• TOP
  • 連載記事
  • 【8月5週】音楽再生数ランキング。Ed Sheeran、DAOKO&米津玄師、Taylor Swiftの三つ巴の戦いに

先週に開催されたSWEET LOVE SHOWERも終わり、今年の夏フェスシーズンもいよいよ終わり。ですが音楽シーンはビッグネームの新作リリースなど、まだまだ勢いが収まりません。

さて今週もやってきました、4つの音楽サービスのランキングをお届けする「音楽再生数ランキング」。早速今週のランキングをチェックしていきましょう。

LINE MUSIC

※2017年8月30日時点のランキング

菅田将暉・Taylor Swiftといったビッグネームの新曲、さらには人気YouTuberスカイピースのデビュー作として話題を呼ぶ「スタートダッシュ」を抑え、1位となったのは「WanteD! WanteD!/Mrs.GREEN APPLE」。

ドラマ主題歌サイズで先行リリースされた時は6位に終わったものの、フルバージョンとなる今回はより多くのリスナーの関心を集める結果となりました。

  • iOS
  • Android

無料

LINE MUSIC - 音楽聴き放題、シェアし放題(ラインミュージック)

LINE MUSIC CORPORATION

4.24

無料

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC

4.05

AWA

※2017年8月30日時点のランキング

AWAのランキングは先週に引き続き「打上花火/DAOKO&米津玄師」が1位。

トップ10圏外だった「What Do You Mean?/Jutime Bieber」や「RAIN/SEKAI NO OWARI」が再浮上したものの、ランキング全体としては大きな変化はさほど見られませんでした。

  • iOS
  • Android

無料

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA Co. Ltd.

4.26

無料

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA株式会社

4.07

Google Play Music

※2017年8月30日時点のランキング

長きにわたって首位に君臨した「RAIN/SEKAI NO OWARI」の首位奪還とはいかず、先週に引き続き「打上花火/DAOKO&米津玄師」が今週も1位をキープする結果となりました。

また9位には「打上花火」のカップリング曲「Forever Friends」が初のトップ10入り。「打上花火」以外への注目も大きくなっているように、今後セカオワの首位奪還に暗雲漂う展開となりました。

  • iOS
  • Android

無料

Google Play Music

Google, Inc.

3.54

無料

Google Playミュージック

Google Inc.

3.73

Spotify

※2017年8月30日時点のランキング

1位は10週連続で「Shape of You/Ed Sheeran」。そして惜しくも「打上花火/DAOKO&米津玄師」が2位という結果になりました。

ですが、そうした盤石の上位陣に食い込んだのが3位の「Look What You Made Me Do/Taylor Swift」。世界的ディーバも参戦し、ますます首位争いの激化してくのではないでしょうか。

  • iOS
  • Android

無料

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.

4.30

無料

Spotify - 世界最大の音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.

4.46

総括:Ed Sheeran、DAOKO&米津玄師、Taylor Swiftの三つ巴の様相

先週に引き続き、「打上花火/DAOKO&米津玄師」「Shape of You/Ed Sheeran」が根強い人気で、ランキング上位に君臨した今週のランキング。

ですが今週になってTaylor Swiftの新曲が2サービスで3位にランクインし、ますますランキングは混戦に。今後この3アーティストによる激しいランキング争いが予想される結果になりました。

おすすめの1曲:「Look What you Made Me Do/Taylor Swift」

今週のランキングで目立ったアーティストの1人、Taylor Swiftの新曲「Look What you Made Me Do」が今週のおすすめの1曲です。

「1989」以来となる本作は、以前の彼女とは思えないほど一変。EDMライクなサウンドだけでなく、“the old Taylor can't come to the phone right now. cause she's dead!(昔の私は電話に出られないの……だって彼女はもう死んだから)”といったダークな歌詞が展開されます。

またMVでは、過去のMVやツアーの衣装を着た約10人のテイラーが「いい子ぶるのはやめて」「そんなものフェイクよ」とお互いにディスり合ったり、自身の名が書かれた墓からゾンビとして蘇ったり……。

過去との決別を強く感じさせる、彼女の歴史に大きく名を遺す1曲になっています。

LINE MUSICで聴く
AWAで聴く
Google Play Musicで聴く
Spotifyで聴く

果たしてこれからの音楽シーンはどのように変化していくのでしょうか。次回のランキングもお楽しみに。

関連記事

定額音楽サービス7社、邦楽人気アーティスト50組の配信状況を調査

バックナンバー

【8月4週】「打上花火/DAOKO&米津玄師」が上位を席巻

【8月3週】Aviciiの復活、Valentineのデビューなど、勢いを増す洋楽勢

【8月2週】名作「See You Again」のカバーでTEEが再ブレイク

【8月1週】Cavin Harris、Alexandrosなどフェス出演アーティストが躍進

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

ちゃんく

大学では建築を専攻していたはずが、いつの間にかライターに……。好きなものは、ラーメン、音楽。あと、アプリだとカメラと出会いはよく使っているとか……。