• TOP
  • アプリレビュー
  • 顔写真を自在に動かせるアプリ『Mug Life』が凄すぎて話題! 使い方を解説

取り込んだ顔写真の表情を、とてもリアルに動かせるアプリがTwitterなどで話題を呼んでいます! まずはこちらをご覧ください。

お札と人形、どちらも本来は動くはずがないのですが、なめらかに顔が動いていますよね!

こんな感じで、顔の表情をいろいろと動かせるすごいアプリなんです。用意されたテンプレートに沿って動かすのは無料。課金すれば、自分の思い通りに動かせます。

  • iOS
  • Android

無料

Mug Life - 3D Face Animator

Mug Life, LLC

3.19

あわせて読みたい

写真の一部が動く『Plotagraph+』の使い方。アートなシネマグラフを作ろう

『Mug Life』の使い方

日本語未対応で英語表記しかないので、ここで具体的な使い方をご紹介します。

▲アプリを開いたら、簡単な紹介文が出てくるので「Next」を押していく。

▲ログイン画面。ゲストユーザーでも何ら問題なく使えるので、今回は「Continue as Guest」を選びユーザー名を入力。

▲フレンド(アプリ内にSNS機能がある)の投稿や新機能を通知してほしいなら「Notify Me」を、通知不要なら「Not Now」を選択。

▲英語で機能紹介がされるので、「Continue」をタップして終わらせる。

1. テンプレートに沿って表情を動かす

▲右上の「Photo」ボタンをタップ。

▲スマホカメラで写真撮影するか、撮影済みの写真を利用するか選択。

▲画面下段からテンプレートを選択すると、顔写真も同じ表情で動く。気に入ったら画面右上の「Share」を選択。

▲カメラロールに保存したり、各SNSに共有したりして遊ぼう。

2. 顔の各パーツを自分で動かす

アプリ内課金(720円。記事執筆時はキャンペーンで480円)で、表情を自分の思い通りに動かすことができます。

▲表情のテンプレートを選ぶ画面で「CREATE」を選択し、課金。

▲顔を自動認識してくれるので、スパナマークをタップして「Pose Face」を選択。

▲青いドットを動かすと、その動きが動画で記録される。

▲用意された表情を選び、上下にスワイプすることで強弱を微調整することもできる。

▲口が開いている場面では、舌の操作も行えるようになる。舌の向きや出し入れを自由自在に。

▲下段メニューの「Length」から、動画の秒数を指定できる。

単に変顔を作って楽しむだけならとても簡単にできますし、口の動きを細かく調整すれば口パクで何か喋らせることも可能です。

作成例

▲本当に喋っているかのよう。

▲モナリザがフランクに話しかけてくるなんて。

▲カチコチのはずの石像も、こんなにぐにゃぐにゃに。

▲悪役っぽい舌なめずり。舌の動きがとてもなめらかでリアル!

自然な仕上がりで作り甲斐がある!

まずは無料の表情加工から、使い心地を試してみてください。顔が鮮明に写っているなら人間の写真だけでなく、人形やペットなどにも対応。どんなおもしろ映像に仕上がるかは、あなたのこだわり次第です。

こちらの記事もおすすめ

ディズニー ツムツム『ツム顔メーカー』の使い方。自分のツム顔が作れる♪

強烈な変顔LINEスタンプ3選。セリフは普通だけど顔がウザすぎる

  • iOS
  • Android

無料

Mug Life - 3D Face Animator

Mug Life, LLC

3.19
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

中西次郎

Applivの古参ライター。人気アプリの解説、最新ゲームのレビュー、iPhoneの使い方紹介などIT関連の記事を書いています( ´▽`) ビジネス、仕事効率化、ユーティリティ系のアプリが得意分野。Apple関連情報にも敏感です。