台風大国、日本。2018年の台風21号は関西に大きな爪痕を残しましたが、今後もどれだけ大きな台風がやってくるかわかりません。一方で予想していたほど強くない台風があるのも事実で、現実問題どれくらい警戒していれば良いのかイマイチわかりませんよね。

台風対策で大事なのは、こまめに情報を得ること。予報から進路や勢力が変わることはよくある話なので、まめにチェックして危険度を判断しましょう。

そこで本記事では、台風情報を調べやすいアプリをご紹介。台風対策、または避難する際の参考にしてください。

目次

あわせて読みたい
緊急時に素早く対応するための防犯アプリ特集

『Yahoo!天気』大手の天気アプリは台風専用のコーナーもあり

天気アプリの有名どころ。台風コーナーで詳しい情報を掲載しており、強さや進路をチェックできます。

▲トップページの[メニュー]→[台風]へ進む。

▲直近で迫っている台風の情報を掲載。

▲文章による解説のほか、強さ、進行方向、中心気圧などの細かいデータもある。

▲タブを切り替えると進路予報図に。円が自分の居住地にかぶさるようであれば警戒を。

このあとご紹介するアプリのようにインパクトのある機能こそありませんが、台風の脅威を確認するうえで必要十分なアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

Yahoo!天気

Yahoo Japan Corp.

4.51
アプリストアを見る

無料

Yahoo!天気 - 雨雲や台風の接近がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ

Yahoo Japan Corp.

4.08
アプリストアを見る

『Yahoo!防災速報』台風時は○○を使うな! 対策知識を身に着けよう

こちらもYahoo!のアプリですが、先程の天気アプリと違って防災専用に作られています。

強い台風が来たらどう行動すればいいのか? 防災コラムはぜひ1度目を通しておきましょう。

▲居住地や職場、実家などの地域を複数設定できる。地域ごとの防災・防犯アラートを表示。

▲一例として大雨警報の詳細欄。警報の中でも「!」が付いているものは特別警報に切り替わる可能性が高いので要注意。

▲台風を含め、さまざまな自然災害に対する防災コラムがあるので一読しておきたい。

▲漫画を交えながら読みやすく解説。川や用水路は水が溢れ出ていることが多いので、くれぐれも見に行かないように。

他にもたとえば「送電線に影響し停電になることがあるので、エレベーターを使わない」「マンホールや用水路のフタが開いていることに気づかず踏み外す可能性があるので、水が流れている箇所を歩かない」など役立つ知識を収録。

台風に限らず地震・津波や犯罪についての注意も流れるため、天気アプリとは別に持っておくだけの価値があります。

なおプッシュ通知は細かく設定できるので、「うちは山奥だから津波の通知はオフ。土砂災害の通知はオン」といった具合でカスタマイズするといいですよ。

  • iOS
  • Android

無料

Yahoo!防災速報

Yahoo Japan Corp.

4.24
アプリストアを見る

無料

防災速報 - 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け

Yahoo Japan Corp.

3.45
アプリストアを見る

『アメミル』スマホカメラを通して、リアルな映像で台風の接近を知る

かなり個性的な方法で雨の接近を知るアプリ。スマホカメラを適当な方向に向けると、その先で接近している雨を映像として見せてくれるのです。雨量に合わせて雨音の音量も変わるというこだわりっぷり。

また日本地図を上空から見下ろす3Dマップ機能もあり、天気をチェックすること自体が少し楽しく感じられます。

▲カメラをかざした先で雨が近づいている場合、現実の雨量に合わせた映像・サウンドで雨の様子を見せてくれる。

▲こちらは日本地図の上に棒グラフ化した雨量が表示されるモード。どのあたりでどのくらい強い雨が降っているのか、視覚的にわかりやすい。

▲一般的な2Dマップで、時間ごとの雨量を調べることも可能。

スマホカメラを通して台風の接近を肌で感じられるため、外出時は早く帰宅しようという気持ちにさせられるでしょう。

台風接近時に限らず、普段から雨の様子をチェックするユニークなアプリとして活用したいです。

  • iOS
  • Android

無料

アメミル

Shimadzu Business Systems Corporation

3.24
アプリストアを見る

無料

アメミル

島津ビジネスシステムズ

3.21
アプリストアを見る

『気象ライブ』台風のタイプ、距離、進行方向をわかりやすく表示

非常に情報量の多い天気アプリです。気温、降水確率、週間予報といった定番機能のほか、太陽の位置や月の満ち欠け、視界の良さ、雨の感じ方など豊富な情報がぎっしり詰まっているのが特長。

台風に関しても、その種別や進行ルートを地図上に見やすく表示してくれます。

▲天気に合わせた背景映像付きのおしゃれなデザイン。下にスクロールすると、紫外線、風、降水、台風などさまざまな情報が出てくる。

▲レインマップで雨の接近を確認。色が青から赤に近づくほど大雨となる。

▲サテライトマップで台風の進行ルートを確認。

▲ハリケーン(台風)専用の通知や、注意報を外出前・帰宅前の時間に通知してもらう機能など、細かい通知のカスタマイズも便利。

台風や雨の接近に伴って通知をもらえるので、レーダーを見ながら接近具合を確かめたうえ避難の判断を下してください。

定額制の有料アプリであるという難点はありますが、1年プランにすれば相当安くなるため、まずは無料トライアルで使い勝手を試すのがおすすめ。

通常の天気アプリとしてもおしゃれで使いやすく、快適に天気チェックができるでしょう。

  • iOS
  • Android

無料

気象ライブ - 地域の天気予報

Apalon Apps

3.29
アプリストアを見る

無料

天気ライブ - 地域の天気予報

Apalon Apps

3.35
アプリストアを見る

『台風の追跡』ここまで来ると台風マニア。学術的に興味がある人におすすめ

その名の通り、台風に特化したアプリです。台風の進行ルートや強さなどの基本情報はもちろん、赤外線画像や水蒸気画像といった特殊な写真も掲載。

ただ台風の情報を知って避難に役立てるというより、台風のことを研究したいぐらいの人におすすめのアプリです。

▲視覚的にわかりやすい台風の進行ルート。こうして衛星画像で見ると台風の規模の大きさを実感する。

▲一口に衛星画像と言っても、赤外線・水蒸気・レインボーなど観測方法に違いがある。このあたりは知りたい人だけ見ればOK。

▲台風情報に関する気象庁のWebサイトも、このアプリ内から閲覧できる。

通常の天気予報や通知機能は特にないので、純粋に台風情報を調べ尽くすうえで参考にしてください。

直撃されるのは嫌なものですが、自然現象の1つとして観察する分にはとても興味深いのが台風です。

台風の動きを注意深く見て、外出時の判断基準に

案外アプリによって機能や特色がバラバラで、個性がありますね。とはいえ台風そのものは1つしかないので、とにかくまめに情報をチェックするという意識を持っていればいいでしょう。好きなアプリを使って、今後の台風にも細心の注意を払ってください。

こちらの記事もおすすめ

Android天気ウィジェットおすすめ6選 便利でオシャレにホーム画面を大改造 - Appliv TOPICS

iPhoneにはないAndroidユーザーの特権、それはウィジェットでホーム画面をカスタマイズできる事です。ただアプリアイコンが並んでいるだけのホーム画面は味気ない、そんな方はウィジェットでカスタマイズしちゃいましょう。 今回は数あるウィジェットの中から、天気ウィジェットをピックアップ。機能で選ぶもよし、デザインで選ぶも良し。ビビッと来たウィジェットを使ってみましょう。

mag.app-liv.jp
タクシーを呼ぶなら『全国タクシー』、ビジネスマン利用No1だった理由とは? - Appliv TOPICS

[ Sponsored Content ] みなさんは普段、どんな時にタクシーを利用しますか?飲み会の帰りに終電を逃してしまった時や、仕事で急いでいる時、旅行の時の移動手段としてなど、さまざまなケースがあるかと思います。 東京都では2017年にタクシーの初乗り料金が410円に引き下げられ、近場での移動に以前よりタクシーを利用する機会が増えた人もいるでしょう。そうしたなか、最近話題を集めているのが、スマホでタクシーを呼べる「タクシー配車アプリ」です。 アプリを使えば、従来のようにタクシー乗り場に長時間並んだり、道で空車のタクシーが通るのを待つ必要がありません。スマホからいつでも、自分の希望する場所にタクシーを手配できる、とても便利なサービスです。 今回紹介する『全国タクシー』は、日本国内で450万ダウンロードを突破(2018年4月現在)。多くの人に支持されているその魅力に迫ります。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。