• TOP
  • Google
  • ストリートビューは宇宙へ。Googleマップで国際宇宙ステーションを探索!

2017年7月20日より、Google マップのストリートビューで国際宇宙ステーション(ISS)の内部が公開されています。普通は見ることのできないISS内部が覗けるのは、宇宙好きにはたまりません!

Googleの公式ブログによると、欧州宇宙機関 (ESA) のトマ・ペスケ宇宙飛行士がISSに6ヵ月滞在し、ストリートビュー画像を撮影したことで、この企画が実現しました。ちなみに、ぺスケ氏が船内で撮影している様子はコチラ。

スマホでもISS内部を見ることが可能

PCだけでなく、スマホからもストリートビューを見ることができます。『Google マップ』アプリをダウンロードしておいて、今から紹介するリンクを押せば閲覧が可能です。

こちらは、観測モジュール「キューポラ」から見た地球の姿。地平線がぼんやりと青く光っていて、幻想的な光景が広がります。

リンクはこちら→「キューポラ

「クエスト」と呼ばれるエアロックには、宇宙服が置いてあるのが分かります。思ったよりも無造作に置かれているんですね。

リンクはこちら→「クエスト

配線や電子機器がものすごいギッシリ……。こちらはアメリカの実験棟の内部。スタートレックの船内はすっきりとしていますが、ISSの中は意外と煩雑なんですね!

リンクはこちら→「米国実験棟

上を見ると、日本国旗とJAXAのマーク……。そうです! ここは日本実験棟「きぼう」の内部。歴代の宇宙飛行士もここで実験を行っていたのでしょうか。

リンクはこちら→「きぼう

あなたもISSの内部を探索してみては?

記事内で紹介した場所以外にも、ストリートビューで移動すれば船内を探索することが可能です。乗組員たちの寝室や、食事のときに使う簡易テーブルなど、日常も垣間見れます。360度ぐるぐる見回せるので、船内をあちこち探索してみてください!

コチラの記事もおすすめ

『VR ZONE SHINJUKU』体験レポ。マリカーやエヴァに乗れる”超”現実に興奮!

ブラウザ『Smooz』でページ翻訳&パスワード保存が可能に。一体どこまで便利になるんだ

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google LLC

4.45

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る