「パパッ★フィエスタァ~~~~!」

えっ、何のことかって?『キャンディークラッシュ』や『ファームヒーロー』を配信してきたキング・デジタル・エンターテインメントがもう、3作目ですよ。『パパピンボール』と題された今作は、以前のパズルゲーム2作品とは違いピンボールゲームに仕上がっています。

ステージの仕組みはこれまでの作品と同じで、お題目をひとつひとつクリアしていくタイプ。ステージに突入すると、画面上部中央に発射台があるのを確認できると思います。

発射台に向かってスワイプすると発射の威力が弱く(白色)、反対にスワイプすると威力が強く(赤色)なるので、自分の思う強さを決めたらタップしてパパベアー(ボール)を発射しましょう。

ゴキゲンな顔してるパパベアーと下で待機してるヤヤキモポットが出会うまでを眺めることになりますが、跳ね返るたび「ダイーンッ。ダイン。ボンッ! ダーイン?」って人の声と思われるSEが鳴るのがクセになります。ボールが動いている間にギミックを動かすタイプのピンボールではないので、こういった飽きさせない工夫はいいですね。それに、キャラクターに無責任な明るさ(脳天気ともいう)みたいなのがあって見てるだけでポジティブな気持ちにさせてくれます。

ちなみに各ポットにも性格があるようで、パパベアーがINすると喜びの声を聞かせてくれます。なかでも、「あ”りがとぉん!?」って言ってるみたいに聞こえるセンターポットが筆者お気に入り。

無事にお題目をクリアすると、「パパッ★フィエスタァ~~~~!」のかけ声でボーナスモードに突入します。画面上に残ったピンがすべて取り払われたあと、パパボールの残数がスコアに加算され、画面上が「みんな楽しそうでよかった」みたいな雰囲気になります。

パパベアーは画面上に3つまで発射することが可能。ピンが多すぎて道を切り開かないといけないシチュエーションでは、とっても役に立つので覚えておきたいです。ある程度道筋が予測できる場合には単発発射でシビアに攻めていきたいですね。

問題の発射の強さについて。これは個人差あると思いますが筆者はいまのところ「強め」がオススメです。というのも天井や壁にぶつかると攻略に役立つアイテムがドロップしたりするので、跳ね返ってソンはないんです。

プレイするとナゾのテンションに元気がもらえるビタミン的アプリ、みなさんも是非プレイして「パパッ★フィエスタァ~~~~!」聞いてみてください(笑)。

(ライター:Alpha)

  • iOS
  • Android

無料

『パパピンボール』

King

3.92
アプリストアを見る

無料

パパピンボール

King

3.25
アプリストアを見る

この記事を書いたライター