• TOP
  • 美顔器
  • アイスレディ
  • アイスレディの美顔器は効果ない? 口コミによる評判、使用上の注意点を買う前にチェック
本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「アイスレディ」の美顔器は1台で16もの機能があるというのがウリ。「顔面投資」というキャッチコピーで知られる美顔器メーカーから発売されており、同じく「ハイフン」も人気のプロダクトです。

芸能人やインフルエンサーを多数広告に使用していることもあって、見かけたことがある方も多いでしょう。しかし、実際に効果があることとインフルエンサーがおすすめしていることは必ずしも一致しません。

この記事では、アイスレディの美顔器が本当に効果がないのか、その真相に迫ります。購入を検討している方や、使用感に疑問を持っている方はぜひ参考にしてください。

監修者:清仁美

薬機法管理者・コスメ薬機法管理者

薬機法管理者、コスメ薬機法管理者資格を有するTOPICS編集者。大学卒業後、編集プロダクション勤務。アトピー、脂漏性皮膚炎、酒さでひどい肌荒れに悩んだ経験から美容にハマる。調理師免許、ソムリエ資格も所持し、体のなかと外の両方から美しくなることを追求。

効果なし?アイスレディ美顔器の人気と評判、口コミ

まずは、アイスレディの美顔器の人気機種を実際に使った方の声を「X」(旧:Twitter)で調査しました。

アイスレディ美顔器の評判は「良かった」「効果ない」と賛否両論の声がありました。

大前提として、アイスレディの美顔器には「フェイシャルメインの美顔器」と「脱毛メインでフェイシャル機能もあるもの」の2つがあり、どちらをメインに使うかでその満足度も変わるようです。

アイスレディ美顔器の人気アイテム

アイスレディの美顔器には複数のプロダクトがありますが、「顔に使えるもの」というテーマで紹介していきます。

【NOTIME】icelady face investment アイスレディフェイスインベストメント

「小さい」「軽い」という声をよく耳にするアイスレディの美顔器。コンパクトなサイズに、複数の機能を搭載した美顔器です。IPX6の防水仕様で、超音波、EMS、マイクロカレント、LED、RFといった美顔器に求める方の多い機能がぎゅっと詰め込まれています。

・リフトケア
・表情筋ケア
・保湿
・毛穴ケア
・美容浸透
・バリア機能ケア
・ハリ、ツヤ
・肌トラブルの予防
・肌荒れケア
・乾燥肌ケア
・キメを整える
・透明感の維持
・ダメージ肌を整える
・エイジングケア

など、きれいになりたい人の多くが抱えるお肌の悩みをケアする機能を備えた美顔器です。シートマスクの上からも使えるので、乾燥しにくい状態でケアできる点も魅力。

※アイスレディの美顔器は、中国製ですが発売は日本のメーカーになります。

【10%offクーポン★しわ改善クリーム付】 アイスレディ フェイスインベストメント 美顔器 顔面投資 美容器 LED RED RF 16役
楽天で購入

【NOTIME】icelady 家庭用光美容器

アイスレディの名前がついた美容家電はいくつか出ていますが、家庭用の無駄毛ケアができるIPL光脱毛器の「アイスレディ」は、フェシャル用のフォトトナーのアタッチメントがついたタイプが発売されています。

シミやくすみにアプローチするIPLの波長645nmを採用。くすみの原因になってしまう古い角質にアプローチして、透明感や毛穴、肌のキメ、ツヤのケアが光脱毛ケアと一緒に1台で行える点が人気で、すでにアイスレディを持っている方もフォトトナーだけ追加で購入して装着することができます。

【フォトトナー特典付】【5%OFFクーポン対象】icelady 家庭用光美容器 アイスレディ 光脱毛 notime(ORIV)【1004】【送料無料】【SIB】【ASU】
楽天で購入

効果が感じられないという声の背景

美顔器を使用しても効果を感じられないという声が一部から上がることがあります。その背景には、以下のような要因が考えられます。

効果が感じられないという声の背景

①使用方法の誤り

使用方法の誤り

美顔器は、正確な使用方法を守ることでその効果を最大限に引き出すことができます。例えば、使用する頻度や時間、または美顔器の圧力など、細かな使用方法が指定されていることが多いです。これらの指示を正確に守らないと、効果を十分に得ることができない場合があります。

また、美顔器によっては、特定の化粧水や美容液との併用が推奨されていることも。適切なケア製品を使用しないことで、効果が半減してしまうことも考えられます。

メディキューブの場合、専用のブースタージェルが推奨されている美顔器と手持ちの化粧品で良い美顔器があります。ケチって推奨のジェルを少ししか使わなかったり、違う化粧品を使うことで本来の効果が得られないこともあるので要注意です。

②個人差による効果の違い

個人差

人それぞれの肌質や体質、生活習慣などが美顔器の効果に影響を与えることがあります。例えば、乾燥肌や敏感肌の方は、美顔器の刺激に対して肌が敏感に反応することが考えられます。

また、生活習慣や食生活、睡眠時間なども肌の状態に影響を与えるため、美顔器の効果を実感するまでの時間が異なることがあります。

③期待値とのギャップ

期待値とのギャップ

アイスレディの美顔器は、「顔面投資」というキャッチーなキーワードに惹きつけられ、広告や宣伝、口コミなどを通じて、非常に高い期待を持って購入するユーザーも少なくありません。

しかし、実際の使用結果と期待値との間にギャップが生じることで、効果を感じられないと感じることがあるかもしれません。特に、短期間での劇的な変化を期待すると、実際の結果に失望することが考えられます。

美顔器の効果を最大限に引き出すためには、これらの要因を理解し、正しい使用方法や適切な期待値を持つことが重要です。

正しい使用方法での効果の最大化

美顔器効果

美顔器の効果を最大限に引き出すためには、正しい使用方法が欠かせません。以下に、そのポイントを詳しく解説します。

アイスレディ美顔器の特徴と使い方のコツ

アイスレディ美顔器の使い方には、コツがあります。

・必ず化粧水や美容液を使用し、乾いた状態で使わない。
・お手入れに洗剤や除光液などを使わない。
・デイリーカレントモード以外は週に3回以上使わない

これらのポイントを覚えておくと、トラブルを避けられるでしょう。

使用頻度と時間

美顔器の使用頻度や時間は、製品によって異なる場合があります。一般的には、毎日の使用が推奨される製品もあれば、週数回の使用が適切な製品も存在します。また、一度の使用時間も重要です。長時間の使用は肌に過度な刺激を与える恐れがあるため、指定された時間を守ることが大切です。

使用頻度と時間

ケア製品との併用

美顔器と併用するケア製品の選び方も、効果を左右する要因となります。特に、導入美容液や化粧水など、美顔器の機能をサポートする製品を選ぶことで、より高い効果を期待することができます。また、美顔器の後の保湿ケアも欠かせません。

保管とメンテナンスのポイント

美顔器の効果を長持ちさせるためには、適切な保管とメンテナンスが必要です。使用後は、必ず清潔な布で拭き取り、湿度の低い場所に保管することが推奨されます。スチーマーの水は面倒でも都度変えましょう。カビ等の原因になることがあります。

また、定期的に専用のクリーナーなどで清掃することで、美顔器の性能を維持することができます。

返品可能なので使用期間は最低1ヶ月使って判断する

アイスレディの美顔器は、最大44日間の返品期間が設されています(2023年9月現在)。それだけ長く設定されているのは、お肌はターンオーバーの周期などもあるのでたった数日で判断するのが難しいから。

数日や1〜2週間使って大きな変化を感じなかったとしても、1ヶ月程度は継続して様子を見てみましょう。

美顔器の効果を正しく理解し、最適なケアを

結論として、アイスレディの美顔器は効果がないわけではなく、「正しく使えば手頃な値段でそれなりに効果がある」という声が多いようです。しかし、使い方を間違えると思うように効果を実感できないパターンになりがちです。

まず、美顔器の効果を正しく理解すること。それは、単に肌の表面を整えるだけでなく、肌の奥深くまでアプローチし、肌本来の力を引き出す役割があることを知ることが大切です。

次に、最適なケアを心がけること。美顔器の使用方法は、製品ごとに異なりますので、必ず取扱説明書を参照し、正しい手順で使用することが重要です。また、美顔器と併用するスキンケア製品も選び方によっては、その効果を大きく左右することがあります。

最後に、美顔器自体のメンテナンスも忘れずに。清潔に保つことで、いつでも最高のパフォーマンスで肌ケアをサポートしてくれます。

このように、美顔器の効果と正しい使い方を理解し、最適なケアを心がけることで、より健やかで美しい肌を手に入れることができるのです。

※監修者は「美顔器に効果がないと言われる要因」について監修をおこなっています。
※掲載商品は選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。
※本記事における「浸透」とは角質層までのことをさします。
※「ノンコメドジェニックテスト済み」はすべての人にニキビが発生しないということではありません。
※本記事でいう「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことをさします。
※本記事でいう「エイジングケア」とは年齢に応じたケアのことをさします。
※本記事における「リフトアップ」とは、下から上に引き上げるお手入れのことを指します。