さまざまなシミュレーションゲームが話題となるなか、ついにあの大自然の象徴である“山”がテーマの壮大なゲームが登場!

まずは下のトレイラーをご覧頂き、『MTN』の世界観を感じてほしい。

美しさの中にどこか不安や物悲しさを感じる映像。この感覚は、ゲームをはじめればより具体的に感じることができる。

それでは、筆者がトライしてみたプレイの経過をご紹介しよう。

開始すると、なぜかお絵描きモードに。

いくつかお題が出されるので、適当に描いておいた。

そして山が登場。「YOU ARE MOUNTAIN.」とある。スワイプして回転できるほか、2本の指先を使ったピンチイン・アウトで縮小・拡大などができる。

「CONTROLS/NOTHING」。そう、実は『MTN』は50時間、山の自動生成を見守るゲームなのである。

面食らったが、非常に美しいグラフィックとサウンドで心が癒やされる。朝日や星雲を見ているひとときは、けっこういいものだ。

常に起動させておくと、どこからか雨音が。つい外の様子を見てしまったが、それは『MTN』での出来事だった。

さらに数時間が経過。「何が起こるのか」と待っていたが、特に山に変化はない。

夜になった。木々には、おそらくこの山にとって最初の生命体だと思われる蛍が宿りはじめた。

試しに画面をタッチ。すると画面下部2列に音が鳴るパネルがあることが判明した。「いい音楽を聞かせれば山もきっと美しく育つだろう」と思い、ポロポロ鳴らして遊び始めることに。

明くる日。雪深い頭頂部に何かが。

ズームしてみるが、何かわからない。が、今まで、なんの変化もなかった分、なんだかうれしい。そしてこのときを境に、いろいろなものが出現するように。

何かエネルギーを秘めていそうなナゾの物体。

刺さり方がおかしい街頭。

タルにフィルムに1本の歯……。なんだかまったく関係のなさそうなものたちばかりだ。

さらに山には似つかわしくないショートケーキやヨットなども出現し、まるでそこは現代アートの観光名所のよう。ちなみにそれは、今も順調に進行中だ。

本作は一度はじめると、アプリを削除しない限りリスタートができない。他のみなさんの山はどんなふうになったのだろう? 興味は募るばかりだ。

忙しい毎日に疲れてしまったときなどに、あなたも神秘的な『MTN』の世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか。(ライター:Alpha)

  • iOS
  • Android

¥120

Mountain | マウンテン

David O'Reilly

3.20
アプリストアを見る

無料

MOUNTAIN

David OReilly

-

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター