ソフトバンクショップの店頭にいる人型ロボット、Pepperくんは知っていますか? 人間のように感情を持ち、コミュニケーションができるロボットって未来感があってわくわくしますよね。今回はそんなPepperくんを自由に操れる新プロジェクトがスタートしたので紹介します。

出典元: ソフトバンク株式会社「Pepper Maker」プロジェクト

動き、音、セリフを自由に組み合わせた、自分だけのオリジナルPepperが完成

約250種類の動きや、約150種類の音や画像、約70種類のセリフなどを自由に組み合わせるだけで、誰でも簡単にPepperの動きを作成することができます。自分が作成したPepperの動きをSNSに投稿して友達と共有も可能。実際にPepperを持っていない人でも楽しむことができる、面白い試みです。
 
※記事執筆時点(2017/2/8 12:00時点)ではスマホからは閲覧のみ(「つくるボタン」にcomming soonの表記)

コンセプトムービー

プロジェクトリーダーの田村淳さんもPepperづくりに挑戦

今回の「Pepper Maker」プロジェクトのリーダーには、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが就任しました。田村淳さんは実際にプライベートでPepperを所有しているそうです。

そんな田村淳さんが作成した作品「親愛なる亮くんへ」は、相方・田村亮さんに向けた面白いメッセージが込められています。

大切な人へのメッセージを込めた作品を募集、コンテストが開催

また、プロジェクトの一環として「Pepperで大切な人を笑顔に」をテーマに、大切な人へメッセージを伝える「Pepper Makerコンテスト」が開催中です。優秀作品には豪華なプレゼントが用意されています。応募作品はコンテストページにて公開され、他の人の作品を見ることが可能です。(詳細はコンテストページにて)

誰でも気軽に開発できるツールが出来たことにより、日常生活のなかでロボットが珍しい存在でなくなる日も近づいているなあと感じるプロジェクトですね。

未来感を感じたい方におすすめしたいアプリはこちら。
2016年、未来を感じた人工知能アプリ10選

Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

lucy

海外生まれ日本育ち。カメラアプリとゲームが好き。趣味は音楽、映画、ゲーム、アプリ探し、カレー。