• TOP
  • ツール・サービス
  • 『ENGLISH COMPANY MOBILE』スキマ時間で英語の「読む・聞く」を鍛える本格トレーニング

グローバル化や急速な情報化など社会が大きく変化するなか、これからの時代を生き抜くビジネスパーソンにとって必須スキルの一つが「英語力」です。なかでも、仕事で使える英語力の基本は、英語を「すらすら読む力」、そして英語で語られている内容を「正しく聞き取れる力」。

これらのスキルがないと「英語の仕様書が理解できない⋯⋯」「英語のメール処理に時間がかかり過ぎてしまう⋯⋯」など、業務に支障が出てしまうことも。さらに言えば、この情報化社会において今後ビジネス成功の鍵は、英語での情報収集力と言っても過言ではありません。

一般に「英語ができる」と言えば、英語で会議ができる、英語で交渉ができるなどの「会話スキル」に目が向きがち。それではあまりにもハードルが高いと諦めてしまうことも少なくないはずです。でも、その一歩手前「英語が読める」「聞ける」というスキルであれば、そこまで習得のハードルは高くないはず。特に大学受験で英語をそれなりに勉強した方にとっては、半年や一年でも情報収集ができるレベルの「読む力」は十分に身につくものです。

最新のビジネス情報の多くは、海外から発信されています。スピードが重視されるビジネスの世界において、それらが日本語に翻訳されるのをゆったりと待っていては、掴めるチャンスをみすみす逃すようなものです。

「いつの間にか自分だけ取り残されていた……」とならないよう、世界の最新情報を自ら直接取りにいってスピーディーに仕事に生かすために、今のうちから英語のリスニング・リーディングスキルを鍛えておくのはいかがでしょうか。

『ENGLISH COMPANY MOBILE』は、スマホ1つで本格英語トレーニングが実践できるWEBサービス。ビジネスパーソンを中心に絶大な支持を集める英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」(以下、ENGLISH COMPANY)が開発を手掛けています。

英語で情報を得て業務効率を格段にアップさせるうえで必要な語彙の知識はもちろん、リスニング・リーディングのスキルまでオールインワンで鍛えられます。

ENGLISH COMPANY MOBILEとは?

『ENGLISH COMPANY MOBILE』は、英語のリーディングやリスニングのスキルをスマホひとつで鍛えられるサービス。第二言語習得研究の知見をもとにした、さまざまな英語学習のメソッドが組み込まれています。

メインとなるトレーニングは「速読リーディング」。「速読リーディング」は、ENGLISH COMPANYが独自開発してスクールで実際に取り入れているトレーニング方法であり、リスニングやリーディングのスキルを向上させる効果があります。日本人にありがちな、英文を後ろから訳していく「返り読み」の癖を改善し、英文の意味を頭(文頭)から理解できるようにします。

これにより、リーディングの正確性・スピードが上がるほか、シャドーイングなどのトレーニングを通して、英語を聴いた瞬間から理解できるリスニング力も習得できます。

仕事で英語を使ったり英語で情報収集したりする際に必要な語彙の知識や、英文をすらすら読めるスキル、そして聞いたそばからスムーズに理解できるスキルを、「速読リーディング」で身につけましょう。

第二言語習得研究とは?

『ENGLISH COMPANY MOBILE』は第二言語習得研究の知見をもとに制作されていますが、第二言語習得研究について聞き馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

第二言語習得研究とは、簡単に説明すると、人間が母語以外の言語(=第二言語)を習得するプロセスやメカニズムを解明する学問のことです。そのプロセスやメカニズムに沿った学習法を使うことで、効率的に第二言語を学ぶことができます。

ENGLISH COMPANY MOBILEはこんな人にオススメ

  • 英語の記事を読んで情報をいち早く手に入れたい方
  • 海外ニュースを聞いて理解できるようになりたい方
  • 英語の論文や仕様書を読みこなせるようになりたい方
  • 海外からのメールの処理のスピードをあげたい方

海外のニュース映像を見たり、記事を読んだりして最新の情報を得たい方、英文のメールや論文・仕様書などを読むスピードをあげたい方などに向いています。

『ENGLISH COMPANY MOBILE』は本格的なトレーニングを低価格で利用できるため、年齢を問わず幅広い層のビジネスパーソンにおすすめだと言えるでしょう。

英語力が身につく5つの特長

1.Nikkei Asiaの英文を教材に、最新の時事英語を学べる

『ENGLISH COMPANY MOBILE』の教材には、アジアで活躍するビジネスパーソンの必読メディア「Nikkei Asia」の時事英文を採用。経済ニュースを教材として取り入れることで、ただ英語を勉強するだけでなく、ビジネスパーソンにとってより親和性の高い題材で実践的な英語学習が可能です。

生の情報を得ながらビジネス上の言い回しを覚えて、英語の記事や英文メールの処理に役立つリーディング力を上げるトレーニングに取り組めます。

2.シャドーイングなどの本格トレーニングで「読む・聞く」スキルを徹底的に鍛える

『ENGLISH COMPANY MOBILE』では、英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」で実際に取り入れられている「速読リーディング」のトレーニングを自宅で実践できます。内容は、チャンクリーディングやサイトトランスレーション、シャドーイングなど、かなり充実。

「第二言語習得研究」の知見をベースに最も効果の出やすい方法・順序に則って開発されたメニューに沿いながら、本格トレーニングを自分のペースで実施可能。

リーディング力はもちろん、リスニング力の向上にも役立つトレーニングです。

3.全レベルに対応した教材・システム設計

『ENGLISH COMPANY MOBILE』では、難易度が1〜5までのレベルで分けられた教材を用意。初級者から上級者まで自分のレベルにあった教材を選ぶことができます。

中上級者にはNikkei Asiaの教材を、初中級者には株式会社アルクの教材が用意されており、時事ニュース以外にも日常的な英語表現に触れながら、挫折することなく取り組んでいけます。

また教材のレベルだけでなく、トレーニング中に流れる英文音声の速度も自由に調整可能。その日の気分にあわせて教材を選んだり、音声速度を調節してトレーニングの負荷を上げてみたりなど、自分のペースで進められる点もENGLISH COMPANY MOBILEの人気の理由の一つです。

4.スマホ1台あればスキマ時間で手軽に実践できる

『ENGLISH COMPANY MOBILE』はスマホ、タブレット、PCさえあればいつでもどこでもトレーニングに取り組めます。1日の学習時間の目安は15~30分程度。忙しいビジネスパーソンでも、通勤時間などのスキマ時間を活用して効果的に英語学習が可能です。

5.3つの料金プラン

ENGLISH COMPANY MOBILEでは、3つの料金プランを用意しています。

一般的な英会話教室のレッスンは月に10数万円と高額で手が出せない人も多いなか、『ENGLISH COMPANY MOBILE』では、シンプルプランが税込み月額3,278円〜(1日あたり110円)と格安なプランも用意。学生の方や新社会人の方などにも手が出しやすい料金になっています。

シンプルプラン バリュープラン フィードバックプラン
料金 月額3,278円(税込) 月額4,378円(税込) 月額21,780円(税込)
教材配信 週8本 週8本 週8本
TOEICオンライン
IPテスト申し込み
認知文法動画 見放題
ウェビナーへの参加
シャドーイングの
フィードバック
パーソナル
トレーニング
21,780円/回(税込)
オプション オプション オプション

全プランに共通しているのは、速読リーディング教材の配信、Nikkei Asia購読権、TOEIC IPテストの申し込み。

その中でもおすすめはバリュープランです。シンプルプランと比較すると、8万部を突破したベストセラー『英文法の鬼100則』著者の時吉秀弥氏がおくる認知文法動画が見放題で、毎月ウェビナーにも参加できます。

一番上のフィードバックプランではシャドーイングの音声を専任トレーナーに送り、自分の発音に対してのフィードバックをもらうことが可能。ひとりでの学習に不安を感じる方でも安心してトレーニングに取り組めます。

速読リーディングはどんなトレーニング?

速読リーディングはリスニング・リーディングで意味を理解するスピードを上げるためのトレーニングです。

トレーニングは以下のような手順で学んでいきます。 筆者はTOEIC650点程度で教材はレベル3を選択しています。

アルクとNikkei Asiaの教材選択画面

▲トレーニングの選択画面で教材を選択。繰り返しトレーニングしたい教材はお気に入りに登録も可。

レベルの見方

初級者:★1〜2
中級者:★3(TOEIC500点以上)
上級者:★4〜5(TOEIC800点以上)

1.リスニングで理解度確認

まずは文章全体のリスニングを行います。音声を1回だけ流し、聴き取れた内容を声に出して説明してみましょう。なお途中で音声を止めないように。自分がリスニングでどれだけ内容を理解できるかをチェックするためのステップなので、この段階では内容を全部理解できなくても大丈夫です。

音声が速くて聴き取れない場合は自分のリスニング力に合わせて速度を変更できます。

ポイント:音声を一度聞いて、どれくらい内容を理解できるか確認する

2.ボキャブラリーチェック

ボキャブラリーチェックでは重要な英単語一覧が表示されるので、「テスト」をタップし、音声の後にならってリピートしましょう。その後、単語の意味を確認。

これを繰り返し、お手本の後に発音と意味がパッと思い浮かぶまで行います。 単語の発音の後に日本語の意味が自動で出てくるのが便利で学習しやすいです。

ポイント:発音と意味の両方を理解する。

ボキャブラリーチェックのトレーニング画面

ボキャブラリーチェックを終えたら画面右上の青い矢印をタップして次に進みましょう。

3.チャンクリーディング

チャンクとは意味のかたまり。チャンクごとで意味を理解できるようになると、英文を文頭から理解できるようになります。日本人にありがちな返り読みの癖を改善しましょう。

チャンクリーディングが可能になるとリーディングスピードがアップし、リスニングではネイティブスピードの音声にもついていきやすくなります。またスピーキングスキルの土台づくりにもなります。

日本語訳の意味を確認する

英文をタップするとチャンク単位で英語音声が流れます。英文を聴きながら日本語を確認しましょう。「まとめて再生」をタップすると、全ての文章を自動で再生できます。

ポイント:英文と日本語訳を照らし合わせて、きちんと文章の内容を理解する。

チャンクリーディング意味確認のページ

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)
チャンクわけ、日本語訳の作成:StudyHacker ENGLISH COMPANY

内容や情景をイメージして音読する

日本語をオフにして音読しましょう。ここで注意したいのは日本語訳を思い浮かべるというよりは、なるべく内容や情景をイメージしながら音読すること。内容が思い浮かばない時はすぐに日本語を表示して確認しましょう。

ポイント:話し手になったつもりで内容・情景をイメージしながら音読すること

チャンクリーディング音読のトレーニング画面

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)
チャンクわけ、日本語訳の作成:StudyHacker ENGLISH COMPANY

4.Sight Translation(サイトトランスレーション)

ここでは内容を理解しているかを確認。Sight Translationはチャンクごとの日本語訳を瞬時に口に出していくトレーニング。

画面右下の「Sight Translation」をタップし、音声が流れたらすぐに日本語訳を言いましょう。チャンク単位で日本語訳が表示されるので、意味が合っていたらOK。

ポイント:英文をチャンクごとに理解できているかチェック。

サイトトランスレーションのトレーニング画面

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)
チャンクわけ、日本語訳の作成:StudyHacker ENGLISH COMPANY

5.Read and look up

このトレーニングではさらにチャンクを定着させ、英文の意味の切れ目を見つけやすくしていくことが目的です。チャンクを見ながら音声を聴きましょう。音声を聴いたあとは顔を上げて、画面を見ずに英文をリピート。リピートしたあとは画面を見て、あっているかを確認します。

ポイント:内容をイメージしながらリズムよく行う。

Read and look up

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)
チャンクわけ、日本語訳の作成:StudyHacker ENGLISH COMPANY

6.暗唱

まずは英語、日本語どちらもオンにして全体を通して数回音読。流暢にできるようになったら英語をオフに。日本語を見ながら英文を暗唱しましょう。

英語が出てこない時、自信がない時はすぐに英語をオンにして確認。全てのチャンクを暗唱できるようになるまで繰り返し練習します。

余裕のある人は日本語もオフにした状態で暗唱してみるのもアリです。

ポイント:全てのチャンクを暗唱できるようにする。

暗唱のトレーニング時の画面

プロソディーシャドーイングで音の聴き取り能力を上げる!

上記のトレーニングののち、『ENGLISH COMPANY MOBILE』で重要なプロソディーシャドーイングを行います。

シャドーイング(プロソディーシャドーイング)

そもそもシャドーイングとは、音声を聴きながら影のように少し遅れて発音していくトレーニングです。シャドーイングにはいくつか種類があり、ここで行うのは「プロソディーシャドーイング」と呼ばれる、内容に意識を向けずに発音に集中し、音を聴き取る能力を上げるシャドーイングです。

具体的なトレーニングとしては、まず再生ボタンをタップして1度全体を通して聴きます。再生速度は0.5〜2.0倍まで0.1刻みで調整可能で、筆者のおすすめは0.8〜1.2倍。

次に英文を目で追いながら2、3単語遅れてシャドーイングします。

プロソディーシャドーイングのトレーニング画面

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)

最終的には英文を見ずにシャドーイングできるようになることを目指します。このトレーニングの目的は、英単語の正しい音声知識をインプットし、音声を聞いた瞬間に、該当する英単語がパッと認識できる状態にすること。

英語を聴いたときに脳内で発音から英単語を検索する作業リソースを減らすことができるので、より文意の理解に意識を向けられるようになります。

プロソディーシャドーイングは高負荷なトレーニングで、リスニングでの聞き取り精度向上に大きな効果があり、スピーキング時の発音改善にもつながります。

また、コンテンツシャドーイングと呼ばれる、文の意味内容まで想起しながら行うシャドーイングまでできるようになると、さらなるリスニング力アップに加えて、リーディングスピードの向上も期待できます。

ポイント:音をよく聴くこと、発音や抑揚を真似すること。

ENGLISH COMPANY MOBILEの料金プラン

シンプルプラン バリュープラン フィードバックプラン
料金 月額3,278円(税込) 月額4,378円(税込) 月額21,780円(税込)
教材配信 週8本 週8本 週8本
TOEICオンライン
IPテスト申し込み
認知文法動画 見放題
ウェビナーへの参加
シャドーイングの
フィードバック
パーソナル
トレーニング
21,780円/回(税込)
オプション オプション オプション

シンプルプラン

シンプルプランは『ENGLISH COMPANY MOBILE』の中では最も安い月額3,278円(税込)で利用できるプランです。

週8本の教材に加えてTOEICオンラインIPテストの申し込みが可能です。オプションのパーソナルトレーニングを単発で受講することも可能です。

バリュープラン

『ENGLISH COMPANY MOBILE』でオススメなのは月額4,378円(税込)のバリュープラン。教材配信、TOEICオンラインIPテスト申し込みに加えて、認知文法動画が見放題。

また第二言語習得研究の専門家が登壇するウェビナーにも参加でき、英文メールを速く読むための技術や英文法などについて詳しく学ぶことができます。

フィードバックプラン

フィードバックプランは月額21,780円(税込)と少し高価ですが、シンプルプラン・バリュープランでできることに加えて、シャドーイングのフィードバックを受けることができます。

シャドーイングのフィードバックでは、専任トレーナーがあなたのシャドーイング音声をフィードバック。 シャドーイング音声は毎日送ることができ、「ひとりだと自分のスキルが上がっているか不安」「どこが弱点なのか自分ではわからない」という方も安心してトレーニングを進められます。

ENGLISH COMPANY MOBILEのサービスを解説

1週間に8つの教材を配信

アルクの教材が毎週月曜・水曜・金曜に配信。日本経済新聞社の英字雑誌Nikkei Asiaの記事が毎週月曜から金曜日に配信。

対象プラン:全てのプラン

TOEICオンラインIPテストの申し込み

『ENGLISH COMPANY MOBILE』のユーザー専用サイトからTOEICオンラインIPテストの申し込みが可能。

対象プラン:全てのプラン

Nikkei Asiaの購読権

個人契約だと月間約18ドルかかるNikkei Asiaの購読権がついてきます。日経新聞の翻訳記事のみでなく独自の記事も英語で読むことが可能。スキマ時間に気になるニュースを読んでみましょう。

対象プラン:全てのプラン

認知文法動画が見放題

認知文法動画では、英語のネイティブスピーカーがどのような物事の捉え方をしていて、それがどのように英語表現に表れているか、という観点で英文法を楽しく勉強できます。「日本語話者はこういう英語を使いがちだけど、実際ネイティブはこのように表現する」など例文を使って解説してくれるので、ネイティブの感覚に近い英語を理解できます。

解説は発行部数8万部を突破したベストセラー「英文法の鬼100則」の著者であり『ENGLISH COMPANY MOBILE』の制作にも携わった時吉秀弥氏。

対象プラン:バリュープラン、フィードバックプラン

ウェビナーへの参加

第二言語習得研究の専門家が効率の良い英語学習法や、『ENGLISH COMPANY MOBILE』の効果的な活用法などについて解説してくれます。ウェビナー中に専門家、講師の方に直接質問することが可能です。アーカイブは過去1ヶ月分残ります。

対象プラン:バリュープラン、フィードバックプラン

ウェビナーの参考画像

▲認知文法動画の参考画像。

シャドーイングのフィードバック

自分のシャドーイングの音声を録音して送ると、専任トレーナーからフィードバックを受けられます。1人で勉強し続けることに不安がある方にとっては、自分の発音の弱点を把握でき、より効率的な勉強が可能に。

対象プラン:フィードバックプラン

※iOS端末では録音できないため、パソコンからの利用がオススメです。

シャドーイングフィードバックの画像1

出典:『改訂第2版 キクタン リーディング【Basic】4000語レベル 』(アルク)
▲トレーニングの最後に録音ボタンが表示。録音を終えると送信や削除が選択できるように。

フィードバックの確認

フィードバックが返ってきたらホーム画面から確認しましょう。お知らせのすぐ下、フィードバック欄にテキストでコメントが返ってきています。

筆者が試してみたところ、フィードバックは音声を送信した翌日の午前には返ってきました。

なおフィードバックはPC・スマホどちらからも確認可能です。

フィードバックの確認画面1

フィードバックでは自分の発音やアクセントなどについて詳細にアドバイスがもらえます。フィードバックを参考に自分がどういった発音が苦手なのか、どのような単語はうまく発音できているのかを把握できます。

フィードバックの確認画面2

▲筆者の発音のフィードバックの詳細画像。

パーソナルトレーニング(オプション)

「ENGLISH COMPANY」の90分のパーソナルトレーニングをスポットで受講できます。

対象プラン:全てのプラン(税込21,780円/回)

効率的にリーディング・リスニング力をアップ!

『ENGLISH COMPANY MOBILE』では短い時間でも大きな効果を得られるように、効率的な学習法で英語を勉強できます。

また、自分のレベルにあった教材を選んだり、音声の再生スピードを変えたり、英語・日本語表記を1タップで切り替えられたりと、自分のレベルに合わせてスムーズにトレーニングを進められます。

これまでは高額で手が出なかった本格的な英語トレーニングも手軽に行えるのは大きなメリットですね。

英語で情報を掴む時代に乗り遅れないよう、『ENGLISH COMPANY MOBILE』で英語の基礎力を底上げしましょう!