• TOP
  • アプリレビュー
  • かわいい、お手軽、でも本格的。箱庭育成戦略ゲーム『遊撃のミラモラ騎士団』

『遊撃のミラモラ騎士団』は、箱庭の育成とその箱庭の攻防を同時に楽しめる戦略ゲーム。公式には“箱庭トラップストラテジー”と銘打たれています。

ここまで読んで“なんだか難しいゲーム?”と思った方もいるかもしれませんが、ご心配なく。実はとてもわかりやすく、遊びやすいゲームなんです。詳しくご紹介していきましょう。

このコたちが、タイトルにもなっているキャラクター「ミラモラ」たち。騎士、魔法使い、海賊、妖精、モンスター、ロボットなど、多彩な顔ぶれがそろっています。

それではさっそく、箱庭の育成からはじめましょう。このゲームでは、箱庭のことを「ベースキャンプ」と呼びます。ベースキャンプは文字通り、活動の拠点となる場所。ここでは、ミラモラたちを強化するための資源を生み出す施設を作ったり、他プレイヤーからの攻撃を防ぐためのトラップをしかけたりします。

これはほぼ開始直後のままなので、まだちょっと寂しい感じです。

まず、ミラモラたちを強化するための資源ですが、種類は「ゴールド」と「エーテル」のふたつだけ。それぞれの生産用と貯蔵用の計四種をベースキャンプに作りましょう。

次に、トラップとなる施設の設置について。これがベースキャンプ育成のメインとなります。トラップとなる施設は、相手を直接攻撃するものはもちろん、強制的に移動させるもの、一定時間動きを止めるものなど、種類はさまざま。施設ひとつの性能だけでなく、施設同士の連携や敵の侵攻パターンなども考えて、効率的な防衛態勢を作りましょう。

ちなみに攻略から外れますが、エーテルを貯めるのが巨大なポリタンクだったり、トラップの中に「バネ仕掛けで飛び出す床板」「敵を吹っ飛ばすボクシンググローブ」があったりと、コミカルな施設が多くて、ワクワク感を盛り上げてくれますよ。

少し育ててみたベースキャンプの様子。左側に置いてあるピンクのびっくり箱も、立派な防衛施設です。

ベースキャンプを作って守りを固めたら、今度は他のプレイヤーのベースキャンプを攻撃しちゃいましょう!

ミラモラ4体(+ゲスト1体)でチームを組み、時間内に相手施設の半分以上を破壊するか、敵陣中央にあるベースを壊せば勝利となります。

相手ベースキャンプを外壁の外から攻撃中。ミラモラたちがちょこまかと動き回ります。

特徴は2点。

ひとつは、ミラモラたちは勝手に行動するということ。プレイヤーは“いつ・どこに出撃するか”を決められるだけで、その後の指示は出せません。はじめは統率が取れず戸惑うでしょうが、ミラモラがどんな条件でどう動くかは、種類ごとにはっきり決まっています。それぞれの行動基準さえ把握してうまくチームを組めば、思いどおりに戦いを進められるようになるでしょう。

もうひとつは「COST」(費用のようなもの)のシステム。ミラモラたちには性能に応じて、かかるCOSTが決まっており、手持ちの総COSTがなくなるまで何度でも出撃できます。強力だけどCOSTが高いミラモラと、能力がいまひとつでも安価に数をそろえられるミラモラなど、どれをどのように運用するかも、戦いの鍵を握っています。

拠点育成+戦闘、というゲームはひとつのジャンルになっていますが、本作はその中でも戦闘部分を重視したゲームです。また冒頭でも述べた通り、やることが分かりやすく、とっつきやすいのも大きなポイント。

このジャンルに慣れた方はもちろん、ストラテジーと聞いて身構えてしまうような方も、一度トライしてみてはいかがでしょうか。

(ライター:すい)

  • iOS
  • Android

無料

遊撃のミラモラ騎士団

NUBEE PTE. LTD.

-

現在、配信が停止されています

無料

遊撃のミラモラ騎士団

Nubee Tokyo

-

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター