いつもRPGをするとき、「勇者になって世界を救いたい!」と思っていませんか。

でも、世の中、そんなに甘くない! そんな淡く素敵な夢などクソくらえ! とばかりに登場したのがコチラ。『村人A「勇者さまどうか話を聞いてください」RPG風の育成』。勇者さまに話しかけて話しかけて話しかけまくる、新感覚ゲームです!

主人公は、しがない「村人A」。この世で最も主人公らしくない主人公です。実は、勇者の末裔だった、とか、王家の血をひいていた、なんてことは決してありません。母親から「一人前の村人になるために頑張れ」という励ましの言葉をもらいつつ、彼は旅立つのです。

旅をするのは“村”からは想像できない、意外にも広いエリア。「一人前の村人」になるのってそんなに大変なんでしょうか? 予想外のスケール感に圧倒されつつ、まずは「始まりの村~入り口~」へ。

操作は簡単です。勇者さまが歩いてくるので、画面をタップして通せんぼするだけ。行く手をさえぎるので勇者さまには「イラっ」とされちゃいますが、そこら辺は気にしない。村人には鈍感力が大事なんです。”勇者さまの事情なんて知らない、僕はとにかく話したい”、この一方的な意志を大切に。

っていうか勇者多いな! これ、村人A以外はみーんな勇者です。勇者のインフレ状態や! もはや村人Aの方に特別感がありますね。

勇者と接触するとトークバトルがスタート。「逃げる」か「話す」を選ぶだけなので、お手軽かつテンポの良いバトルが楽しめます。
「話す」が成功すると勇者のHPが減っていき、0になると勝利。情報料と経験値がもらえます。ですがこれ、毎回成功するわけではなく、トーク力が低いのにレベルの高い勇者に話しかけると……。

おいおい、こいつ本当に勇者か? こんなふうに、勇者にあるまじき言動によって村人は精神的ダメージを受け、自分のHPが減ってしまうのです。これが格差社会というものですか!

荒波に揉まれつつノルマである10人に話を聞いてもらうと、さらに重要な情報を話してもらえる権利をゲット。そして次のステージに進むことができます。

ちなみに「始まりの村」をクリアした私が見られたのは、勇者目線で語られるストーリー。

今まで、村人Aが勇者に話しかけた内容とリンクするストーリーが語られ、その全貌が明らかになりました。「私が話してたの、このことだったんだ」と謎の感動を覚えましたよ。

さて、「始まりの村」をクリアし、隣町へと旅立つことに。

一人前の村人とは目立ってなんぼ。隣町でも目立たなければならないのですが……。

隣町で幅を利かせている(?)村人Bが出現し、彼を倒さなければいけなったのです。アツい感じのBGMが流れ始め、いよいよ決戦のとき! 戦っているのは村人Aと村人B! おーーー! こんなパッとしない字面のボス戦、恐らくこれが最初で最後だと思います。

そんなこんなで、勇者ではなく村人が輝くのが一番の魅力のこのゲーム。プレイしていくうちに、勇者がなんぼのもんじゃい! って思えてくるのが不思議です。RPGは勇者だけでは成り立たない、村人がいるからこそ旅ができるんだ! と、妙に村人であることが誇りに思えてきちゃいます。

数々のRPGを攻略し、勇者として世界を救ってきたあなたにこそプレイしてほしい作品です!

(ライター:ひらのもと)

  • iOS
  • Android

無料

村人A「勇者さまどうか話を聞いてください」 RPG風の育成

GLOBAL GEAR, K.K.

3.27
アプリストアを見る

無料

村人A「勇者さまどうか話を聞いてください」 RPG風の育成

G.Gear.inc

3.36
アプリストアを見る

この記事を書いたライター