本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

楽天ふるさと納税」についての限度額、注意点、収入別に寄付上限額の目安表を紹介します。

自己負担額2,000円で済むようにふるさと納税を活用するためには、自分の寄付上限金額を知ることが大切です。損しないためにも、しっかりと限度額を把握しておきましょう。

寄付上限額が3STEPでわかる!
→ 楽天ふるさと納税 かんたんシミュレーターはこちら

お得なクーポン配布中!
楽天市場でお買い物をする
楽天ユーザーは使わないと損! 楽天リーベイツでお得にポイ活しよう [PR]

楽天ポイントがもっとお得に貯まる楽天公式アプリ「楽天リーベイツ」。

リーベイツを経由するだけで、Temu(最大15%還元)やSHEIN(最大7.5%還元)、Qoo10など、楽天市場以外の買い物も楽天ポイントの還元対象に! 提携ショップは800以上!

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

リーベイツをダウンロードする

ポイント最大30.5%還元!

楽天ふるさと納税で返礼品を選ぶ

ふるさと納税の限度額は年収・家族構成で変わる

ふるさと納税の限度額について説明するにあたり、以下の3点がポイントになります。

  • ふるさと納税は寄付金
  • 寄付金にかかる税金の控除は限度額内でのみ受けられる
  • 限度額は年収や家族構成によって決まる

ふるさと納税は寄付金であり、この金額自体には上限はありません。自分が好きな自治体にいくらでも寄付ができ、地域貢献ができます。

ただし寄付金にかかる税金の控除額(還付)には上限が決まっており、この範囲内で寄付してこそ、実質2,000円で返礼品を受け取れます。控除上限額を超えないように注意していきましょう。

また、自分の限度額は、年収や家族構成(未婚か既婚、または子どもの有無など)によって決まり、複雑な計算が必要です。

自分で限度額を導き出すのは難しいので、「楽天ふるさと納税」が公式に出しているシミュレーションを積極的に活用してみましょう。

今すぐ自分の限度額がわかる

寄付限度額シミュレーターへ

収入別・寄付上限の目安

ふるさと納税の寄付上限金額を収入別に紹介します。給与収入に対して寄付金限度額がわかれば、ふるさと納税を選ぶ際の目安になります。

給与収入 寄付金限度額
300万円 2万8,000円
400万円 4万2,000円
500万円 6万1,000円
600万円 7万7,000円
700万円 10万8,000円
800万円 12万9,000円
900万円 15万1,000円
1,000万円 17万6,000円

ふるさと納税額は、以下の条件で算出しています。

  • 年間の寄付金限度額
  • 独身 または 共働き・子なし世帯を想定
  • ふるさと納税の自己負担分2,000円を除く
  • 所得税からの控除額 =(ふるさと納税額-2,000円)× 所得税の税率で算出

楽天ふるさと納税の限度額に関する注意点

「楽天ふるさと納税」の限度額に関して、以下の3つに注意しましょう。

楽天ふるさと納税の限度額に関する注意点

  • ふるさと納税は寄付金
  • 寄付金にかかる税金の還付、控除は限度額内でのみ受けられる
  • 限度額は年収や家族構成によって決まる

ふるさと納税は寄付金であるため、本来限度額を設けていません。限度額が生じるのは、自己負担額2,000円を除いた寄付金全額に対して所得税の還付・控除を受けようとする場合のみです。

全額を控除の対象にするための限度額の算出は、家族構成や年収によって変わってきます。その限度額の範囲内で税金の優遇処置を受けられ、限度額を超えた分に関しては自己負担です。

「楽天ふるさと納税」が公式に出しているシミュレーターを活用すれば、すぐに寄付上限額がわかるので使ってみましょう。

今すぐ自分の限度額がわかる

寄付限度額シミュレーターへ

限度額は年間寄付金の合計

ふるさと納税の限度額は、1月1日〜12月31日までの1年間の寄付金額の合計です。限度額は、年収などに左右されるため、12月の給料額が分かり次第、正確な限度額を計算したいと思う方もいるでしょう。

年が明ければ、その年の控除は受けられなくなるため、年内の限度額すべて寄付したいと考えているのなら、12月末までに支払いが完了するようにします。

その際に便利なのが、オンライン決済です。注意すべき点は、年末ギリギリの利用は、回線がつながりにくくなる可能性があり、決済できない事態にならないように早めの申し込みを心掛ることです。

「楽天ふるさと納税」で利用できるオンライン決済サービスは、以下を参考にしてください。

  • クレジットカード
  • キャッシュレス決済(楽天ペイ、PayPay、Amazon Payなど)
  • キャリア決済(au、ドコモ、SoftBank)

限度額を超えた分は、全額自己負担になるわけではない

ふるさと納税の限度額を超過した場合、全額自己負担になるわけではありません。ふるさと納税の範囲は超えても、「寄附金控除」は適用されます。

ふるさと納税のワンストップ特例制度や確定申告で、超過した分まできちんと申請をすれば、全額自己負担は免れます

ふるさと納税の締め切りは自治体で異なる

ふるさと納税の締切日は、自治体で異なるため、年内に限度額を使い切りたいと考えているのなら、日にちや時間に余裕を持って手続きを進めてください。

「12月31日23時59分までに支払いができればよい」と考えていたら、間に合わないことも。オンライン決済でも、返礼品の残り具合によって日にちを早めて終了する場合や、自治体によって受付終了時間が早い場合があります。

12月28日が官公庁の仕事納めです。オフライン決済でもオンライン決済でも、手続きは早めに済ませておきましょう。

ポイント最大30.5%還元!

楽天ふるさと納税で返礼品を選ぶ

こちらの記事もおすすめ

楽天ふるさと納税は還元率最大30.5%! ポイントを大量獲得する方法
楽天ふるさと納税「よかったもの」おすすめ返礼品 7人のリアル体験談&選び方