• TOP
  • ツール・サービス
  • レゴ作品を投稿するSNS『レゴライフ』が登場。児童も安心して使えるシステム

レゴジャパンは6月26日より、レゴ専用のSNS『レゴライフ』をリリースしました。12歳以下の小さな子供でも安全に楽しめるように配慮されており、安心して遊ばせてあげることができます。

本名・顔出しはNG。24時間体制の人力チェックで、不適切な投稿はすぐ処理

まずはアカウント登録から行います。ここは親御さんがIDやメールアドレスなどを入力してあげてください。

▲アカウントが開設されるとニックネームが提案される。本名は使えない。

▲タイムライン。個人を特定できるような情報・写真は投稿できず、もし投稿されると取り下げられる。

他ユーザーの写真にいいねやコメントをつけて子供なりに交流を楽しめますが、ここでも一工夫が。コメント欄では通常の日本語入力はできず、レゴの絵文字しか入力できないようになっています。ネガティブなコメントを書かれる心配がないわけですね。

パーツを組み合わせてオリジナルアバターを作成

プロフィール画像に顔写真を使えない代わりに、アプリ内で用意されたパーツを使って自分だけのアバターを作れます。自分らしいキャラクターに仕上げたいですね。

▲実際のレゴと同じように、体の各パーツを交換。

▲サンプルアバターが用意されており、作る際の参考になる。

テーマに沿って写真投稿するなど、アプリが楽しみ方を提案

自分の作品を撮って投稿するのはもちろん、アプリ側でも「ゲームのワンシーンを再現してみよう」「自分だけの生き物を作ってみよう」などとテーマを提案。いろんな新しいアイデアに沿ってレゴ遊びができそうですね。

▲作った写真にタイトルや説明文をつけて投稿。

▲アプリ側から提案されたお題に沿って組み立てるのも一興。

しっかりと安全に配慮しつつ、子供同士で交流できるサービス。大人でもレゴ好きな方は楽しめるでしょう。子供がレゴに夢中になっているなら、ここでSNSデビューさせてあげてもいいのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

子ども向けアプリ『YouTube Kids』が日本対応。安心な動画だけを見せられる

25歳の僕もハマった! パパママでも楽しめる知育ゲーム5選

レゴライフ

LEGO System A/S

3.55

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る