• このエントリーをはてなブックマークに追加

育成ゲーム『なめこ栽培キット』の新作が登場しました。その名も『なめこの巣』。今作では育成ではなく、巣を作ることがメインとなっています。

ちなみに筆者はリリース直後からハマっていて、毎日なめこたちを眺めては癒されています。そんなハマり中の筆者が、ゲームの簡単な内容と、序盤の進め方を紹介! ぜひご覧ください。

▲ちなみにコチラが、筆者の作った巣。なめこたちが会話したり、てくてく散歩したりと賑やか。

『なめこの巣』のゲーム内容

『なめこの巣』は、地下に広がる空間に、なめこたちの住み家を作ってあげる箱庭ゲーム。

”なめこ”のタケルより、手紙が届くことから物語は始まります。

どうやら、人間の町のような住みやすい巣を作りたいらしい。一緒に巣づくりを手伝ってあげましょう。

はじめは施設もガラガラで寂しいですが、施設を建てたり仲間を呼んだりすることで、どんどんと賑やかになっていきます。

今までの『なめこ栽培キットシリーズ』は育成ゲームでしたが、本作は箱庭ゲームと、大幅に内容をチェンジ。今までの作品と比べると、着せ替えや探索などコンテンツがより充実しています。

また、前シリーズでお馴染みのなめこが住人として登場したり、ほっこりとしたBGMや世界観だったりと、前作が好きだった人も満足できる内容です。

▲「なめ子」や「岩なめこ」が巣の住人として登場。やりとりが可愛くて癒される!

序盤の進め方

基本的には「目標リスト」があるので、そこに沿っていけばゲームを進めることが可能です。目標リストだけでも効率よく進むことができるのですが、さらに時間を有効活用できる進め方を紹介します。

▲ちなみに「目標リスト」は左下のアイコンから確認できます。一つずつ順番にこなしていきましょう。

①手作り工房で「かっこいい石」を集める。

一番初めに「手作り工房」を建てることができます。素材を使わずに「かっこいい石」という民芸品を作れるので、量産していきましょう。

まずは2個の「かっこいい石」を作っておきましょう。

マメ知識なのですが、できるだけ早く「手作り工房」をアップグレードするのがオススメ。「アップグレード」のアイコンがあるのでタップしてください。

加工品置き場のストックが2個だったのが、アップグレードすることで3個に増えました。ストックを増やしておけば、一気に作るときに楽になります。

強化に必要な素材は、「かっこいい石」5個とコイン100NP。序盤でも手に入る素材なので、早めにアップグレードしておきましょう。

②掲示板でアイテムを販売する。

地上に掲示板があって、そこで作ったアイテムを売ることができます。「かっこいい石」を2個集めたら、すぐに販売しましょう。「オタカラ収集屋」という施設が200NPで購入できます。

序盤では、ほとんどが「かっこいい石」の取引になります。待ち時間に手作り工房で制作して、すぐさま売って資金を貯めていくのが良いでしょう。

取引ごとに値段は違うので要チェック。「かっこいい石」1個あたり100NPの取引もあれば、120NPくれることもあります。できるだけ相場が良い取引を探すのがコツです。

③洞窟でアイテムを採掘する。

オタカラ収集屋を購入した後は、かっこいい石を2~3個売って240NPを貯めましょう。「モグラの穴」と呼ばれる洞窟を修理できます。

「モグラの穴」では、なめこを派遣してアイテムを集めることが可能です。

まず、参加させるなめこを選び、「冒険に出発」を押して派遣させます。約1分ほどで戻ってくるので、少し待ちましょう。

この間にかっこいい石を販売して、資金を貯めておくと効率的です。

アイテムを持ち帰ってくるのですが、なめこの能力によって採掘できるかどうかが決まります。初期のなめこのステータスはしぶとさ10・かしこさ10・すばやさ10なので、しぶとさ20が必要な採掘はかならず失敗してしまいます。

そのようなときは帽子を作るのがオススメ。

帽子は見た目をカワイクしてくれるだけでなく、ステータスを上げる効果も付いています。採掘に必要な能力を、優先的に上げていきましょう。

ちなみに最初は「青い帽子」「青いニット帽」「黄色いキャップ」の3つを作ることができるのですが、どれもステータスの上がり方が同じなので、どれを選んでもかまいません。序盤ではかしこさが12あればいいので、帽子を1つ購入しておけば充分です。

ちなみに採掘から帰ってくると、ゲッソリと「枯れなめこ」になっています。回復すると、元の姿に戻るので安心してください。

また、枯れなめこ状態でも問題なく採掘することができます。ちょっと心苦しいですけどね……!

④休憩所から新しい住人をスカウトする。

帽子を装備しても、採掘できないアイテムが出てきます。そのときは、地上の旅人休憩所で新しいなめこをスカウトをしましょう。

それぞれ名前が付いていて、「んふ吉」や「なめこヶ崎なめ次郎」などクスッてなるものばかり。

地上を歩いているキャラをタップすると、ステータスを見ることができます。序盤ではノーマルの「なめこ」の次に、まず「白なめこ」と「オニなめこ」の2種類が登場。ステータスでしぶとさが高い「白なめこ」がオススメです。

『なめこ栽培キット』を遊んだ人も、そうでない人も楽しめる!

今回は序盤の進め方を紹介しましたが、「アイテム集め→手作り工房→掲示板で販売→スカウト」という基本的な流れはそのままなので、特に問題なく進めると思います。

パン屋を建てたりお花畑を飾ったりと、この先どんどんと賑やかになっていくでしょう。なめこたちに囲まれて、のほほんとした時間を過ごしたい人はぜひ遊んでみては?

無課金で最後まで遊べるゲームはコチラ

”完全無課金”のおすすめゲーム14本。無料で最後まで遊び尽くせる!

”きもかわ”がクセになる。おじさんゲーム特集はコチラ

きもかわおじさんゲーム8選。ちっさいおっさんいっぱい

なめこの巣

価格 iOS版: 無料 Android版: 無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いたライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加