• TOP
  • 格安SIM
  • 格安SIMでもキャリア決済は使える! 利用できる条件やサービスを比較

キャリア決済は、その名が示す通り大手キャリアが提供している、ネットショッピングやアプリ等での課金に利用できるサービスです。格安SIMの多くはキャリア決済を利用できませんが、中にはそれができる格安SIMも少数存在します。

ここではキャリア決済を利用できる格安SIMを紹介。さらに利用条件などの比較もしていきます。

キャリア決済とは?

キャリア決済は、有料アプリやアプリ内課金、ネットショッピングでの購入代金などを、キャリアの月額利用料金とまとめて支払うサービスです。

ドコモの「ドコモケータイ払い」、auの「auかんたん決済」、ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」などがあります。

Amazonのキャリア決済設定画面

▲Amazonなどでの支払いをキャリアの利用料金にまとめることができる。

クレジットカード不要で簡単に決済できる

キャリア決済を利用すれば、クレジットカード不要でオンライン決済を行うことができます。クレジットカードを持つのが難しい年齢の方がネットショッピングを楽しみやすくなるのはもちろん、セキュリティ面でクレジットカード情報を入力したくないという方も安心して利用できます。

またクレジットカードを普段利用している方でも、カード番号や有効期限などの情報を入力・登録する手間が省け、簡単に代金を支払えるメリットがあります。

クレジットカードの請求明細と同様、毎月の支払い項目・料金はキャリアの発行する利用明細で確認できます。

キャリア決済を利用できる格安SIMは少数

基本的にキャリア決済は各キャリアの利用者向けサービスなので、格安SIMの多くはキャリア決済に対応していません。ですが少数ではあるものの、キャリア決済を利用できる格安SIMが存在します。

以下にキャリア決済を利用できる格安SIMを紹介し、各社の利用条件や利用範囲をご説明します。

キャリア決済を利用できる格安SIM一覧

利用条件 利用範囲
Y!mobile(ワイモバイル) 年齢、利用状況などに応じて限度額が異なる 各種オンラインショッピングの代金、アプリ等の購入分など
※「ソフトバンクまとめて支払い」と同一
UQモバイル 契約者・利用者の年齢、UQモバイルの契約期間によって限度額が異なる事前にau IDの申込みが必要 各種オンラインショッピングの代金、アプリ等の購入分など
※「auかんたん決済」と同一
mineo(マイネオ) Dプラン・デュアルタイプの利用者のみ年齢、契約継続期間によって限度額が異なる Google Playストアでのアプリ、アプリ内サービスの購入のみ
楽天モバイル 楽天モバイルの支払い方法としてクレジットカードを設定している利用者のみデータSIM(SMSなし)ユーザーは利用対象外事前に初期設定が必要年齢などに応じて限度額が異なる Google Playストアでのアプリ、アプリ内サービスの購入のみ

※2020年1月15日現在
※機種によってはキャリア決済を利用できない場合があります。詳細は各社公式サイトにてご確認ください。

Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」では、ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」と同じサービス内容のキャリア決済「ワイモバイルまとめて支払い」が利用できます。

ワイモバイルのトップページ

出典:ワイモバイル

「Ymobile」のキャリア決済は、App Store・Apple Music・iTunes Store 、Google Playでのアプリやサービスの購入、ショッピングサイトでの商品購入などに利用できます。

毎月の利用可能額は年齢や契約内容、利用状況などによって2千円~10万円の範囲で設定されます。

PR ワイモバイルのお申込みはこちら

UQモバイル

auのサブブランドである「UQ mobile」は「auかんたん決済」を利用できます。

UQモバイルのトップページ

出典:UQモバイル

Google Play、App Store・iTunes Storeなどでのアプリ、サービスの購入、各種ショッピングサイトでの商品購入などに利用できます。

利用限度額は、契約者・利用者の年齢やUQモバイルの契約期間によって1,500円~5万円/月の範囲で設定されます。

キャリア決済の利用に際しては、au IDの設定が必要です。au IDは「UQ mobile」の公式サイト内から申し込み・設定できます。

mineo(マイネオ)

Google Playストアでの購入代金を「mineo」の月額料金と併せて支払う、独自の決済サービス「mineoキャリア決済」を提供しています。

マイネオのトップページ

出典:mineo

利用対象となるのは、Dプラン・デュアルタイプのユーザーのみ。他のプラン・タイプに変更すると利用できなくなるので注意しましょう。

「mineoキャリア決済」の利用限度額は、年齢や契約継続期間に応じて2万円~10万円/月の範囲で設定され、利用料金は利用月の翌々月のmineoサービスの料金と併せて請求されます。

なお利用開始前に、mineoマイページでの利用者情報登録が必要です。

楽天モバイル

2019年10月に携帯キャリア事業に参入した「楽天モバイル」では、Google Playストアでのアプリ、サービスなどの料金を楽天モバイルの月額料金とまとめて支払う「楽天モバイルキャリア決済」を提供しています。

楽天モバイルのトップページ

出典:楽天モバイル

「楽天モバイルキャリア決済」を利用できるのは、「楽天モバイル」の支払いにクレジットカードを使用している利用者のみで、他の支払い方法を設定しているユーザーは対象外となります。またデータSIM(SMSなし)の利用者も対象外です。

「楽天モバイルキャリア決済」の利用に際しては、キャリア決済を有効にして月々の最大利用料を決める初期設定が必要です。最大利用料は、利用者・契約者の年齢などによって定められている1万円~10万円/月の限度額の範囲内で設定できます。

またキャリア決済での利用額に応じて、5~6%のポイントを還元するキャンペーン(2019年12月16日~終了日未定)も実施中です。

こちらの記事もおすすめ

BIGLOBEモバイル「エンタメフリー・オプション」とは? 料金・申し込み方法など
「LINEモバイル」のエントリーパッケージとは?メリットや注意点も解説