きっと多くの人が、ポイント20%還元の「100億円あげちゃうキャンペーン」から『PayPay(ペイペイ)』を知り調べているのではないでしょうか。わずか10日間のキャンペーンでしたが、その名を一気に轟かせました。

もちろんキャンペーンが終了した後も、ポイントが付くことやスマホだけで買い物できることなどメリットがあることには違いありません。

しかしこの手のQRコード決済サービスは馴染みが浅く、使い方がわからない方もいると思います。この記事では『PayPay』の登録方法や使い方、今後のキャンペーン内容まで幅広く解説。利用するにあたって参考にしてください。

目次

あわせて読みたい
プリペイドカードおすすめ9種を比較! クレジットより気軽で安全

『PayPay(ペイペイ)』とは? そもそもQRコード(バーコード)決済とは?

PayPay株式会社はソフトバンクとヤフーが協力して作った決済会社で、2018年6月に設立されました。

先に展開しているQRコード決済サービス「LINE Pay」「楽天 Pay」「Origami Pay」などに比べると後発。しかし2018年12月に行われたポイント20%還元の一大キャンペーンにより、知名度を一気に高めました。

PayPay 公式サイト

そもそもQRコード決済(バーコード決済)が何かというと、現金を手渡すことなく会計できる決済サービスのこと。

クレジットカードや電子マネー(Suica、iD、Quick Pay、WAONなど)もキャッシュレス決済の一種ですが、QRコード決済はクレジットのような審査がなく誰でも使えること、FeliCa非搭載のスマホでも使えることがメリットです。

▲スマホに表示されたQRコード(PayPayの場合はバーコード)を店員に読み取ってもらうだけで決済できる。

話題を呼んだ「100億円あげちゃうキャンペーン」とは

『PayPay』の知名度を一気に高めたのが、2018年末に行われた「100億円あげちゃうキャンペーン」。

PayPayで買い物をすると20%ものポイントが付与されるほか、40回に1回の確率で100%還元される(ソフトバンクやワイモバイル利用者なら10回に1回の確率!)という出血大サービスが行われていました。

期間は2019年3月末までの予定でしたが、予算100億円が尽きたため開始から10日で終了しています。

出典:PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

そんな100億キャンペーンが、2019年2月12日より再び開催されることが発表されました!

ポイントバックなどの条件が少し変わっており、今回はコンビニやドラッグストアなどで日常的に利用することを想定した内容になっています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

PayPay「100億円キャンペーン」第2弾が開催決定! 2/12から - Appliv TOPICS

2018年末に大きな話題を呼んだ、QRコード・バーコード決済サービス『PayPay』の「100億円あげちゃうキャンペーン」。まだ記憶に新しい出来事ですが、なんと第2弾の開催が早くも決定しました。 スタートは2019年2月12日から。前回と仕様が変わっている部分があるためあらかじめ確認しておき、お得なお買い物を楽しみましょう。

mag.app-liv.jp

次のキャンペーンも実施予定! 開催日や内容は?

「100億円あげちゃうキャンペーン」は想像以上に早く終わってしまいましたが、『PayPay』では今後もキャンペーン実施を予定しているとのこと。

今後も新たなキャンペーンの実施を予定しております。
詳細は、決まり次第ご案内します。
出典元: 「100億あげちゃう」キャンペーン | PayPay株式会社

具体的な内容は発表までわかりませんが、ソフトバンク&ヤフーがタッグを組んだ会社の資金力を考えると、また大盤振る舞いなキャンペーンが行われても不思議ではありません。

QRコード決済サービスはいろいろな会社が手がけており群雄割拠の状態。各社が業界トップの座につこうと様々なキャンペーンを行っている時期なので、消費者としてはおトクなキャンペーンに乗っかりたいところです。

家電量販店のキャンペーンにも注目

PayPayの100億円キャンペーン自体はすぐに終わりましたが、その後ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店が独自に「PayPayで決済すれば自社ポイント(ビックポイント等)を付与する」というキャンペーンを展開していました。

そのポイント率が18%や20%と高額で非常におトク。これらのキャンペーンは本記事執筆時点で終了していますが、今後もPayPayではなく店舗側による大型キャンペーンが行われるか注目です。

『PayPay』のメリット

キャンペーンを抜きにした通常状態でのメリットを見ていきましょう。

現金やカード不要で買い物ができる

現金もカードも必要なく、スマホアプリに表示されたQRコード(バーコード)を店員に見せるだけで買い物できます。お金は連携した銀行口座やクレジットカードから引かれる仕組み。アプリには支払い履歴が残るので、家計簿をつける際の参考にもなるでしょう。

登録料や手数料など、ユーザーに対する金銭負担は一切なし

サービスを利用するにあたってユーザーの金銭負担は一切ありません。登録料、利用料、手数料など完全に無料です。

登録の圧倒的な簡単さ。スマホ1台で今すぐ完了

サービスを利用するにあたって書類の提出や審査待ちなど煩わしい手続きは必要ありません。

電話番号を登録するだけですぐにアカウントができ、スマホカメラを手持ちのクレジットカードにかざせば即カード情報を読み込んで利用できるようになります。

0.5%のポイントが付く

キャンペーンではなく通常の状態で常に0.5%のポイントが付与されます。クレジットカードを持っていない方にとっては、これだけでも使う理由になるでしょう。

クレジットカードとのポイント二重取りが可能

クレジットカードを持っていれば『PayPay』は使う意味がないのかというと、そうでもありません。

『PayPay』のポイント0.5%と、クレジット会社のポイントは二重でもらえるのです。クレジット会社のポイントが1%だとすれば、合計1.5%もらえるわけですね。

『PayPay』のデメリット

対応店舗がまだ少ない。日常利用できるのはファミマくらい

クレジットカードやiD、Quick Pay、Suicaなどに比べれば対応店舗はかなり限られます。日常的に使えるのはファミリーマートくらいで、あとは家電量販店や居酒屋などで使えます。

Apple Payやおサイフケータイなどに比べれば多少は手間がかかる

これは『PayPay』に限らずQRコード決済全般の話ですが、
【スマホを開く → アプリを開く → QRコード画面を出す → 店員が読み取り端末でQRコードを読む】
という工程を踏んで決済するため、スマホをかざすだけでピッと決済できるFeliCa(非接触ICカード)の支払いに比べれば少しは手間がかかります。

とはいえメリットの大きさに比べれば、これくらいのことは特に問題でもないでしょう。

ポイント有効期限は最後の利用(残高変動)から2年間

最後の利用(残高が変動したとき)から2年経過するとポイントが失効します。これも、サービスを使ってさえいればほぼ心配する必要はありません。

もし今後別のサービスへ乗り換えるなどの理由で『PayPay』を使わなくなるのであれば、ポイントを使い切ることだけ忘れなければOKです。

一時話題になった不正利用問題とは?

2018年12月頃、『PayPayを通してクレジットカードを不正利用された』という報告が複数発生しニュースになりました。

当初のPayPayはクレジットカード本体に記載されている情報だけ入力すれば、3Dセキュアなしでも高額決済できたことが原因。何らかの方法でクレジットカード情報を不正入手した人に何十万円分も購入されてしまうという事件でした。

現在では3Dセキュアが導入され、本人確認を済ませていないクレジットカードでは過去24時間で最大2万円、過去30日間で最大5万円しか決済できません。より安全なシステムになっています。

またクレジットカード登録時にセキュリティコードを無制限に入力できるという問題も修正され、今は一定回数でロックがかけられるようになりました。

『PayPay』対応店舗

サービス開始当初から着実に店舗数を増やしている『PayPay』。19年1月29日時点での対応店舗は次の通りです。

ちなみにTカードやビックポイントなど、各種ポイントサービスとの併用も可能です。

コンビニ

●ファミリーマート
●ポプラ
●ミニストップ
●ローソン(2019年3月26日より)

※Amazonギフト件などのプリペイドサービス、はがき、切手、公共料金、印紙代などPayPay決済ができないものもあり。

家電量販店

●ビックカメラ
●ヤマダ電機
●エディオン
●コジマ
●ジョーシン
●ソフマップ
●TSUKUMO
●100満ボルト
●BEST
●マツヤデンキ
●パソコン工房
●グッドウィル

居酒屋・飲食店

●魚銀
●魚民
●白木屋
●月の宴
●笑笑
●和民
●FRIDAYS
●山内農場
●めでた家
●みつえちゃん
●PIZZA-LA
●キッチンオリジン
ほか

交通

●江ノ島タクシー
●勝山タクシー
●三和交通
●第一交通産業

その他

●H.I.S.
●ドラッグ・イン キムラヤ
●メガネドラッグ
●ビッグエコー
●ドラッグ新生堂
●HOTEL MYSTAYS
●LIPS and HIPS
ほか宿泊施設やアパレル店など

対応店舗は毎月増えており、大手企業に限らず小規模店舗への導入も進んでいる様子。この手の決済サービスはとにかく対応店舗の幅広さが肝なので、さらなる普及に期待したいところです。

『PayPay』の登録方法

登録から決済まで、作業はすべてアプリの中で行います。登録には電話番号が必須。

1. 『PayPay』アプリをダウンロード

まずはこちらでアプリをダウンロードしてください。

  • iOS
  • Android

無料

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation

4.06
アプリストアを見る

無料

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation

4.31
アプリストアを見る

2. 電話番号とパスワードを入力

電話番号(これがID代わりとなる)とパスワードで登録します。

なお登録すれば無条件に500円分のポイントがもらえることもあり、現時点でアカウント削除・再登録はできません。

▲Yahoo! JAPAN IDでも登録できるが、どのみち電話番号は必須。

3. 認証コード(4桁の数字)を入力して電話番号を確認

電話番号確認のため、認証コードがSMS(いわゆるショートメール、Cメール)で送られてきます。

▲iPhoneならこのメッセージアプリで。Androidでも「メッセージ」「SMS」などと書かれたアプリを開くと見られる。

▲送られてきた認証コード(4桁の数字)。

この数字を『PayPay』アプリで入力します。

3. アカウントが作成され、500円分のポイント付与

以上で登録は完了。まだ銀行口座の連携などしていませんが、早速500円分のポイントが付き買い物できるようになりました。

▲登録完了画面。

『PayPay』支払い方法の設定

次に支払い方法の設定を行いましょう。銀行口座かクレジットカードが対応しており、クレジットの場合はVISAかMastercardのみ。ただしヤフーカードに限ってJCBブランドで使えます。

●銀行口座とヤフーカードは事前に残高をチャージできる
●クレジットカードではチャージができず、直接引き落とされる

という違いがありますが、ポイントはどちらも同じようにつくので好きな支払い方法を設定すれば大丈夫です。ここではスピーディに設定できるクレジットカードの登録方法を見ていきましょう。

1. メニューから[支払い方法の設定]を選択

2. [クレジットカードを追加]を選択

▲Yahoo!ウォレットでクレジットカードを利用している人は、Yahoo!ウォレットと連携してもOK。そうでなければ[クレジットカードの追加]。

3. カードをカメラで読み込むか、手動で入力

▲こちらはカメラでの読み込み画面。

▲こちらは手動入力の画面。

4. クレジットカード情報の追加完了

銀行口座、Yahoo! JAPANカードを登録してPayPay残高をチャージする方法は、以下の記事を参照してください。

PayPay残高チャージ方法 銀行連携のやり方、クレジットカードの扱いなど - Appliv TOPICS

大規模なキャンペーンやCMで、2018年末のリリースから一気に知名度を高めている『PayPay』。QRコードをかざすだけで買い物ができる便利なサービスである一方、チャージ方法がいくつかあること、キャンペーン特典がチャージ方法により変化することなどわかりにくい部分もあります。 そこでこの記事では、PayPayのチャージ(入金)方法について詳しく解説。手数料やポイント、限度額の詳細について解説します。

mag.app-liv.jp

『PayPay』店頭での支払い方

それでは対応店舗へ行って、実際に使ってみましょう。

●スマホのQRコードを店員さんが読み取る
●店のQRコードをユーザーがスキャンする

2種類の決済方法がありますが、どちらの方法は店側が決めます。どちらでも損得は一切ありません。

【決済方法1】スマホのQRコードを店員さんが読み取る方法

1. アプリ内のバーコードを店員さんに見せる

ホーム画面トップに表示されているバーコードを店員さんに見せます。

※画面下段の[コード支払い]を選択して表示されるバーコードを見せても構いません。同じものです。

▲ホーム画面のバーコード。

▲[コード支払い]タブに表示されるバーコード。

2. 店員さんが専用端末で読み取って決済完了

店員さんがQRコードをピッと読み取るだけで、サクッと決済完了。

アプリには「ファミリーマートに支払い/180円/支払い完了」といった形で完了画面が表示されます。

▲こちらは20%還元キャンペーン中だったので「おめでとうございます!36%相当のPayPay残高GET」とも記載されている。

【決済方法2】店のQRコードをユーザーがスキャンする方法

1. 画面下段から[スキャン支払い]を選択

2. 店が用意したQRコードを読み取る

3. 金額を手入力し、間違いないか店員さんと一緒に確認

こちらの決済方法では、店員さんが合計金額を伝え、ユーザーが金額を手入力します。間違えないよう店員さんと画面を見て、しっかりと確認しましょう。

3. 支払いを確定させて決済完了

ポイント(PayPayボーナス)の受け取り方と使い方

PayPayでは支払い金額の0.5%がポイントとして付与されます。ポイントの正式名称は「PayPayボーナス」なので以下そう呼びます。付与上限は月5,000円まで。

PayPayボーナスの付与タイミングは当初「翌月10日頃」でしたが、2019年2月1日の支払いからは「翌月20日頃」と少し遅めになりました。

PayPayボーナスの確認方法

PayPayボーナスを受け取るために何か手続きなどする必要は一切ありません。時期が来れば自動的に付与されます。PayPayボーナスの確認は[残高]タブから。

▲「PayPay残高GET」と表記されている額はPayPayボーナス受け取り済。「PayPay残高付与の処理中」は、今後受け取り予定という意味。

PayPayボーナスの使い方

PayPayボーナスはPayPay残高に組み込まれ、決済時に使えます。特にユーザー側で手続きすることもありません。

ちょっとした注意点として、PayPay残高が買い物の金額に足りないときはクレジットカード(またはYahoo!マネー)で全額決済されます。

【例】
PayPay残高が100円の状態で200円の買い物をすると、PayPay残高は1円も消費されず、200円全額がクレジットカード(またはYahoo!マネー)で決済される。

ともかくPayPayを継続的に使うのであれば困ることは特にありません。

PayPayで送金する方法

『PayPay』は買い物だけでなく、個人間送金の機能も備えています。手数料は無料! 割り勘などの場面で役立ちます。使い方は次の通り。

1. [スキャン支払い]タブを開く

2. [友だちに送金する]を選択

3. 相手の電話番号を入力

4. 金額を入力して送金

5. 送金完了

▲送金完了画面。

▲送金された側の画面。相手の電話番号付きで「090-XXXX-XXXXから支払い」と表示される。

PayPay(ペイペイ)個人間送金の方法・受け取り方、手数料や限度額について - Appliv TOPICS

QRコード(バーコード)決済サービス『PayPay』には、個人間送金機能もついています。友だちに立替払いしてもらったお金を送ったり、割り勘で代金を支払ったり、借りたお金を返したり……と活用方法は様々。 現金化したりPayPay外での決済に転用したりすることはできませんが、PayPayはコンビニをはじめ幅広い店舗に対応しているので、使い道に困ることは特にないはず。 この記事では送金方法をはじめ、送れる金額の上限やポイント・手数料がどうなるかといった詳しい情報をまとめました。スマホだけでお金のやりとりが完結する、キャッシュレスな生活がもっと捗りますよ。

mag.app-liv.jp

20%還元キャンペーン中はもちろん終了後も十分に使える、おすすめのQRコード決済!

クレジットカードとの併用でポイントを二重取りできますし、クレジットカードを持たない人でも0.5%はポイントが貯まるので現金払いよりおトク。

中国のようにQRコード決済が主流となっている国もあるほどですし、世界中でキャッシュレスの流れは加速していくでしょう。ぜひこの機会にQRコード決済を使い始めてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

『Amazon Pay』QRコード決済の使い方 レジでスマホを見せるだけで支払い完了 - Appliv TOPICS

2018年8月29日、アマゾンジャパンは決済サービス『Amazon Pay』を、実店舗でのQRコード決済に対応させたと発表しました。客側は登録や手続きがいらず、手持ちのAmazonアプリで今すぐ利用可能。 この記事では実店舗でのQRコード決済方法や、そのメリットについて解説します。

mag.app-liv.jp
Amazonギフト券の使い方まとめ。格安の購入法や有効期限、買取について - Appliv TOPICS

贈答用はもちろん自分用としても使えるAmazonギフト券(アマゾンギフトカード)。使い方をしっかり把握すれば、商品をいつもより安く購入できるおトクなシステムです。 そんなAmazonギフト券の詳細を徹底解説! 上手く使いこなして賢くネットショッピングを楽しみましょう。

mag.app-liv.jp
  • iOS
  • Android

無料

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation

4.06
アプリストアを見る

無料

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation

4.31
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。