• TOP
  • アプリレビュー
  • あの「アングリーバード」がRPGになって帰ってきた!豚と戦って卵を奪還!

アングリーバードというのは、今から5年ほど前に海外で開発され、世界中で大ヒットしたパズル系のモバイルゲームです。残念ながら日本ではあまり認知度が高くないのですが、世界の各地ではグッズ化もされています。

そのアングリーバードが、今度はRPGとなって帰ってきました! まずは公式のPVをご覧ください。(※PVは英語です)

タップとドラッグだけの簡単操作で誰でも遊べる!

「Angry Birds Epic」には、難しい操作が一切ありません。自分のキャラを攻撃したい敵キャラに向かって引っ張り、ラインが赤くなったら指を離せば、それだけで攻撃してくれます。

ただし、海外のゲームはちょっと説明が足りないのが残念なところ。防御などのスキルは自分のキャラをタップするだけで発動するのですが、チュートリアルだけでは少しわかりにくいです。

例えば防御スキルですが、実は自分だけではなく仲間に対しても発動することができます。戦士系のキャラの防御スキルはダメージ軽減タイプのベーシックなもの(※初期状態)ですが、仲間をタップして発動すれば、仲間が受けるダメージを軽減しつつ引き受ける、いわゆる「かばう」スキルになります。

魔術師系のキャラだと、防御するとターゲットの周りにショックシールド(相手から攻撃されると攻撃してきた相手にも一定数のダメージを跳ね返す)を張るというスキルに変わります。(※初期状態)

バトルに参加するキャラはみんなこのように独自のスキルを持っているため、簡単でありながら戦略的なバトルも楽しめる、という二つの顔を持っています。

なお、「初期状態」と注意書きをいれたのは、各キャラのスキルは装備する武器防具によって変化するから。武器防具を作るためには素材が必要になりますので、たくさん素材を集めてお気に入りのスキルが発動できる武器防具を作っていきましょう。

どうしてもほしい素材がなかなか集まらない! というときは、リアルマネーの力を発動させても良いかと思います。

無料なのに、なんとスタミナ消費なし!無限に遊べる!

なぜ武器や防具の素材にリアルマネーを投入してもいいのかと言いますと……本作にはこういった無料ゲームによくある「スタミナ」が存在せず、スタミナ回復のための課金がいらないからです。だから、浮いたお金を武器や防具の素材用にまわしてもOKというわけ。(むしろ他の場面で課金するような場所は、ないに等しいです。かなり親切設計です)

ちょっとだけ遊びたいときには1マップだけ。がっつりと楽しみたいときには10マップでも20マップでも進めるこができます。

日本のゲームに慣れていると海外製のゲームはどうしてもストーリーの薄さやチュートリアルの短さなどが気になりますが、逆に言うと日本のゲームはチュートリアルだけで何時間あるんだ…というものも多いので、せっかく面白そうなのにチュートリアルだけで挫折してしまう、なんていう方にはぴったりです。(ライター:アサミリナ)

  • iOS
  • Android

無料

アングリーバードエピック Angry Birds Epic

Rovio Entertainment Ltd

3.19
アプリストアを見る

無料

Angry Birds Epic RPG

Rovio Entertainment Ltd.

3.31
アプリストアを見る

この記事を書いたライター