• TOP
  • アプリレビュー
  • 脱力系の動物達がヘディング!ボールを進ませるアクション『のばして!アルパカ』

動物達がヘディングでボールを進ませる横スクロールアクション

上から動物が生えていることも!ボールを高く上げ過ぎるのも禁物だ。

のばして!アルパカは、アルパカをはじめとした動物達が、ヘディングでボールを右に進ませていく横スクロールアクションだ。

何もしなくてもボールは右に進んでいくが、そのままだと穴に落ちたり、動物達に挟まれて破裂してしまう。

そこで、ボールの下にいる動物をタップ!

すると動物が首を伸ばしてヘディングし、ボールを浮かせて右へと飛ばしてくれる。

ゲーム内容はこれだけ。非常にシンプルなゲームだ。

だが、シンプルなだけに、ボールを破裂させてしまうと「チクショー!!」と、ついついムキになる魅力を持っているぞ。

のばして!アルパカの特徴は脱力感溢れるキャラクター

ユニコーンは角が生えているので、ヘディングするとボールを破裂させる。

本作に登場する動物は、アルパカやキリン、チンアナゴ等、基本的には首が長い動物達。

だがステージが進むと何故かユニコーン等も登場してくる。

なかなか謎の選定基準だ。

動物達の顔はご覧の通り、やる気が感じられない脱力系。

タップすると独特の鳴き声をだすのだが、これもなかなか脱力させてくれる鳴き声だ。

この脱力感溢れる動物キャラクターが本作の特徴といえるだろう。

動物達はヘディングという手段でボールを右に進めてくれる、プレイヤーにとっていわば味方のような存在。だが一方で、彼らが障害物となってボールを破裂させてしまうこともあり、憎たらしい存在でもある。

彼らの脱力感ある顔は、ゆるーい雰囲気を作り出すと共に、ボールが破裂した時の悔しさも煽ってくれるワケだ。

味のある世界観だ!

のばして!アルパカの攻略のコツはスクロールを待つこと

先の地形がわからないと命取りになる。

何もしなくてもボールは右に進んでいくと書いたが、正確には自動スクロールに押される形でボールは右に進んでいく。

このため、何も操作せず放置しておいた場合でも、ボールがスクロールで左に消えてしまってゲームオーバーになるということはない。

これは何を意味するのかと言うと、焦ってガンガンボールを進める必要はないということだ。

逆に、焦ってボールを右へ右へと進めてしまうと、ゲームオーバーになり易い。

というのも、先の地形がわからないからだ。

動物が上から生えている箇所だったら、あまりボールを高く上げ過ぎない方がいいし、足場となる動物がおらず穴になっているような場所なら、その分を計算してボールを飛ばす必要がある。

ボールが画面右側にあると、このように先の地形を確認してボールの飛ばし方をコントロールするというのができない。

ボールが右に進み過ぎた場合は、スクロールを待ってボールが画面左側に来てから進ませるようにしよう。

『アプリ★ゲット』で全文を読む

  • iOS
  • Android

無料

のばして!アルパカ

marge co., ltd.

3.22
アプリストアを見る

無料

のばして!アルパカ

marge

3.31
アプリストアを見る

この記事を書いたライター