Google、Apple、LINEなどから様々なスマートスピーカーが出ていますが、その中でも人気が高いAmazonの「Echo」シリーズ。

Echoシリーズには様々なモデルがあり、最安値なのが「Echo Flex(エコーフレックス)」です。一般的な置型ではなく、コンセントに挿して設置する”プラグイン式”なのが特徴。拡張ユニットと呼ばれるアクセサリーを追加することで、機能を増やせるのもポイントです。

この記事では「Echo Flex」の価格・スペック・できることなどを、他のスマートスピーカーと比較しながら徹底レビュー! 個性的なモデルの「Echo Flex」の特徴を理解して、購入の参考にしてください。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

「Echo Flex」とは? どんな特徴がある?

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

➜ Amazonで見る

「Echo Flex」は、Alexa(アレクサ)というAIアシスタントが搭載されたスマートスピーカーです。Amazonの「Echo」シリーズの1種であり、話しかけることで操作ができます。

スマートスピーカーは通常のスピーカーとは異なり、音楽を流す以外の機能も備えている多機能スピーカーです。例えば、家電のオン/オフを操作する、ニュースを読見上げる、天気を確認するなど、日々の暮らしを豊かにしてくれます。

それらの機能に加え、「Echo Flex」はお財布に優しい価格帯と、コンセントに挿すだけで使える手軽さが特徴です。

「flex」は英語で”柔軟”という意味。置き場所や使い方を自由に決められる「Echo Flex」は、まさに柔軟な使い方ができるスマートスピーカーです。

「Echo Flex」の優れているところ3つ

これまで設置が難しかった場所にも対応

Echo Flex イメージ画像

出典:Amazon

「Echo Flex」はコード式ではなく、プラグイン式を採用。本体自身にプラグがついており、そのままコンセントに挿し込みます。

これによって置き型では配置が難しかった、廊下やキッチンなどにもスマートスピーカーを導入可能に。わざわざ設置スペースを用意する必要がありません。

圧倒的な安さ

「Echo Flex」は2,980円。なんと3,000円を切ります。

一般的なスマートスピーカーは5,000円~10,000円、ハイエンドモデルでは30,000円近くなるため、安さは圧倒的です。

どこでも設置可能なのが「Echo Flex」の魅力なので、複数台購入して、家中に設置するのもいいでしょう。

本体下部のUSBポートが便利

Echo Flex イメージ画像

出典:Amazon

本体下部にUSB-Aポートを内蔵。iPhoneなどの充電にも使えるほか、別売りのアクセサリーを接続して、ナイトライトや時計の機能を追加できます。

このように用途や場所に応じて、自分好みに機能をプラスオンできるのも「Echo Flex」ならではの特徴。「Echo Dot」「Echo Show」など、他のモデルではできないことです。

「Echo Flex」の気になるところ・デメリット

「Echo Flex」の弱点は音質です。他のEchoシリーズが1.6インチ以上のスピーカーを搭載しているのに対し、「Echo Flex」は0.6インチのスピーカーを搭載しています。

スピーカーサイズが小さいのは、手軽に使えるコンパクトさを追求した代償と言えるでしょう。

公式にも以下のように記載されています。

Echo Flexには小さなスピーカーが搭載されており、Alexaの返答を直接聞くことができます。この内蔵スピーカーは音楽を楽しむために最適化されたものではありません。より良い音楽体験を望まれる場合は、Echo Dotの購入をご検討ください。
出典元: Amazon

どうしても「Echo Flex」を使いながら音質も追求したい場合は、3.5mm AUXオーディオ出力端子やBluetoothを使って、外部スピーカーに接続することはできます。

Echoシリーズの価格比較 「Echo Flex」は最安

「Echo Flex」は2,980円という手が出しやすい価格も魅力の一つ。Amazon Echoシリーズと比べると、その安さは一目瞭然です。

機種 価格
Echo Flex 2,980円
Echo 11,980円
Echo Dot 5,980円
Echo Dot
with clock
6,980円
Echo Show 5 9,980円
Echo Show 8 14,980円
Echo Show 10 29,980円
Echo Studio 24,980円
Echo Auto 4,980円

他社のスマートスピーカーの価格は、Google Homeの後継機Google Nestは6,050~11,550円、Apple Home Podが10,800~32,800円です。

「Echo Flex」はEchoシリーズだけでなく、他社製品と比べても圧倒的に安いことがわかります。

スペック比較 「Echo Flex」は他製品と比べて何が違う?

Echo Flexのスペックを、同Echoシリーズの「Echo Dot 第4世代」や、他社から販売されている「Google Nest Mini」「Apple Home Pod mini」と比較してみました。

br
Echo Flex Echo Dot Google
Nest Mini
Apple
HomePod mini
搭載AI Amazon Alexa Amazon Alexa Google アシスタント Siri
本体サイズ 72×67×52mm 100×100×89mm 98×98×42mm
重さ 150g 328g 181g 345g
Bluetooth
音声通話
ショッピング機能 - -
対応音楽サービスAmazon Music
Spotify
Apple Music
AWA
dヒッツ
うたパス
Amazon Music
Spotify
Apple Music
AWA
dヒッツ
うたパス
YouTube Music
Spotify
dヒッツ
うたパス
Apple Music
Spotify※
発売日 2019年11月14日 2020年10月22日 2019年11月22日 2020年11月16日
価格 2,980円 5,980円 6,050円 10,800円

※HomePodの対応サービスの詳細はまだ不明。さらに増える可能性あり。

サイズ・重さは「Echo Flex」がもっとも最小・軽量。とてもコンパクトなのでどこにおいても邪魔にならず、部屋の雰囲気を壊すこともありません。

Bluetooth接続、音声通話などの基本機能はどのスマートスピーカーにも搭載されていますが、ショッピング機能があるのはAmazonのEchoシリーズならでは。「Echo Flex」に話しかけるだけで、お買い物が可能です。例えば洗剤がなくなってしまったときに、わざわざアプリを開くことなく買い物をして、補充を完了できます。

また、対応している音楽配信サービスも重要なチェック項目。自分が登録しているサービスが対応しているかどうか、しっかり確認しておきましょう。対応サービスの幅が広いのは「Echo」の特徴です。

なお、未対応のサービスでもBlutooth接続を使ってスマホから再生し、スマートスピーカーから流すことはできます。

「Echo Flex」でできる10のこと

ここからは、「Echo Flex」でできる代表的なことを簡単に紹介します。

Echo Flexイメージ画像

出典:Amazon

家電を声で操作!スマートホーム化

対応した家電やデバイスが必要ですが、照明、エアコン、お掃除ロボットなど電源を「Echo Flex」に話しかけるだけで操作することができます。

設定次第では、「アレクサ、ただいま」「アレクサ、おやすみ」と言うだけで照明とエアコンを同時に稼働・消すなど、ひと声での一斉操作も可能に。

非対応の家電もスマートリモコンを購入すれば、スマート化できますよ。

Nature スマートリモコン Nature Remo mini ネイチャーリモミニ Remo-2W1 Alexa / Google Home / IFTTT / Siri対応

➜ Amazonで見る

音楽やラジオを聴くことができる

通常のスピーカーのように音楽を流すことはもちろん、ラジオやカフェのBGM、川の音などを楽しむこともできます。

音楽配信サービスの楽曲をアラーム音に設定することもできるので、毎朝好きな曲で目覚めることも可能です。

ニュース・天気・占いを確認する

アレクサアプリでニューススキルを追加すれば、「ニュースを読んで」と言うだけでニュースを読み上げてくれます。

天気予報や今日の運勢など様々なスキルが用意されているので、どんどん活用しましょう。忙しい朝にアプリやテレビを見なくても、準備をしながらサクッと情報チェックができます。

リスト機能で予定や買い物リストを記録

後でメモするつもりが、そのまま忘れてしまった……という経験は誰でも一度はあるもの。

「~を買い物リストに追加して」と言えばスマートフォンのアレクサアプリに記録され、外出先でも確認できます。これで自分のToDoリストを手軽にしっかり管理できます。

計算してくれる

とっさの計算で答えが分からない時も、アレクサに聞けばすぐに解決です。

足し算や引き算はもちろん、「今から6時間後は何時?」「今日から45日後は何日?」など、時間や日付にも即座に対応してくれます。

使い方を教えてくれる

スマートスピーカーって何ができるんだろう? そう思った時には、アレクサに直接聞くのが一番早いです。

「何ができるの?」「新機能は?」と尋ねれば、アレクサの得意なことや新たに追加された機能について教えてくれます。

料理が楽しく捗る

「ニンジンを使った料理を教えて」「ロールキャベツのレシピは?」などと聞けば、料理を考案したり、レシピを教えてもらったりできます。

タイマー機能も備えているので、汚れた手でキッチンタイマーを操作する必要がないところもメリットです。

本を読んでくれる

Amazon kindleの本を読み上げる機能が搭載されているため、家事をしながら知識を増やすことだって可能です。

読み上げる音声はとても流暢で、イントネーションも自然なので、スラスラ頭に入ってきます。

他のアレクサにメッセージを送る

Amazon Echoを既に所持している場合、他の部屋にあるアレクサに向けて内線のようにメッセージを送ることが可能です。

2階にいる家族を1階から大声で呼ぶ、なんてこともしなくて済むでしょう。

お話してくれる

「おはよう」「ただいま」「今日暑いね」など、あいさつ程度の会話はもちろん、映画やアニメのキャラクターのものまねもお手の物。

雑談だけじゃなく、しりとりやじゃんけんなど、声を使ったゲームもしてくれます。

「Echo Flex」はこんな人におすすめ

Echo Flexイメージ画像

出典:Amazon

Echoシリーズに興味があって試してみたい人

2,980円と手が出しやすい価格なので、「興味はあるけど、いきなり高価なスマートスピーカーを買うのはちょっと……」という、スマートスピーカー初心者にぴったりです。

既にアレクサを所有していてもう一台欲しい人

「Echo Flex」はリビングではなく、キッチンや洗面所などでサブとして使うのにピッタリなモデルです。

すでにEchoシリーズを持っているけど、もっといろんな場所でアレクサを使いたい。そんな要望を叶えてくれます。

通常のアレクサにもう一機能欲しいという人

他のEchoシリーズと大きく異る点は、別売りの拡張ユニットで機能追加ができるところです。

拡張ユニットは今後も追加される可能性があり、「普通のスマートスピーカーじゃ物足りない!」という人にも適しています。

音楽にあまり興味がない人

「Echo Flex」の音質は他のEchoシリーズに比べると劣りますが、普段あまり音楽を聴かない人であれば気にする必要はありません。通知、ニュース、天気などを確認するだけであれば、十分に満足できる性能です。

スマートホーム化できればいい方にとっては、安価で願いが叶います。

最も安いスマートスピーカー 好きな場所にアレクサを導入!

ここまで紹介してきた通り「Echo Flex」は

・値段がEchoシリーズや他製品の中で最安の2,980円
・コンセントに挿すだけで簡単に設置可能
・拡張ユニットで自分好みの機能を追加できる

という特徴があります。

スピーカーの性能については引けを取りますが、低価格でアレクサを体験したいという人や、Echoデバイス2台目が欲しい方にはぴったりの機種です。

今までEchoを置けなかったあんな場所やこんな場所に設置して、家全体でスマートな暮らしを体感できますよ。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

➜ Amazonで見る

こちらの記事もおすすめ

【2020年版】Amazon Echo全シリーズ比較 あなたが買うべきおすすめ機種
「Echo Dot 第4世代」の特徴は? 他のスマートスピーカーや第3世代と徹底比較!
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る