「Pococha(ポコチャ)」は、ライブ配信に興味がある方におすすめのサービスです。ライバーとして活躍したり、リスナーとしてライブを盛り上げたりと、楽しみ方はさまざま。ライバーになれば報酬を稼ぐこともできます。

この記事では、そんな「Pococha」の使い方・機能・稼ぎ方をまとめました。「ライブ配信に興味はあるけど、どうやって使ったらいいの?」「本当に稼げるのかな……」と疑問や不安をお持ちの方はぜひご覧ください!

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

「Pococha」とは?

「Pococha」のトップ画面

「Pococha」は、株式会社ディー・エヌ・エーが手掛けるライブストリーミング事業のひとつです。同社の主要子会社や関連会社は、横浜DeNAベイスターズやCygames(サイゲームス)など名だたる企業ばかり。運営元の知名度が高く、信頼できるライブ配信サービスです。

「Pococha」のコンセプトは『人と人とが「Link」し、「Live」 が「Life」へと「Link」する』。ライブ配信者(以下、ライバー)や視聴者(以下、リスナー)、多くの人たちが出会い幸せな人生へと繋がる場を提供しています。

「個性」「自由」「みんなで作る」。これらの言葉に興味が沸いた方は、ぜひ「Pococha」をチェックしてみてください。

「Pococha」の特徴

「Pococha」は手軽かつ安全なライブ配信サービス。さらに、ライブ配信初心者でも使いやすい工夫がされていたり、目立てるチャンスが用意されていたりと、自己表現の機会も多いのが特徴です。「Pococha」ならではの特徴について、詳しく見ていきましょう。

「Pococha」6つの特徴

  • 配信も視聴も無料で楽しめる
  • スマホだけで配信できる
  • ライバー参入のハードルが低い
  • リスナーと気軽に交流できる
  • メディア出演のチャンスがある
  • セキュリティ対策により安全性が高い

配信も視聴も無料で楽しめる

「Pococha」は配信も視聴も無料で利用できます。リスナーはお好みで課金アイテムを購入することもできますが、無料で見続けても問題ありません。まずはお試しで登録し、しばらく使ってみても損はないでしょう。

スマホだけで配信できる

ライバーとして「Pococha」を利用する場合、用意するものはスマホだけでOK。カメラやマイクなどの機材を揃える必要はなく、初期費用をかけずにライブ配信が可能です。

iOS・Androidのどちらも専用アプリが用意されているので、それぞれ対応しているストアからダウンロードしましょう。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

また、以下の条件をクリアすればWEB版「Pococha」へのログインも可能です。

WEB版「Pococha」ログインの条件

  • レベル20以上のユーザー
  • 各種規約に違反していない

以上の条件を満たすには、スマホアプリ版の「Pococha」でレベルを上げる必要があります。まだ「Pococha」を利用していない方は、スマホアプリ版に登録するところから始めましょう!

ライバー参入のハードルが低い

「Pococha」には、ライバーを始めるハードルが低いという嬉しい特徴もあります。というのも、「Pococha」ライバーの多くは一般人だからです。

俳優やタレントなどの芸能人が多いライブ配信サービスだと、新人ライバーはリスナーを獲得しにくいとされています。しかし一般人が多い「Pococha」なら配信内容次第で人気ライバーになれる確率が高いのです。

また、前述のとおり大掛かりな機材の準備がいらないため、「ライバーとして活動してみたい!」と思い立ったらすぐに実行できますね。

リスナーと気軽に交流できる

「Pococha」では、ライバーとリスナーが交流しやすい環境を提供しています。ライブ配信中のコメント機能はもちろん、ライバーとファンがグループを作れるファミリー機能や、ライバー・リスナーがコミュニケーションをとれるイベント「POCO BASE(ポコ ベース)」など……。

さまざまな立場の人と気軽に交流できるから、世界がどんどん広がっていくことも「Pococha」の魅力です。

メディア出演のチャンスがある

「Pococha」では毎月20本以上ものイベントを開催。イベントの入賞者には賞品が用意されています。

メディア出演権が賞品となる場合もあるので、メディア業界や芸能界に興味がある方には特におすすめ。過去にはTOKYO MXのテレビ番組や、渋谷センター街のビジョン広告出演権が賞品となったこともあります。

複数名が入賞する場合もあるため、メディア出演のチャンスは比較的多いですよ。「Pococha」のイベント情報はしっかりチェックしておきましょう!

セキュリティ対策により安全性が高い

「Pococha」の運営は、規約違反や個人情報漏洩・性被害などに繋がる危険行為がないか、24時間体制でライブ配信を監視しています。

このような行為があった該当者には、「Pococha」から警告やアカウント停止措置などの厳しいペナルティが。万全のセキュリティ対策を講じているため、安心してライブ配信ができますよ。

「Pococha」での稼ぎ方

「Pococha」では2種類の稼ぎ方があります。

「Pococha」での稼ぎ方

  • 配信時間で稼ぐ
  • 投げ銭で稼ぐ

ライブ配信の稼ぎ方といえば投げ銭が一般的ですが、「Pococha」は投げ銭だけでなく配信時間に応じて報酬が得られます。それぞれの稼ぎ方について見ていきましょう。

配信時間に応じて稼げる

「Pococha」では、ライブの配信時間に応じて報酬が得られます。金額はライバーのランクによって異なり、ランクが上がれば報酬額もアップ。

報酬は「ダイヤ」という「Pococha」内のアイテムで支払われるので、現金で受け取るためには換金が必要です。

「1ダイヤ=1円」ですが、換金する際に源泉徴収されます(100万円以下なら報酬額の10.21%)。つまり、3,000円分のダイヤを換金する場合は源泉徴収で約300円が差し引かれ、実際に受け取れる金額は約2,700円です。

「源泉徴収分がもったいないなぁ……」という方は、源泉徴収されない「コイン」に交換するのがおすすめ。

コインは「Pococha」の専用通貨で、「Pococha」内のアイテムを購入する際に使えます。ライバーとして活動しつつリスナーとしても「Pococha」を利用している方は、コインに交換して推しの配信を盛り上げましょう!

投げ銭でも稼げる

リスナーが課金アイテムを購入してライブ配信者に贈ることを「投げ銭」といい、ライバーには投げ銭の額に応じて報酬が入ります。多くの動画配信サービスにおいて利用できる機能で、もちろん「Pococha」でも投げ銭が可能です。

つまり、リスナーからの投げ銭が多いほどライバーの報酬額がアップするということ。人気ライバーなら、時間報酬と投げ銭で高額収入も期待できますよ。

「Pococha」の登録方法

ここまで読んで興味が湧いたら、さっそく「Pococha」に登録してみましょう!「Pococha」をスマホにダウンロードしたら、以下の手順で新規登録をしてください。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

1.「Pococha」アプリを開く

Pocochaアプリのトップ画面

2.生年月日と国/地域を選択する

生年月日 国 地域のプルダウン

3.[OK]をタップする

生年月日 国 地域の内容確認画面

4.登録方法を選ぶ

登録方法の選択画面

▲「Twitter(ツイッター)」「Facebook(フェイスブック)」など、5つのSNSで登録可能。

Twitterアカウントで登録する場合は、以下のような画像になります。

Twitterアクセス許可の画面

5.プロフィール写真・名前を設定して[決定]をタップ

初期設定画面

▲Twitterアカウントと連携した場合、アカウントの写真と名前が自動入力される。

6.会員登録完了

会員登録後のトップページ

▲新規会員には初心者ボーナスが7日間付与される。

「Pococha」の配信方法

「Pococha」でライバーとして活動する場合は、以下の方法でライブ配信を行いましょう。

1.「Pococha」アプリのトップ画面下にある[○]をタップ

Pocochaアプリのトップ画面

2.[許可]をタップ

撮影権限の確認

▲[許可]を選択すれば、2回目以降からは確認不要になる。

3.もう一度[許可]をタップ

音声録音の権限

4.画面下部にある[ライブ]か[ラジオ]を選ぶ

配信画面で配信種類の選択

▲動画を配信するならライブ、音声のみ配信するならラジオを選択する。

5.フィルターや撮影カメラ(アウト・イン)を設定する

配信画面の設定ボタン

下記画像はフィルター設定の一例です。美肌やメイクなど、さまざまな効果のフィルターが用意されています。

フェイスの編集画面

6.[配信スタート]をタップ

配信画面で配信スタートを選択

7.配信が開始される

配信開始直後の画面

配信終了後、ライブの配信時間やコメント数などの情報が表示されます。

配信したライブ情報
Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

「Pococha」の視聴方法

リスナーとして「Pococha」のライブ配信を楽しみたい方は、以下の手順でライブ配信を視聴しましょう。

1.アプリを開き、画面左下にある[虫眼鏡マーク]をタップ

ライバー検索のボタン

▲トップ画面に気になるライバーがいれば、そちらをタップしてもOK。

2.検索したいキーワードを入力する

検索ボックス

3.[タグ]・[キーワード]・[ユーザー名]から、検索したいカテゴリーを選ぶ

検索カテゴリーの選択

4.閲覧したいライブ配信を選ぶ

視聴するライブの選択

5.ライブ配信の視聴が開始される

ライブ視聴中の画面
Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

「Pococha」のルール

「Pococha」の利用規約は、公式サイトのルールブックに詳しく記載されています。この記事では、「Pococha」のルールのなかでもとくに大切なものをご紹介。これから「Pococha」を利用する方は必ずチェックしておきましょう。

周囲を不快にする言動をとらない

「周囲を不快にする言動」とは、以下のようなものを指します。このような言動は「Pococha」のルールに反するため、細心の注意を払いましょう。

周囲を不快にする言動の例

  • 相手を傷つける発言(「つまらない」「うざい」など)
  • 身体的特徴を揶揄する発言(「太ってる」「ブス」など)
  • 性的な質問や卑猥な発言をする(「何カップ?」「エロいね」など)
  • 相手を怖がらせる行為(同じコメントの連投、脅迫など)
  • ライバーやリスナーの悪口を言う(「○○はつまらない」など)

ライバー側はライブ配信中の発言、リスナー側は送るコメントについて、内容に問題がないかよく考えてから発信しましょう。

不快な言動の基準がわからないときは、「もし自分がこう言われたらどう思うかな?」と考えてみてください。「こんなこと言われたら、ちょっと嫌かも……」と感じるなら、それは周囲を不快にする言動かもしれません。

また、自分は気にならないような些細なことでも、された相手は気にするかもしれません。自分に置き換えて考えると同時に、相手の目線になって考えてみることも大事です。

社会ルールに反する言動をとらない

ライバーは、社会ルールに反する言動を配信しないよう注意しましょう。社会ルールに反する言動とは、例えば以下のようなものです。

社会ルールに反する言動の例

  • 著作権の侵害(地上波のTV映像を流す、許可を得ず楽曲を使用するなど)
  • 撮影が禁止されている場所での配信(公共交通機関の車内、美術館内など)
  • 未成年者に飲酒・喫煙をすすめる
  • 喫煙をしながら配信する
  • その他、法律に違反すること(肖像権・プライバシーの侵害など)

以上のうち、とくに気をつけたいのが「著作権の侵害」「撮影が禁止されている場所での配信」でしょう。

「歌ってみた」や外を移動しながら行う配信は人気ですが、無意識にルール違反をしてしまう可能性が高いため要注意。配信する内容や場所に問題はないか、撮影前にきちんと確認しておきましょう。

危険な言動をとらない

「Pococha」では、自らを危険に晒すような言動も禁止されています。

危険な言動の例

  • 性的な内容を連想させる配信(露出の多い服装・性的な発言など)
  • けが・体調不良を引き起こす言動(スポーツ中や危険な場所での配信、物を壊すなど)
  • 運転中の配信・視聴
  • 個人情報を発信する(自宅周辺での配信、本名や住所を言うなど)

これらは自分の身を危険に晒す行為です。嫌がらせやストーカー被害などに遭う危険性もあるので、配信内容には注意しましょう。

18歳未満は利用できない

「Pococha」では2021年1月に年齢制限が設けられ、18歳未満の利用は全面禁止となりました。

それに伴い、利用時間と課金額のルールも変更されています。18歳の方は22時から5時までライブ配信機能が利用不可。18歳・19歳の方は課金上限が月1万円までです。20歳以上なら利用時間・課金額ともに制限はありません。

Pocochaの年齢制限に関する表

出典:「Pococha」公式サイト

ここで気をつけたいのが、家族・友人などの18歳未満の人が映り込む場合。「Pococha」に登録した人が18歳以上であっても、18歳未満の人がメインで配信していると「Pococha」運営が判断した場合は、登録した人の規約違反とみなされます。

ルールに違反した場合

「Pococha」のルールに違反した場合、ペナルティが課されます。警告や機能制限、違反箇所の削除、アカウント無期限停止などの措置を受ける可能性も。

アカウントが停止された場合、所持していたダイヤやコインは没収されます。これまでの報酬や課金を無駄にしないためにも、「Pococha」のルールはしっかり守りましょう。

「Pococha」初心者におすすめの機能

「Pococha」には便利な機能がいろいろあります。なかでも、以下の3つはライブ配信初心者の方におすすめの機能です。

「Pococha」のおすすめ機能

  • ファミリー機能
  • ぽこボックス機能
  • タグ検索機能
  • エール・コアファン機能

ライバー・リスナーともに役立つ機能なので、これらを使いこなして「Pococha」をもっと楽しみましょう!

ファミリー機能

「ファミリー機能」とは、ライバーと複数のリスナーでグループを作れる機能のこと。ファミリーになると、メンバー限定チャットやランキング(アイテム・コメント数・視聴時間)に参加できます。

さらに、ライバーから信頼されたリスナーは、最大5人までグループの管理人に指名してもらえる可能性も。

そのライバーのライブを10日間視聴しなかったリスナーは、グループから強制退会となるため、熱心なファンだけが残る仕組みです。ライバー初心者の方はファミリー機能を活用して、自身のライブ配信を盛り上げましょう。

ぽこボックス機能

「ぽこボックス」とは、リスナーが無料で報酬(コイン)を貰える機能です。リスナーは、ライバー1人につき1日2個までぽこボックスをゲットできます。

ただし、ぽこボックスを得るためには「配信を7分以上視聴する」「1分に1回コメントする」という、2つの条件クリアが必須です。

ぽこボックスの種類

出典:「Pococha」公式サイト

ライバーのメリットは、ぽこボックスを得たい新規リスナーが視聴する可能性もあること。ぽこボックス目当てのリスナーがファンになってくれれば、投げ銭してもらえる確率が上がるため、報酬アップが期待できます。

タグ検索機能

「Pococha」のライブ配信にはタグを設置できます。この「タグ検索機能」を使えば、リスナーはタグが設置された過去の配信を探すことが可能に。

タグが多ければ多いほどリスナーの目に触れやすくなり、ファン獲得の絶好のチャンスとなるので、ライバーは上手に活用しましょう。

ただし、タグを設置できるのはファミリーメンバーのリスナーのみ・配信中のみという制限があります。なるべく多くのタグを設置してもらえるよう、ライバーは配信内容を工夫すると良いですね。

エール・コアファン機能

「エール・コアファン機能」はライバーを応援できる機能です。「エール」はリスナーがライバーを応援した総量、「コアファン」はエールを頑張ったリスナーに贈られる称号を指します。

エールの回数が多くコアファンのレベルが上がると、自分が送ったコメントにマークがつきます。ほかのリスナーと差別化できるため、ライバーの目に留まりやすくなるのがメリット。さらにコアファンになると、限定の「コアファンファミリー」に参加できます。

初心者にもやさしい「Pococha」でライブ配信を楽しもう!

「Pococha」は配信も視聴も無料で楽しめるから、お金をかけずにライブ配信アプリを利用したい方にピッタリです。また、安全性が高くライバー参入のハードルが低いから初心者でも使いやすいのが特徴。「どのライブ配信アプリを使おうかな?」とお悩みなら「Pococha」が断然おすすめです!

ライブを盛り上げる便利な機能や無料でコインをゲットできるチャンスもあるので、ライブ配信に興味がある方は「Pococha」をチェックしてみましょう。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

【2022年最新】ライブ配信アプリ12選! 選び方・魅力・ランキングも紹介
投げ銭アプリおすすめ12選! ライブ配信やクリエイター向けアプリの特徴と魅力