• TOP
  • ツール・サービス
  • 月額たった200円で通信量のお悩み解決! 高速、安全、使い放題の『ギガぞうWi-Fi』大解剖

データ使用量と料金を天秤にかけ選んだスマホのプラン。でもいざ使ってみると意外とギリギリ!? 節約するか、いさぎよく1GB1,000円を追加するか、思い切ってプランを変更するか、本当に悩みますね。

カフェなどに設置されているフリーのWi-Fiスポットも便利ですが、場所によっては速度が遅かったり、セキュリティに難があったり問題点があります。

そこで注目なのが『ギガぞうWi-Fi』「スマホ専用プラン」月額たったの200円で高速、安全なWi-Fiスポットが使い放題になるんです。

「ギガぞうWi-Fi」ホーム画像

▲会員専用のWi-Fiスポットに接続して、通信量を節約。速度、安全性も十分な『ギガぞうWi-Fi』。

WiFi ギガぞうWi-Fi 安心安全にパケット通信量を節約

Wire and Wireless Co.,Ltd.

4.00

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

「データ通信量不足」4つの改善策と4つの悩み

全スマホユーザーの悩みの種と言っても過言ではない「データ通信量不足(ギガ不足)」。その問題を解決する方法として、主に次の4つが挙げられます。

1.データ通信量を追加購入する
2.契約プランを変更する
3.Wi-Fi(ポケットWi-Fi)を導入する
4.フリーのWi-Fiスポットを利用する

ですが、この方法では4つの「悩み」が出てきます。みなさんも心当たりがありませんか?

悩み① 追加購入は1GB 1,000円。割高感が否めない

もし月々のデータ通信量が限界に達しそうな時は追加購入ができますが、やや割高です。

料金は1GBあたり1,000円が一般的。1GBは高画質の動画を視聴すると90分ほどで達するので、だいたい映画1本分に支払うのと同じ感覚。

もちろん動画視聴以外にも通信量は必要になるので、すぐに追加分も失くなってしまいます。

悩み② プランの変更、Wi-Fiの新規契約は複雑&手間がかかる

思い切ってプランの変更やWi-Fiの新規契約をするのも手。600円で月2GB追加できるケースもあり、通信量を都度追加購入するよりもお得です。

しかしオプションや2年縛りなど料金プランの仕組みは複雑で、すべてちゃんと理解すのはかなり大変。またWi-Fiを新規契約する場合は、スマホとは別に管理する手間がかかってしまいます。

たとえ一ヶ月の通信量が少なくても、契約分の料金は支払わなければならないのも、プラン変更の大きな悩みです。

悩み③ 通信速度がいまいち。利用制限がある場合も

通信量節約の心強い味方が、カフェなどに設置されている無料のWi-Fiスポット。しかしこれにも問題点があります。それは場所や混雑具合により通信速度のバラツキが大きいこと。

基本的に10Mbpsあれば問題なくインターネットができますが、場所や状況次第では5Mbps程度になる事もあります。息抜きにカフェで動画を観ようと思ったら、頻繁に止まってイライラなんてケースもしばしば。

中には、1回30分まで、1日3回までなどの利用制限が設けられているスポットもあるのがさらに悩ましいです。

悩み④ セキュリティに問題あり。情報漏えいのリスク

フリーWi-Fiにはもうひとつ重大な欠点があり、通信が暗号化されていません

フィクションですが、スマホの個人情報が漏れて恐ろしいことに……という映画もありましたね。現実に起きないとは言い切れない事例であり、重要データをフリーWi-Fiでやり取りするのは非常に危険。

無料で使えるからと油断していたら、手痛い損失に繋がる可能性があります。

『ギガぞうWi-Fi』の「スマホ専用プラン」が4つの悩みをすべて解決

そこで登場するのが『ギガぞうWi-Fi』の「スマホ専用プラン」。月額200円で全国に設置された高速、安全なWi-Fiスポットが使い放題になるこのプランが、4つの悩みをすべて解決してくれます。

『ギガぞうWi-Fi』とは?

『ギガぞうWi-Fi』はKDDIグループの株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供する、定額制のWi-Fiスポット使い放題サービス。

最も安い「スマホ専用プラン」なら月額200円(税込)で、全国のカフェ・レストラン・駅・公共交通機関のWi-Fiスポット(「SSID:Wi2eap」をはじめとした全国約10万スポット) が使用可能に。

このWi-Fiスポットが高性能で、速度はあらゆるフリーWi-Fiよりも速く、加えて安全性も十分に確保されています。

『ギガぞうWi-Fi』はこんな人におすすめ

・月々のデータ通信量が少ないプランを契約している
・出張、ノマドワークなど外出の機会が多く、頻繁にフリーWi-Fiを利用する
・外出先で重要データのやり取りをすることがある

お金の悩みを解決! 「月額200円」で高性能なWi-Fiが使い放題

『ギガぞうWi-Fi』には3種類のプランがありますが、その中でも個人向けの「スマホ専用プラン」がお得。月額200円で全国の対応施設に設置された高性能Wi-Fiが使用可能に。

もちろん接続制限はなく、いつでも利用し放題です。

●「スマホ専用プラン」のサービス詳細

・専用の高速・安全なWi-Fiスポットが使い放題(※1)
・フリーのWi-Fi通信をVPNで保護
・同時接続は1台まで。利用端末の変更は可能
・支払い方法はクレジットカード、App Store(iOS)、Google Play(Android)の3種類(※2)

(※1)「SSID:Wi2eap」をはじめとした全国約10万スポット
(※2)いずれの場合も料金は月額200円

「ギガぞうWi-Fi」公式サイトの料金プラン説明表

▲『ギガぞうWi-Fi』には3つのプランが用意されており、個人で使うなら「スマホ専用プラン」が断然お得。

煩雑さを解消! 申し込み3分。シンプルで、余計なオプションなし

『ギガぞうWi-Fi』の申し込み方法は非常に簡単。アプリの案内に従って操作するだけで完了。3分もあればすぐ利用可能になります。

料金は税込みで200円ポッキリ。余分なオプションや2年縛りなどの制限もなく、とてもシンプルなプラン形態です。

『ギガぞう』アプリ 初回起動画面

▲アプリを開いて、[新規登録]のボタンから画面の指示に従うだけ。詳しい申し込み方法は後述。

通信のイライラを解消! 高速で、フリーWi-Fiより断然快適

通信の速さにも注目です。筆者が実際に検証した結果、フリーWi-FiやポケットWi-Fiよりも高速でした。動画、データ送信、オンラインゲーム、どれでも快適。

以下は『ギガぞうWi-Fi』、速度が評判の某カフェのフリーWi-Fiスポット、ポケットWi-Fi、某キャリアのWi-Fiスポット、LTEのモバイルデータ通信の速度比較のまとめです。下り、上り、ピンそれぞれの結果を見ていきましょう。

●検証状況
すべて都内某カフェの同じ席で速度を5回測定し、平均を算出。時刻は午後12時~12時半。着席状況は7割ほど。

下り(ダウンロード):高画質動画も快適に視聴可能

ギガぞうWi-Fi カフェ
Wi-Fi
ポケット
Wi-Fi
キャリア
Wi-Fi
モバイルデータ通信
(LTE)
計測結果(Mbps) 67.24 49.89 23.59 27.05 53.79
78.11 41.49 41.69 16.39 110.1
65.06 42.38 33.32 26.85 127.06
58.12 46.59 38.01 20.36 62.71
63.82 46.9 50.27 23.75 60.45
平均 66.47 45.45 37.376 22.88 82.822

※Appliv独自調べ

下り(ダウンロード)はWebサイトの閲覧、動画のストリーミング再生などに影響する要素。『ギガぞうWi-Fi』はWi-Fiの中では最高の平均値66.47Mbpsを記録しました

これだけあれば非常に快適な動画視聴が可能。試しに高画質動画を1時間ほどストリーミング再生しましたが、止まること無く最後まで視聴できました。

上り(アップロード):大容量データの送信もおまかせ

ギガぞうWi-Fi カフェ
Wi-Fi
ポケット
Wi-Fi
キャリア
Wi-Fi
モバイルデータ通信
(LTE)
計測結果(Mbps) 69.99 40.17 8.28 4.73 30
51.8 36.86 8.09 4.38 29.31
80.14 36.95 7.26 4.3 29.44
71.29 33.37 6.42 5.06 30.09
52.21 35.34 5.88 6.06 29.81
平均 65.086 36.538 7.186 4.906 29.73

※Appliv独自調べ

上り(アップロード)はメールなどのデータ送信、ビデオ通話で重要な要素です。

こちらは『ギガぞうWi-Fi』が全ネットワーク中で最速の平均値65.086Mbpsを記録。これは大容量データの送信をスムーズに、ビデオ通話も快適に行える数値です。

ピン(ping値):オンラインゲームもラグ知らずの快適プレイ

ギガぞうWi-Fi カフェ
Wi-Fi
ポケット
Wi-Fi
キャリア
Wi-Fi
モバイルデータ通信
(LTE)
計測結果(MS) 7 5 75 36 34
8 7 70 37 27
8 5 58 40 20
7 5 72 37 27
8 7 69 37 29
平均 7.6 5.8 68.8 37.4 27.4

※Appliv独自調べ

最後にピン(ping値)の比較です。ピンはサーバーとの応答速度を示す数値で、上り下りと異なり数値が小さい方が快適になります。

ピンが大きく影響するのがオンラインゲーム。10以下で非常に快適、50程度なら問題なし、100を超えると操作に支障が出るほどの操作遅延(ラグ)が発生すると考えてください。

ピンの比較では1番の座はカフェWi-Fiに譲ったものの、『ギガぞうWi-Fi』も平均値7.6MSと十分な数字。これならたくさんの人が同時接続するMMORPGもサクサク快適にプレイできます。

※Wi-Fiの速度はアクセスポイントへの接続人数、アクセスポイントまでの距離などさまざまな要因により変動します。あくまで目安として参考にしてください。

セキュリティ問題を解消! フリーWi-FiもVPNで安全に

『ギガぞうWi-Fi』の有料プランで使える専用Wi-Fi「SSID:Wi2eap」 は、EAP-TTLS方式によって高セキュリティが維持されています。

この方式が採用されているのは、『ギガぞうWi-Fi』以外では3大キャリアが提供するWi-Fiくらい。

『ギガぞう』アプリ 利用可能なSSID一覧

▲「SSID:Wi2eap」ではEAP-TTLSの暗号化方式を採用。暗号化されていないフリーのWi-Fiスポットも、後述のVPNで保護してくれる。

加えてフリーWi-Fiの通信も、VPNで暗号化し保護してくれます。たとえ『ギガぞうWi-Fi』の非対応施設でも、安全にWi-Fiを利用可能です。

簡単申し込みで外出先のWi-Fi利用が高速で安定し、しかもセキュリティも万全。200円を出すには十分な価値を感じられるでしょう。

ギガぞう VPNサーバーの仕組み

▲VPNサーバーを挟んでフリーWi-Fiの通信を暗号化。大事な個人情報を保護してくれる。

まだまだある『ギガぞうWi-Fi』の魅力・メリット

全国に対応施設多数。カフェでも新幹線でも、高速回線の利用が可能

対応施設の幅広さも魅力。カフェはもちろん、空港・新幹線を含む全国の公共交通機関、さらに全国の自治体や海外(ハワイ)にも対応しています。

特に新幹線のフリーWi-Fiはアクセスが集中して、通信速度が遅くなりがち。でも『ギガぞうWi-Fi』なら、新幹線でも会員専用電波でサクサクとデータのやり取りができます。

対応施設の詳細はこちら

ギガぞうWi-Fiエリア検索
『ギガぞう』の対応施設(カテゴリー)

▲飲食店から小売店、公共交通機関、海外エリア(ハワイ)まで、生活圏のあらゆる場所で利用可能。

『ギガぞう』アプリ 周辺のスポット検索マップ

▲アプリでWi-Fiスポットを探せる。フリーも含めれば、町の至る所にWi2提供のWi-Fiスポットがある。

会員登録するだけで専用Wi-Fiに自動接続。施設ごとの設定は不要

『ギガぞうWi-Fi』の会員専用Wi-FiスポットはSSID「Wi2eap」を中心に整備されており、会員登録をするだけで専用スポットに自動接続してくれます(※)。

会員登録さえしてしまえば、あとはレストランでも駅でも、対応施設に近づくだけで自動的にWi-Fiスポットに接続。新しい施設に入るたびにわざわざ設定画面を開いて接続せずに済むのも、十分なメリットです。

(※)iOSの場合は、OS側の接続優先度判定により自動接続されないことがあるため、一度手動で接続してみるのがおすすめ。

AndroidスマートフォンのWi-Fi設定画面を開いた状態を撮影した写真

▲Wi-Fiスポットに近づくだけで自動接続。Androidでは優先的に「SSID:Wi2eap」を選んでくれる。

『ギガぞうWi-Fi』の使い方。会員登録から接続まで

会員登録・初期設定

『ギガぞうWi-Fi』の初期設定は、Androidならとても簡単。アプリを起動し[新規登録]をタップ。あとは画面の指示に従ってユーザー登録と支払い方法の設定をすれば登録完了です。

一方iPhoneなどiOS端末の場合は、Wi-Fi自動接続用のプロファイルをインストールする必要があります。ですがインストール方法は初期設定時に詳しく案内されるので心配はありません。『ギガぞうWi-Fi』公式サイトのFAQページにも詳しい方法が載っています。

Android、iOSいずれの場合も、画面の指示に従って操作すればつまづくことはまずありません

WiFi ギガぞうWi-Fi 安心安全にパケット通信量を節約

Wire and Wireless Co.,Ltd.

4.00

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
ギガぞう 初回起動画面とプラン選択画面

▲『ギガぞうWi-Fi』のアプリを起動したら[新規登録]→[ギガぞう スマホ専用プラン]の順にタップ。

ギガぞう ユーザー登録画面と決済方法選択画面

▲あとは画面の指示に従いユーザー登録と決済方法の選択をすれば申し込み完了。

『ギガぞう』アプリiOS版 プロファイルのインストール案内

▲iOSではプロファイルのインストールが必要だが、完了まで丁寧に案内してくれるので安心。

会員登録が終わるとVPN接続設定などの初期設定の案内が表示されます。これも画面の指示に従うだけでOKです。

ギガぞう VPN接続の案内とホーム画面

▲画面の指示通りに操作していき、ホーム画面が表示されれば『ギガぞうWi-Fi』の会員専用Wi-Fiが使用可能に。

接続方法

接続の際、初期設定さえ済んでいれば特別な操作は必要なし。『ギガぞうWi-Fi』の対応エリアに近づくだけでWi-Fiスポット(SSID:Wi2eapなど)に自動接続してくれます。

ただし先述のように、iOSの場合は接続優先度判定により自動接続されない事があります。そのためiOSの場合は一度手動で接続を試してみるのがおすすめです。

Androidスマートフォンのクイック設定パネル画面 「Wi2eap」に接続中

▲「SSID:Wi2eap」対応施設であれば、優先的にそれに接続してくれる。

Androidスマートフォンのクイック設定パネル画面 「Wi2_Club」に接続中

▲「SSID:Wi2_Club」など、Wi2eap以外の会員専用スポットにも自動接続してくれる。こちらも安全性は十分。

月200円で高速通信&通信量無限。1,000円払う前に『ギガぞうWi-Fi』を

施設によって速度にバラツキのある公共のWi-Fiスポットを高速に安定化。しかも安全性が高まる『ギガぞうWi-Fi』の「スマホ専用プラン」は、月額200円を払うには十分なサービスです。

スマホのプランの変更や、データ通信量を1,000円で買い足しするよりもずっとお得!

対応施設でないと利用できないネックはありますが、利用可能エリアの幅広さがそれを補っています。初回契約月は無料なので、まずは気軽にお試ししてみてください。

WiFi ギガぞうWi-Fi 安心安全にパケット通信量を節約

Wire and Wireless Co.,Ltd.

4.00

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る