• TOP
  • 連載記事
  • アニメ『イケメン戦国』第十一話レビュー。武将たちが現代にタイムスリップ

アニメ『イケメン戦国 時はかけるが恋ははじまらない』をレビューしていく連載企画。佐助の話を聞く武将たちに、じりじりと雷が迫ってきます……。

さよなら、イケメン

▲「皆さんとお別れしようと思います」と言う佐助。武将たちが少し寂しそう。

突如ワームホールが現れた原因は、佐助が上杉軍と織田軍の戦を止めたからでした。歴史が変わってしまうので、それを矯正しようと時空の歪みが生じたようです。

急なお別れ宣言に、親友の幸村は「どういうことだよ!」と怒ります……。切ない。落ちる雷をジャンプで避けながら「皆さんを巻き添えにしたくないからです」と佐助が語ります。

▲雷が佐助に落ちるのも時間の問題。お別れを言う暇もない。

深刻な事態の中、前転・バク転などなど披露される佐助の身体能力。無駄に回転をかけてジャンプしており、シリアスな雰囲気が一気に吹き飛びました。もはや、ただの大学院生じゃなくなってますね。

容赦なく佐助を狙う雷。それを見かねた元就が、顕如の持っている錫杖(しゃくじょう:僧侶が持っている杖)を奪い、自分の船に突き刺します。

金属製の杖なので、雷避けにと気を利かせてくれたのでしょうか。「別れを言うくらいの間なら、時間を稼げるだろう」と言う元就、本当に良いイケメンでした。

▲戦いの空気はどこへ行ったのやら、武将たち全員の距離が佐助のおかげで縮まっていた。

時間稼ぎの間、各々が佐助にお別れの言葉を言います。

信玄&政宗「春日山城/安土城が退屈になるな」
信長「500年後の世で天下人になるのもおもしろい」
謙信「俺の忍を辞めるというなら、お前をここで斬る」
顕如「ただの忍が、ここまで大切にされているとは」

などなど、ブレない性分ながらも皆別れを惜しんでいて切なかったです。顕如の足に、猫が寄り添うようにスリスリしていてかわいかった……。

そしてついに大きな雷が佐助に落ち……。

佐助の視界は真っ白になり、気が付くと渋谷のど真ん中に倒れていました。ついに帰って来たんだ、と思ったら……おや? 振り返ると、先ほど別れたはずの武将たちが全員倒れているではありませんか! しかも顕如の猫も。

「佐助、ここはどこだ?」と問う信長様。佐助の波乱万丈な日々は、まだ終わっていなかったのでした……。

次回予告

第十二話 イケメン戦国◆時をかけるが物語は終わらない

現代に戻った佐助と一緒に、戦国武将たちも時をかけてしまった‼ 戦国時代とまったく違う世界ながら、すっかり順応し満喫している武将たちだったが……

▲まさか武将たちが雑誌に掲載されるとは……。

クール×マイペースな猿飛佐助は、順応性の高すぎる大学院生

ヒロインと共に、現代から戦国時代へタイムスリップしてくる佐助。元は宇宙物理学を専攻している大学院生なんです。

原作ではヒロインが現代に帰れるよう、影ながらサポートしてくれる優しいキャラクター。急に天井裏から現れ、ワームホールが来るタイミングを教えてくれます。

しかし武将とヒロインが恋仲だと知ると応援してくれて、逆にワームホールに巻き込まれないよう動いてくれることも。危険な時代にもかかわらずヒロインの感情を優先して動いてくれる彼の様子に、癒されたプレイヤーも多いのではないでしょうか。

彼のストーリーはまだ未配信。今までサポート役だった佐助は、どんな風にヒロインに惹かれていくのか……? 本編が待ち遠しいですね。

キャンペーンの紹介

下記2局でのアニメ放送終了後、1時間以内にアプリにログインするとアイテムがもらえるキャンペーン実施中。

TOKYO MX:7月12日より毎週水曜日22時10分~放送
サンテレビ:7月15日より毎週土曜日22時25分~放送

※プレゼント時刻は公式HPの放送時間に付随します。

『イケメン戦国』アニメレビューバックナンバー

アニメ『イケメン戦国』第十話レビュー。佐助がついに、秘密を打ち明ける!

『イケメン戦国』コラボカフェに行ってきた! アニメを大画面で見ながらお食事する幸せ

アニメ『イケメン戦国』レビュー

  • iOS
  • Android

無料

イケメン戦国◆時をかける恋

CYBIRD Co., Ltd.

4.04
アプリストアを見る

無料

イケメン戦国◆時をかける恋 無料恋愛ゲーム

CYBIRD

3.68
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

さんばり(秋)

酒とマンガとゲームが好き
最近は長谷部沼に落ちた

ゲーム・カメラ・イラスト系の記事をよく書いています