• TOP
  • アプリレビュー
  • ハマり性の人はやらないで!『LINE 童話のパティスリー』の中毒性がヤバい

LINE GAMEシリーズにレストラン経営ゲームが仲間入り!『LINE 童話のパティスリー』は、女の子のジジが夢のなかの世界でパティシエとなって洋菓子店を開くシミュレーションゲームです。

「3匹のコブタ」「ピーターパン」「不思議の国のアリス」など、おなじみの童話をモチーフとしているので世界観はとってもメルヘン。すでに大人になってしまった筆者は序盤はちょっと子供っぽくて合わないかも?と感じていたハズなのに、プレイしてからこの数日ほぼアプリを起動しっぱなしです。

なじみのレストレラン経営ゲームのハズなのに……!

さて、本作は自分でお店を好きにカスタマイズしながら料理を作り、お店にやってくるお客さんにケーキやドリンクを提供するベーシックなレストレラン経営ゲーム。自身がパティシエになるほかに、バリスタやスタッフを雇うこともできます。

本作らしいシステムなのが、クエストが童話ごとに本へ集約されているところ。クエスト出題者が童話に登場するキャラクターなのはもちろん、クリアしていくことでもらえるパズルピースを集めて絵を完成させれば、童話のストーリーが進んでいきます。

そして、このクエストが本作のキモとなっています。少し起動時間を長くすればクリアできるものばかりなのと、起動中にしか現れないランダム行動での達成が必要とされるんです。しかも目標達成がすぐ目の前にあるので、「あとでやろう」という気持ちより「いまやってしまおう」という気持ちが優先されがちで……。こうして、気づくとずっと起動しっぱなしで楽しんでしまうというワケなんです。

遊べば遊ぶほどお得なことが多い

お店の売上はインテリアを買う以外に、レシピショップにてガチャを回すことに使用します。

筆者は料理を作りこむことでレシピが開放されるレストレラン経営ゲームばかり遊んできたのでここは意外でした。お金さえかければ、売上単価が高いレシピがすぐにゲットできるんですよ。

そして、レシピが重複してしまってもレシピランクが上がるのもいいところですね。料理を作った時の「評判」にボーナスがつくのでカンストしていない限り回して損はありません。

料理を作ることができるオーブンやスタッフの稼働時間もプレイに大きく味方してくれるので見逃せないです。オーブンであれば料理数の増加、店員であれば片付けの速度など回転効率に関わるボーナスが開放されるので遊べば遊ぶほどリターンも多いのがナイス。

トドメのパーティー馬車がアプリ起動をやめさせてくれないんです!

あと、本作では1時間に1度、「パーティ馬車」が利用できます。このパーティ馬車は、指定された料理を用意しておき、料理を納品することで「3分間お客さんが7人増加」というボーナスタイムを発生させることができるやり込み派には嬉しい要素。

クエスト以外に料理を作るモチベーションにもなりますね。しかし、料理が置けるカウンターの数には限りがあり、カウンターに一度料理が並ぶと捨てられないので複数の料理を置いておくのって実は難しいんです。

そんな時にはカウンターの料理を「販売停止」にして、思いの料理をお客さんに振る舞ってしまいましょう! 販売停止を使いこなすと、パーティ馬車に納品する料理を取っておいたり、ボーナスタイム中に単価が高い料理を率先して振る舞ってお金を稼いだりできますよ。

いやはや、パーティ馬車の納品が制作時間が短い料理だったりすると、起動を中断するのが惜しくなるのでホント止め時がわからないアプリ。みなさんもハマりすぎには注意しつつ遊んでくださいね!

(ライター:Alpha)

  • iOS
  • Android

無料

LINE 童話のパティスリー

NAVER JAPAN

-

現在、配信が停止されています

無料

LINE 童話のパティスリー

LINE Corporation

3.31

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター