• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 「楽天マガジン」解約方法 退会前に確認すべき注意点6つ
本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「楽天マガジン」の解約はWebブラウザからのみ。スマホアプリからは解約手続きを行うことができません。「楽天マガジン」には、このような退会時の注意点が6つあるので、しっかり確認してから解約するようにしましょう。

本記事では解約方法だけでなく、解約するにあたっての注意点についても紹介しているので、ぜひ参考にしながら解約手続きをおこなってください。

お得な企画満載のビッグセール
楽天スーパーSALE開催中! 3/11 1:59まで
楽天ユーザーは使わないと損! 楽天リーベイツでお得にポイ活しよう [PR]

楽天ポイントがもっとお得に貯まる楽天公式アプリ「楽天リーベイツ」。

リーベイツを経由するだけで、Temu(最大12.5%還元)やSHEIN(最大9%還元)、Qoo10など、楽天市場以外の買い物も楽天ポイントの還元対象に! 提携ショップは800以上!

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

リーベイツをダウンロードする

「楽天マガジン」退会時に注意すべき6つのこと

「楽天マガジン」退会時の注意点

  • 「楽天マガジン」アプリからは解約できない
  • 無料期間の適用は初回のみ
  • 解約に適切なタイミングは無料期間と有料会員で異なる
  • 日割りによる返金はできない
  • 楽天会員を退会した場合「楽天マガジン」も同時に解約される
  • 解約後でも請求があるときはカスタマーケアへ問い合わせ

「楽天マガジン」アプリからは解約できない

「楽天マガジン」はスマホアプリからの解約手続きができません。「楽天マガジン」を解約したい場合は、Webブラウザから「楽天マガジン」公式サイトにログインして解約手続きを行う必要があります。

またスマホアプリをアンインストールしただけでは解約したことにはならず、そのまま月額料金が請求され続けてしまうので注意してください。

電話による解約も不可

「楽天マガジン」は電話による解約ができません。「楽天マガジン」を解約するにはWebブラウザから「楽天マガジン」公式サイトにログインして、解約手続きをする必要があります。

解約・退会方法について「楽天マガジン」ヘルプセンターに問い合わせたとしても、電話オペレーターは解約手続きを行なってくれないことを理解しておきましょう。

無料期間の適用は初回のみ

「楽天マガジン」の無料お試し期間の適用は初回のみです。「楽天マガジン」を解約してから再度入会をしても、無料期間は適用されないので注意しましょう。

解約に適切なタイミングは無料期間と有料会員で異なる

「楽天マガジン」を解約する適切なタイミングは、無料期間中の場合と有料会員の場合とで異なります。ここでは会員ごとの「楽天マガジン」を解約する適切なタイミングについて、詳しく説明します。

無料期間は終了間際での解約がおすすめ

無料お試し期間が残った状態で「楽天マガジン」を解約すると、解約手続きを行なった段階で雑誌が読めなくなります。スマホやタブレットなどの端末内にダウンロードしていた雑誌も、すべて削除されるので注意しましょう。

無料お試し期間のみで「楽天マガジン」を利用したい場合は、なるべく長く雑誌を楽しみつつ、解約手続きを忘れないためにも、無料期間終了2~3日前で解約するのがおすすめです。

有料会員はいつでも解約してOK

月額料金を支払って「楽天マガジン」を利用している有料会員の場合は、解約手続き後も会員期間内なら雑誌が読み放題です。

無料お試し期間とは異なり、月額料金を支払った1ヶ月間は解約手続きをしても、引き続き雑誌を読むことができます。

したがって、有料会員の場合は「楽天マガジン」を解約すると決めたタイミングで、解約手続きを行なっておくのがおすすめです。

日割りによる返金はできない

「楽天マガジン」は月額・年額プランどちらも途中で解約しても、残っている日数分の返金はできないので、一度登録した期間は利用した場合と金額は変わりません。

たとえば、1月1日に年額プランに登録して3月31日に解約手続きをしても、12月31日までは「楽天マガジン」の料金の請求はされるので注意しましょう。

楽天会員を退会した場合「楽天マガジン」も同時に解約される

楽天会員を退会した場合「楽天マガジン」も同時解約されます。「楽天マガジン」は楽天会員でないと利用できないため、楽天会員を退会すると「楽天マガジン」も自動的に解約されます。

再度「楽天マガジン」を利用したい場合、楽天会員を一度退会してしまうとアカウントは復活できず、作り直す手間が増えてしまうので注意しましょう。

一方、楽天会員の場合は退会せずに「楽天マガジン」のみを解約すると、再度「楽天マガジン」に登録すれば以前の情報がそのまま利用できます。

解約後でも請求があるときはカスタマーケアへ問い合わせ

「楽天マガジン」の解約後でも請求が続いている場合や、エラーが発生して解約手続きができない際はカスタマーケアに問い合わせてみましょう。

「楽天マガジン」の解約方法

  • STEP1

    Webサイトへアクセスし、[ログイン]をタップ

    楽天マガジン・解約

    ▲アプリからは解約ができないため、Webブラウザから解約手続きを行う必要がある。

  • STEP2

    ユーザーIDとパスワードを入力してログイン

    楽天マガジン・解約

  • STEP3

    ページ右上の[≡]をタップ

    楽天マガジン・解約

  • STEP4

    [ご契約内容の確認・変更]をタップ

    楽天マガジン・解約

  • STEP5

    ページ下部の[解約ページへ]をタップ

    楽天マガジン・解約

  • STEP6

    ページ下部の[解約処理に進む]をタップ

    楽天マガジン・解約

  • STEP7

    ページ下部の[解約を完了する]をタップして完了

    楽天マガジン・解約

    これで「楽天マガジン」の解約は完了です。

「楽天マガジン」の解約・退会方法は簡単

「楽天マガジン」の解約・退会は公式Webサイトからのみ可能です。2,3分で簡単に解約手続きができ、有料会員の場合は解約手続き後も、月額・年額プランの期間中は引き続き雑誌が読めます。

ぜひこの記事を参考に「楽天マガジン」の解約手続きを行なってみてください。

この記事もおすすめ

マンガ読み放題サービスのおすすめ13選 失敗しない選び方まとめ
雑誌読み放題サービスおすすめ人気ランキング12社 楽天マガジン・dマガジンの2強