そこで次に、「還元率2%以上」の6サービスの「登録方法」「ポイント失効条件」について見ていきます。

リフレク

・登録方法
メールアドレス、Yahoo! JAPAN ID、Facebook、Twitter(ポイント交換時にメールアドレス登録が必須)

・ポイント失効条件
ログインが「3ヶ月」行われない

https://reflec.altema.jp/

モッピー

・登録方法
メールアドレス、電話番号などの入力が必須

・ポイント失効条件
ポイント獲得が「6ヶ月間」行われない

http://pc.moppy.jp/

ちょびリッチ

・登録方法
メールアドレス、電話番号などの入力が必須

・ポイント失効条件
ポイント獲得が「1年間」行われない

http://www.chobirich.com/

Gendama

・登録方法
メールアドレス、電話番号などの入力が必須

・ポイント失効条件
ポイント獲得が「180日間」行われない

http://www.gendama.jp/

モバトク

・登録方法
メールアドレス、電話番号などの入力が必須

・ポイント失効条件
ポイント獲得が「180日間」行われない

http://pc.mtoku.jp/

Gamix

・登録方法
『Gamix』アプリをDL(別途 電話番号認証が必要)

・ポイント失効条件
ポイント獲得が「5ヶ月間」行われない

https://gamix.me/

ポイント失効条件となる期間は、各サービスごとに差はあります。ですがどれも「最終ポイント獲得日&最終ログイン日から〇〇か月後」なので、マメに利用していればポイント失効のリスクはまずありません。

また登録方法は、今回調査した10サービスともに電話番号・メールアドレスが必須。登録方法にさほど違いはないようです。

  • iOS
  • Android

無料

Gamix ~ゲームイベントアプリ~

ADWAYS LABOT INC.

4.29

無料

Gamix ~ゲームイベントアプリ~

Labot Inc.

3.66

ANAマイルを貯めるなら『ANAマイレージクラブ』

アプリ課金でポイントが貯めるには、今回調査したポイントサービスが一般的ですが、ANAでも似たようなサービスを実施しています。

出典:https://www.ana.co.jp/

この『マイルが貯まるゲーム課金』は、読んで字のごとく、アプリ課金でANAマイルを貯められるサービスです。

肝心の還元率ですが、今回調査した10サービスの中で、唯一ANAのマイル交換を行う『ちょびリッチ』と比較すると、「1マイル=200円」という結果。

ですがちょびリッチは「20000円分課金相当のポイント」がないと交換ができず、こまめにANAマイルと交換したい人には『ANAマイレージクラブ』の方がオススメです。

『ANAマイレージクラブ』

https://www.ana.co.jp/

ポイントサービスの中には、頻繁に利用すれば還元率が上がる仕組みもあり、一概には「高還元率=おトク」とは言い切れません。

また『リフレク』で500円分のiTunesギフトと交換するには、最低でも約20,500円分の課金が必要(交換時の割引率により、さらに安い課金額で済む場合あり)。決して「手早くおトク」とは言えませんが、微力ながらもあなたの負担を軽くしてくれるでしょう。アプリ課金を日常的にしている人は、今回行ったサービス比較を参考にしてみてください。

関連記事

Applivでアプリレビューすればギフトコードが貰える! GETまでの流れを解説

意外と知らない『App Store』の便利な使い方。返金申請や課金制限など

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

ちゃんく

大学では建築を専攻していたはずが、いつの間にかライターに……。好きなものは、ラーメン、音楽。あと、アプリだとカメラと出会いはよく使っているとか……。