本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

LINEは間違えてメッセージを送信しても取り消し可能です。しかし、相手の通知表示に残るなど、誤送信したメッセージ内容が100%バレないとは言い切れないので、基本的に誤爆しないことを心がけましょう。

メッセージ取り消し方法カンタンまとめ
・メッセージを長押し「送信取消」をタップ
・相手には「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と表示される
・「削除」だと相手のトーク画面に残るので注意

本記事では送信したLINEメッセージを取り消す方法を画像付きで紹介。取り消した後、相手に通知は届くのか、メッセージ内容はバレるのかなども合わせて解説していきます。

「ALBUS」で思い出の写真をアルバムに

最近は写真をデータで保存することが増えましたが、プリントして手元に残しておくのもまた良いものです。

「ALBUS」では毎月”ずっと無料”で、8枚まで写真のプリントを注文できます。家族や子どもとの思い出のアルバムを作ってみてはいかがでしょうか。

ALBUS をダウンロード

【更新情報】
・2023年12月7日:LINEの送信取り消しで知っておきたいことまとめを追加しました
・2023年12月7日:LINEで送信取り消しできないときに考えられる原因を追加しました

既読でも可能 送信したLINEメッセージを取り消す方法

LINEメッセージを間違えて送信しても、24時間以内なら取り消し可能。メッセージの他にスタンプや画像、動画、ファイルなどの送信も取り消せます。

相手が未読でも既読でも送信取り消しは可能です。

LINE送信取消とは? 知っておきたいことまとめ

  • 間違えて送ったメッセージを取り消せる
  • 「取り消しました」表示は出るので、誤送信自体はバレる
  • 取り消せるのは24時間以内
  • 相手が未読・既読は関係なく取り消せる
  • メッセージ以外に、画像やスタンプなども取り消せる
  • 取り消したメッセージは復元できない

1. 送信を取り消したいメッセージを長押し、「送信取消」をタップ

LINE 送信取り消し画面

2. もう一度「送信取消」をタップすれば取り消し完了

LINE メッセージ送信取り消し画面

送信したトークの取り消し方法動画

送信取り消し可能な対象

・メッセージ
・スタンプ
・画像
・動画
・ボイスメッセージ
・LINE MUSIC
・URL
・連絡先
・位置情報
・ファイル
・通話履歴

メッセージ送信を取り消すと相手にバレる?

相手は取り消したメッセージを読むことはできませんが、相手のトーク画面に「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と取り消した履歴が残るので、間違えてメッセージを送信したこと自体はバレます

LINE メッセージ送信取消

相手の端末バージョンが古いと、メッセージ内容が見られる場合も

相手が通知設定をオンにしていた場合、ロック画面などに表示されるスマホ本体の通知表示でメッセージ内容までバレる可能性も。

ただ相手の端末が最近(iOS12以降)のバージョンであれば、通知表示そのものが取り消されるので、メッセージ内容がバレることはありません。その場合、相手はトーク画面で確認するまでメッセージの取り消しに気づくことはないです。

送信を取り消したメッセージは復元できない

送信を取り消したメッセージは、送信側からも受信側からも復元することはできないので「送信取消」ボタンをタップする前にしっかり確認しましょう。

なお送信を取り消した後にトーク履歴をバックアップし復元しても、「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるだけです。

LINEメッセージの「送信取消」と「削除」の違い

LINEのメッセージの「送信取消」と「削除」には以下の違いがあります。

【送信取消】
・自分のトーク画面の送ったメッセージが消える
・相手のトーク画面の送ったメッセージも消える
・「取り消しました」表示は残る

【削除】
・自分のトーク画面の送ったメッセージが消える
・相手のトーク画面の送ったメッセージは消えない
・「削除しました」といった表示は出ない

「削除」は自分のトーク画面からメッセージが消えるだけであり、相手のトーク画面には送信したメッセージが残ったままになるので注意しましょう。

誤送信したメッセージは「削除」しないように!

前述の通り、メッセージは「削除」するとあくまで自分のトーク画面から消えるだけです。

つまり一度削除してしまうと長押し→「送信取消」の操作も行えなくなり、相手に誤送信したメッセージが残り続ける状態になります。

メッセージを取り消す際は、慌てて「削除」を押さず、「送信取消」をするように注意しましょう。

LINEで送信取消できないときに考えられる原因6つ

LINEでは、以下のような理由でメッセージの送信取消ができない場合があります。

①、②はよくやりがちなので注意しましょう。

LINEで送信取り消しできない原因まとめ

  • 送信後24時間以上経過すると取り消しできない
  • 先に「削除」してしまった
  • スタンプやギフトの履歴は取り消せない
  • 相手のLINEアプリのバージョンが古い
  • 取消操作時に通信環境が悪かった
  • LINE側の不具合

①③④⑥については、LINEの仕様、不具合であり、ユーザーからできることは残念ながらありません。

⑤については、通信環境が良い場所で再度取消を実行してみましょう。

②は同じLINEアカウントでPC版のLINEにアクセスし、PC版からメッセージ取消をする手はありますが、事前にPC版を導入していないと難しい可能性があります。

PC版LINEの導入方法はこちら

PC版LINEのインストール・ログイン方法を詳しく解説【新規登録できない】

こちらの記事もおすすめ

LINEでブロックしたら/されたらどうなる? 手軽に確認する方法も解説【2023更新】
「LINE STORE(ラインストア)」とは? スタンプや漫画もお得に買える賢い使い方
LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

TAG