• TOP
  • Twitter
  • Twitter(ツイッター)の検索コマンド全19選 日付やアカウントを指定して探す

Twitterの検索効率を格段に上げる高度な方法、「検索コマンド」を知ってますか?

この記事では特定の日付を指定したり、特定のユーザーに絞ったりできる……意外と知られていない検索するときに役立つ「検索コマンド」を紹介していきます。

まず最初に。プロフィール文の検索はできない

まず最初に注意点が1つ。Twitterではプロフィール文が検索できません。アカウントのプロフィール文を検索したい場合は、『ツイプロ』などの無料ウェブサービスを使用しましょう。

Twitterのプロフィールを検索『ツイプロ』使い方 地域・年齢・職業で探せる - Appliv TOPICS

特定のユーザー名やアカウントのツイートを検索する方法

1. @検索:特定のユーザーに関するツイート全表示

「@ユーザーID名」とすると、ユーザーが投稿したツイートやユーザーへのリプライとメンションなど、指定したユーザーに関するツイートをまとめて検索できます。

Twitter @検索

▲「@ApplivJP」とすると、ApplivJPというアカウントがしたツイートや、ApplivJPへのリプライが表示。

2. from検索:特定のユーザーがした「ツイート」のみを検索

「from:ユーザーID名」とすると、入力したユーザーがしたツイートのみに絞って検索を行うことができます。

Twitter from検索

▲@検索とは違い、メンションやリプライは表示されない。

3. to検索:特定のユーザー宛ての「リプライ&メンション」を表示

「to:ユーザーID名」とすると、入力したユーザーがされたリプライ&メンションに絞り込んで検索することが可能です。

Twitter to検索

▲from検索では検索されなかった「リプライ&メンション」に絞って検索できる。

期間・日付・日時を指定して、過去ツイートを検索する方法

4. since検索:指定した年月日~のツイートを検索

検索窓に「検索したいワード since:年-月-日」と入力すると、検索したいワードを、指定した年月日から現在までに絞り込んで表示させることができます。

Twitter since検索

▲「appliv since:2019-1-1」なら、2019年1月1日から今日までのapplivを含むツイートが絞り込まれる。

5. until検索:~指定した年月日のツイートを検索

「(検索したいワード) until:年-月-日」と入力すると、今度は検索したいワードを、過去から指定した年月日までに絞り込んで表示させることが可能。

Twitter until検索

▲「appliv until:2019-1-1」なら、過去から2019年1月1日までのapplivを含むツイートが絞り込まれる。

もちろん「since」と「until」は併用することができ、「appliv since:2019-10-1 until:2019-10-31」のようにすれば、指定した期間での検索が可能です。

Twitter sinceとuntil検索

▲「appliv since:2019-10-1 until:2019-10-31」なら、2019年10月1日から2019年10月31日までのapplivを含むツイートに絞られる。

画像・動画・リンクを含むツイートを検索する方法

6. 画像フィルタ検索:画像が含まれたツイートのみ検索

「filter:images」と入力すると、画像を含むツイートのみを絞り込んで検索してくれます。

Twitter 画像フィルタ検索

▲半角スペースで区切ってfrom検索などとの併用も可能。

7. 動画フィルタ検索:動画を含むツイートのみ表示

検索窓に「filter:videos」と入力すると、動画を含むツイートのみを絞り込んで検索することができます。

Twitter 動画フィルタ検索

▲画像と同様に他の検索コマンドとの併用可能。

8. リンクフィルタ検索:リンクを含むツイートのみを検索

「filter:links」を加えて検索すると、リンクを含んだツイートに限定することができます。

反対に「-filter:links」とすればリンクを除外。URLを含みがちなスパムツイートを検索結果に含めないといった使い方もできます。

Twitter リンクフィルタ検索

▲キーワードに加えれば、情報元を含むツイートの検索に役立てられる。

9. アカウントフィルタ検索:認証アカウントのツイートのみ検索

検索する際に「filter:verified」を加えると、検索結果を「公式認証されたアカウントがしたツイート」のみに限定することが可能。

「信頼のおけるアカウントに絞って情報収集したい」といった場合に役立つ、検索ワードなのではないでしょうか。

Twitter アカウントフィルタ検索

▲「filter:verified」の前にワードを加え、「公式の認証アカウントがする、特定のワードを含むツイート」の検索も可能。

10. source検索:ツイートの投稿元を指定して検索する

検索したいキーワードにプラスして「source:(投稿元)」と入力すると、指定した投稿先からされたツイートのみに絞り込むことができます。

Twitter source検索

▲「アプリ source:Instagram」なら、アプリに関するツイートでもInstagramから投稿されたものに限定することが可能。

特定のワードを除外する検索機能

11. -検索:調べたいワードから、特定の言葉を除外する

「(検索したいワード) -(検索から除外したい言葉)」のように、半角の「-」を検索したくない言葉の前に付けると、特定の言葉を除外することが可能。

Twitter -検索

▲「from:ApplivJP -ゲーム」と入力すると、ApplivJPのツイートから「ゲーム」の記載があるツイートを排除。

知っておくと便利な、高度な検索の仕方

12. and検索:「複数のワード」を含んだツイートを検索する

最も一般的なのが、このand検索。

たとえば「アプリ ゲーム」で検索すれば、アプリとゲームの両方を含むツイートが表示されるように、半角スペースで区切った複数のワードを含む物を検索する方法です。

Twitter and検索

▲他の検索コマンドと併用して使うことも可能。たとえば「from:ApplivJP ゲーム アプリ」で検索すると、ApplivJPが投稿したゲームとアプリを含むツイートに絞られる。

13. OR検索:「少なくとも1つの検索ワード」を含むツイートに絞り込み

複数の言葉の間を「 OR 」と区切ると、少なくとも1つの検索ワードを含むツイートを検索することができます。

この時、ORは大文字、ORの両側に半角スペースを入れる必要があり、使用する際は注意が必要です。

Twitter OR検索

▲「ゲーム OR アプリ」で検索すると、and検索と違って「ゲームのみ」「アプリのみ」のツイートも検索に引っかかる。

14. 完全一致検索:“”内と完全に一致したツイートのみ検索

“検索ワード”と検索すると、“”内と完全に一致したワードを含むツイートのみが表示されます。

Twitterでは誤字を予測して自動修正する機能があるだけに、ワードによっては類似ワードも含む検索がされてしまうことも……。そんな時はこの完全一致検索をして、調べたいワードだけに絞り込んで検索するのがイイでしょう。

Twitter 完全一致検索

▲完全に一致するフレーズではないと、ツイートは排除されてしまう。

15. タグ検索:ハッシュタグのワードに絞って検索

「#検索ワード」のように先頭に#を付けると、ハッシュタグに限定した検索を行うことが可能です。

この場合、ワードは完全に一致しないと検索結果に表示はされないので、注意が必要です。

Twitter タグ検索

16. lang検索:指定した言語に絞って検索

「lang:言語コード」を検索ワードに加えると、ツイートされる言語を限定して検索することが可能です。

たとえば日本語なら「lang:ja」、英語なら「lang:en」。付け加えた言語に限定して検索できます。

Twitter lang検索

▲検索キーワードに「lang:言語コード」を加えれば、このように言語を限定して検索できる。

17. ポジティブ&ネガティブ検索:ツイートの感情を限定して検索

「検索ワード :)」とすると、ポジティブな内容、反対に「検索ワード :(」とするとネガティブなのツイートに限定して検索することができます。

ですがこの検索は、海外で使用されるポジティブな顔文字「 :) 」&ネガティブな顔文字「 :( 」を応用したもの。日本語では100%正しい結果になるとは限らないので注意が必要です。

18. near&within検索:ツイートされた「場所」を絞って検索

検索したいワードに「near:場所名 within:範囲(半径)」を加えると、ツイートされた場所や範囲を指定して検索することができます。

たとえば、「near:五反田 within:0.1km」なら、五反田から半径100m以内で投稿されたツイートを表示。ただし精度は正直微妙です。

19. geocode検索:ツイートされた場所を「厳密」に検索

near&within検索をさらに細かくしたものが、geocode検索。検索ワードにプラスして「geocode:緯度,経度,範囲」とすると、指定した位置座標・範囲内で投稿されたツイートに限定して表示されるようになります。

たとえば「geocode:35.625943400,139.72737459,0.5km」なら、およそ北緯35度 統計139度地点から半径500m以内で投稿されたツイートが対象になります。

以前までは使用できていた検索コマンド

・リツイート検索(min_retweets:数字)
指定した数字以上のリツイートがされている投稿に絞って検索

・お気に入り検索(min_faves:数字)
指定した数字以上の「いいね」がされている投稿に絞って検索

・リプライ検索(min_replies:数字)
指定した数字以上のリプライがあるツイートに絞って検索

これら3つの検索コマンドはバズっているツイートを探すときに便利だったのですが、2019年11月15日時点では使用できなくなっています。

iOS版アプリにない「検索を保存」をiPhoneから行う方法

紹介コマンドの中には覚えづらいものもあり、できればよく使うコマンドは検索メモに保存しておきたいところ。ですがAndroid端末とは違い、iOS版には「検索を保存」機能が備わっていません。

しかし、iOS版アプリでも「検索を保存」を活用する方法があります。その方法は簡単で、PC版の『Twitter』からログインして「検索を保存」機能を使うだけです。アプリと同じアカウントであれば、PC版で保存した検索キーワードがアプリにも反映されています。

PC版Twitter 検索保存

▲保存したいキーワードで検索し、「…」をクリックして「検索を保存」を選ぶ。

Twitter 保存した検索

▲iOS版アプリに、PC版で保存した検索キーワードが反映されている。

ログインはこちら

PC版Twitter

iPhoneしかない場合は『Safari』『Chrome』などのウェブブラウザから『Twitter』にログインすればOK。検索窓の横にある「…」ボタンからキーワードを保存できます。

モバイル版Twitter 検索を保存

使いこなせば、検索が「できない」「出ない」「表示されない」とは無縁に

検索コマンドを覚えたり、入力する手間があったり……慣れないうちは少々面倒な部分もあります。ですが慣れれば、思い描いた通りに検索結果がサクッと出せ、面倒くささを感じることはないでしょう。

今回紹介した検索コマンドを使って、検索できない……検索が出ない……といった煩わしさから解放されましょう。

こちらの記事もおすすめ

Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ 基本から応用まで - Appliv TOPICS
「Twitter(ツイッター)」トレンドの見方・検索方法 便利なチェックツールも - Appliv TOPICS
Twitter

Twitter, Inc.

4.33

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
Twitter

Twitter, Inc.

4.33

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る