• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 楽天プレミアムカードにメリットはない? 損益分岐点や口コミを元に切り替えるべきか解説

「楽天プレミアムカード」は「楽天ブラックカード」を除くと、楽天のクレジットカードにおいては最上位クラスのカードです。

世界1,300ヶ所以上にあるラグジュアリーな空港ラウンジを無料で使用できたり、楽天ポイントがザクザク貯まりやすかったりなど、プレミアムの名前にふさわしいさまざまな豪華特典が付いてきます。

特に楽天カードや楽天ゴールドカードをお持ちの方は、切り替えを検討されることもあるのではないでしょうか。

今回、楽天プレミアムカードの具体的なメリットやデメリット、口コミなどを調査したので、クレジットカードの切り替えを考えられている方は是非参考にしてください。

楽天ポイントを高還元!

リーベイツ(Rebates)でお得にポイ活!

楽天公式の高還元率ポイントバックサービス「楽天リーベイツ」。

ファッション、コスメ、日用品などいつものお買い物や旅行予約の際に、リーベイツ経由でストアにアクセスするだけで楽天ポイントが貯まります。Apple、iHerb、Qoo10、ナイキ、DELL、Lenovoなど、人気ストアが700以上提携中。

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

\最大11,000ポイントプレゼント!/

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

楽天プレミアムカードのスペックを各楽天カードと比較

各楽天カードの画像
楽天プレミアムカード 楽天ゴールドカード 楽天カード
年会費 11,000円(税込) 2,200円(税込) 永年無料
利用可能額 最高300万円 最高200万円 最高100万円
基本還元率 1% 1% 1%
楽天市場の還元率 5~7% 3~4% 3%
海外旅行障害保険 最高5,000万円補償 最高2,000万円補償 最高2,000万円補償
ショッピング保険 最高300万円補償 無し 無し
ETCカード年会費 無料 無料 550円(税込)
家族カード年会費 550円(税込) 550円(税込) 無料

※ 楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは誕生月での楽天市場還元率が+1倍
※ 楽天プレミアムカードは選べる特典として毎週火曜・木曜は楽天市場でポイント+1倍

楽天プレミアムカードの年会費は楽天カードや楽天ゴールドカードと比較して、11,000円(税込)と高くなってきますが、その分として利用可能額や楽天市場でのポイント還元率、保険の補償金額が大きく上昇しているのが特徴です。

とは言え、楽天プレミアムカードへ切り替えることで、損をしてしまうのは避けたいところです。

損益分岐点(損も得もせず利益がゼロとなるライン)を確認することで、「どれくらい使えばお得になるか」ということが把握できます。

楽天プレミアムカードの損益分岐点は年間37万円

結論から言うと、楽天プレミアムカードは楽天市場で年間37万円以上利用するとお得になります。

現在楽天カードと楽天ゴールドカードは楽天市場でのポイント還元率は3%となっています。

それと比較して、楽天プレミアムカードは楽天市場でのポイント還元率が最低5%であり、さらに選べる優待特典で「楽天市場コース」を選択すると、毎週火・木は楽天市場での買い物で楽天ポイント+1倍となります。

つまり、ポイント還元率が6%となります。

年会費を考えると損益分岐点は以下の比較をする計算となります。

損益分岐点の計算式

①楽天カード・楽天ゴールドカードでの利用金額×ポイント還元率-年会費(0円)
②楽天プレミアムカードでの利用金額×ポイント還元率-年会費(11,000円)
⇒上記①②の比較

楽天市場での年間利用額 楽天プレミアムカード(6%) 楽天カード・楽天ゴールドカード(3%)
10万円 6,000ポイント-11,000円
=5,000ポイント損
3,000ポイント-0円
=3,000ポイント得
20万円 12,000ポイント-11,000円
=1,000ポイント得
6,000ポイント-0円
=6,000ポイント得
30万円 18,000ポイント-11,000円
=7,000ポイント得
9,000ポイント-0円
=9,000ポイント得
36万円 21,600ポイント-11,000円
=10,600ポイント得
10,800ポイント-0円
=10,800ポイント得
37万円 22,200ポイント-11,000円
11,200ポイント得
11,100ポイント-0円
11,100ポイント得
50万円 30,000ポイント-11,000円
=19,000ポイント得
15,000ポイント-0円
=15,000ポイント得

上記の通り、楽天市場での利用額で計算すると、年間37万円以上を楽天プレミアムカードで支払う場合は、楽天プレミアムカードの方がお得となります。

なお、楽天プレミアムカードの特典である「楽天市場コース」を選ばない場合においては、楽天市場での還元率が5%となるため、年間55万円が損益分岐点となります。

「私はそんなに楽天市場で買い物をすることはないな」と思われる方であれば、年会費無料となる楽天カードがおすすめです。

最大5,000ポイントプレゼント!

楽天カードのお申し込みはこちら

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードのメリット

損益分岐点では、単純なカード利用金額による損得がポイントでしたが、楽天プレミアムカードには楽天市場での還元率以外にも多くのメリットがありますのでその点も見てみましょう。

楽天プレミアムカード5つのメリット

  • プライオリティ・パスで世界中の空港ラウンジが無料
  • 3つのコースから選べる優待特典
  • 最高5,000万円の旅行保険などが自動付帯
  • 家族カード発行でさらにお得
  • 万全セキュリティで安心して使用可能

プライオリティ・パスで世界中の空港ラウンジが無料

楽天プレミアムカードでは、通常429ドル(4万円以上)の年会費がかかるプライオリティ・パスが無料で発行・使用ができます。

世界148カ国600以上の都市や地域にある空港ラウンジが無料で使用できるようになるため、旅行や出張が多い方にとっては、これ以上ないメリットとなります。

もちろん日本国内の空港ラウンジの使用もできます。さらに本来であればビジネスクラスでの航空券を持っていないと入れないラグジュアリーな航空会社ラウンジも使用可能となります。※ 一部提携先ラウンジ

たとえば、羽田空港にある「ANA SUITE LOUNGE」というANA最高クラスの航空会社ラウンジもプライオリティ・パスがあれば無料で使用可能となります。

ANA SUITE LOUNGEの内観

▲ANA SUITE LOUNGEの内観
出典元:ANA

「ANA SUITE LOUNGE」には、シャワーやマーサージチェア、充電などが出来るブースの設備があり、加えて食事やアルコールの提供も行っています。※ サービス内容が予告なく変更となる場合あり

ビジネスクラスの航空券を持っていない場合、通常は最低でも年会費77,000円(税込)がかかる「ANAカードプレミアム」というクレジットカードの所持が条件となります。

年会費11,000円(税込)でプライオリティ・パスが使用できるというのは他のクレジットカードにはない、楽天プレミアムカードの特徴です。

3つのコースから選べる優待特典

楽天プレミアムカードでは3つの選べる優待特典コースがあります。

それぞれお得な内容ですので、ご自身のライフスタイルに合わせてコースを選びましょう。

楽天市場コース 毎週火・木曜に楽天市場で買い物をするとポイント+1倍
トラベルコース 楽天トラベルでオンラインカード決済をするとポイント+1倍
手荷物宅配サービス
エンタメコース Rakuten TVでオンラインカード決済をするとポイント+1倍
楽天ブックスでオンラインカード決済をするとポイント+1倍

楽天市場での買い物が多い方は断然楽天市場コースがおすすめです。

5%の還元率に加えて+1倍となるため、6%の還元率となり、加えて誕生月での楽天市場での買い物はさらに+1倍となるため、最大7%のポイント還元率が目指せます。

楽天プレミアムカードの楽天市場コース

出典元:楽天

旅行が好きな方や出張で飛行機を使用するという方はトラベルコースがおすすめです。

楽天トラベルでのポイント還元率のアップもありますが、それ以上に「手荷物宅配サービス」が便利で有益です。

通常、小さめのスーツケースでも空港までの宅配は2,500円程度かかりますが、年に2回までの手荷物宅配が無料となるため、かなりお得になります。

楽天プレミアムカードの手荷物宅配サービス

出典元:楽天

なお、選択後6ヶ月が経過すれば、他のコースへの変更も可能となります。

選択してみて、意外とこのコースは合わないかもしれないと感じれば、他コースへの変更をしましょう。

最高5,000万円の旅行保険などが自動付帯

楽天プレミアムカードには、国内、国外での旅行保険の補償が最大5,000万円と、とても充実しています。

他の楽天カードと比較すると以下のような差があります。

国内旅行の保険金額 国外旅行の保険金額 動産総合保険
楽天プレミアムカード 最高5,000万円 (自動付帯) 最高4,000万円 (自動付帯)
最高1,000万円(利用付帯)
最高300万円
楽天ゴールドカード なし 最高2,000万円(利用付帯) 最高200万円
楽天カード なし 最高2,000万円(利用付帯) 最高100万円

※「動産総合保険」とはショッピング保険のこと

楽天プレミアムカードの保険は「自動付帯」という点が特徴です。

自動付帯だと、有事の際などに持っているだけで保険の適用がされることになります。

「利用付帯」というのは旅行代金を事前にカード支払いしていないといけないという条件付きになります。

楽天カードや楽天ゴールドカードの場合は、「利用付帯」となるため、その点でも楽天プレミアムカードが優れていると言えます。

家族カード発行でさらにお得

楽天プレミアムカードを所有していると、家族カードが1枚550円(税込)で2枚まで発行可能です。

また家族カードでも付帯サービスはプライオリティ・パスを除いてほぼ同様のサービスを受けることができます。

付帯サービス名 サービス
ポイント還元 通常1%(楽天市場では5%)
付帯保険
空港ラウンジ
プライオリティ・パス
選べる3つのコース
ETC

残念ながらプライオリティ・パスは本会員のみとなりますが、その他特典のメインとなるポイント還元率や付帯保険、空港ラウンジ使用は同様の特典として家族カードでも使用ができます。

支払いについては、本会員の利用限度額内で共有する形となります。もちろん本会員分と家族分でカード毎に支払い明細は確認できるため、家族がどれくらい使っているかも把握可能となります。

また貯まったポイントについては家族間での移動が可能となるため、家族内でポイントをよく利用される方がいればその方へポイントを渡すこともできます。

楽天プレイアムカードでの家族間ポイント交換相関図

出典元:楽天

万全セキュリティで安心して使用可能

楽天カードのセキュリティ

出典元:楽天

楽天プレミアムカードには、安心してカードの利用が出来るように3つのセキュリティ制度があります。

①カード利用お知らせメール
カードの利用状況をメールでお知らせしてくれるサービスです。本会員のみだけではなく家族カードの利用状況も把握できます。都度メールを送ってもらうことで、不正利用があったとしても早期発見につながります。

②商品未着あんしん制度
購入した商品が届かない、明らかな欠品であるなどの理由があった場合など、注文から90日以内で、送料込で30万円以内の補償がされます。

③ネット不正あんしん制度
楽天市場だけではなくインターネットショッピングにおいて、第三者の不正利用が合った場合、不正利用された分の補償をしてくれる制度です。

これだけ安心の補償制度があると、普段の利用からオンラインショッピングにおいても安心して使用できます。

また家族の利用状況なども把握できるので、家族全体でのセキュリテイとなるのもメリットです。

\最大11,000ポイントプレゼント!/

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

楽天プレミアムカードのデメリット

楽天プレミアムカードのデメリット

メリットが多い楽天プレミアムカードですが、人によってはデメリットとなり得る点もあります。

カード発行前にデメリットも確認しましょう。

特典が旅行向けのものが多い

プライオリティ・パスは大変お得な特典ですが、飛行機に乗ることがないような方は基本使用されることがないかと思います。

その他にもトラベルデスクのサポートや旅行保険の補償も大変整っていますが、こちらも飛行機での旅行や出張の機会がない方にとってはあまり恩恵がありません。

実店舗利用だとポイント還元率が一般カードと同じ

楽天市場においては、最大で7%までのポイント還元率となりますが、実店舗でのポイント還元率は1%となります。

そのため楽天市場でのお買い物をされない方だと、ポイントの貯まり方はただの楽天カードと同様になります。

楽天市場では日用品から家電など多くの商品が揃っているので、せっかくなら楽天市場を通してポイントをお得に貯めてみるのはいかがでしょうか。

楽天プレミアムカードの評判・口コミ

実際に楽天プレミアカードを利用されたことがある人たちからの評判を見てみましょう。

楽天プレミアムカードの悪い評判

男性 30代後半

日常利用などにおいて楽天プレミアムカードの不満は特段ありませんが、問い合わせが必要となった際に、カスタマーセンターへ電話しても繋がりにくかったのが不満な点です。

男性 40代後半

旅行に行けない期間が長いと、プライオリティ・パスなどが使用できず、年会費を考えるとあまりお得ではないと感じました。またポイントが貯まりやすいのはいいのですが、基本楽天グループでしかポイントを使用できないのは少し不便に感じます。

女性 40代後半

強いてあげるのであれば、旅行保険に「家族特約」が適用されない点と、実店舗のポイント還元率が一般カードと変わらない点です。

楽天プレミアムカードの良い評判

男性 30代後半

使用してみて気に入っている点は、ポイント還元率がとても高く、かつ楽天ポイントが使用できる店舗が多い点です。そのお店のポイントと楽天ポイントがダブルで貯まることも多いので、いつの間にかポイントが結構貯まっていることがあります。

女性 20代前半

旅行に行く時、いつでも無料で空港のラウンジが使用できるのは魅力的です。時間に猶予がある時はくつろいで過ごせます。また普段のポイント還元率が高いだけではなく、誕生月はさらにポイントが貯まるので、誕生日前までに何を買おうかなど考えたりと、お買い物が楽しくできます。

女性 40代前半

まずカードそのものが目立つ色のため、お財布に入れていてもすぐに取り出せて非常に助かります。また年会費と比較すると4万円以上するプライオリティ・パスが使えたりとコスパが良く、さらにショッピング保険も高額で付いている点がメリットに感じます。

\最大11,000ポイントプレゼント!/

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

楽天プレミアムカードのお得なキャンペーン

楽天プレミアムカードのキャンペーン

出典元:楽天

楽天プレミアムカードではポイントの変動はあるものの、常に入会キャンペーンと切り替えキャンペーンが実施されています。

2022年5月現在においては、新規入会+利用で年会費と同等となる11,000ポイント分のプレゼントキャンペーンが行われています。つまり実質初年度の年会費が無料となります。

新規入会ではなく、切り替えだとしても常時3,000ポイントがもらえるキャンペーンが実施されているため、お得に楽天プレミアムカードへの切り替えができます。

なお、特典は楽天プレミアムカード申し込み日の翌々月の25日頃に付与されます。お得なキャンペーンの時期を確認して申込みましょう。

\最大11,000ポイントプレゼント!/

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

楽天プレミアムカードの切り替え方法と注意点

楽天プレミアムカードの切り替え

【簡単】楽天プレミアムカードへの切り替え方法

すでに楽天カードや楽天ゴールドカードをお持ちの場合は、新規入会ではなく楽天プレミアムカードへの切り替えとなります。

楽天プレミアムカードへの切り替え自体ははとても簡単です。

以下の5ステップで、1~5分程度で完了します。

①「楽天e-NAVI」へログイン

②「カードお申し込み・切替」のボタンから申込み

③切り替え先のカードで「楽天プレミアムカード」を選択

④必要事項の入力後、申込み内容のチェック

⑤申込み完了を選択して完了

【注意】楽天プレミアムカードの切り替えで引き継げないもの

「楽天プレミアムカードへ今すぐ切り替えたい!」と思ったら、まずは切り替え時に引き継げないポイントを確認しましょう。

すでにいずれかの楽天カードをお持ちの方が楽天カードへ切り替える際、全てのデータが引き継げるわけではありません。

引き継げないものとしては主に以下があります。

▼切り替え時に引き継げないことリスト

カード情報
カード番号やセキュリティコードなどのカード情報はいずれも新しくなるため引き継ぎが出来ません。そのため電気やガス代などの各種支払設定をしているものがあれば変更が必要です。

家族カード
家族カードは新たなカード切り替えと合わせて使用ができなくなります。
新たに家族カードの発行が必要となるため注意しましょう。
なお、楽天プレミアムカードの場合は新規発行に550円(税込)かかります。

Edy残高
楽天プレミアムカードの切り替え時にはEdyの残高は引き継げず、0円となってしまいます。そのためEdyの残高は事前に使い切ることをおすすめします。
またオートチャージ機能を設定していると、知らずに自動チャージされてしまうため、
オートチャージ機能の解除もしておいた方が確実です。

楽天プレミアムカードについてのQ&A

ブラックカードに切り替えるには?

楽天プレミアムカードの上には、唯一楽天ブラックカードがあります。年会費は33,000円(税込)となっており、自ら申し込むことはできないインビテーションカード(招待制)となります。

プライオリティ・パスが同伴者2名まで無料、さらにポイント還元率が高まる、最高1億円の海外旅行保険が付くなどの多くの特典が付きます。

ただし、招待条件については明確に記載されていません。少なくとも楽天カードで多くの支払いを行う有料会員である必要はあると想定されます。

そのため、楽天のクレジットカードにおいて自らの申込みが可能な最上位カードは、楽天プレミアムカードとなります。

選べる優待コースは複数選択可能?

優待コースには「楽天市場コース」、「トラベルコース」、「エンタメコース」の3つがありますが、複数選択はできません。選べるのは1つのコースのみとなっています。

ただし、選択してから6ヶ月経過すれば、楽天e-NAVIにて他のコースへ変更が可能となります。

楽天プレミアムカードはどんな人におすすめ?

特におすすめとなるのは、楽天市場で毎月買い物をされる方、毎年旅行や出張で飛行機を使うことがある方になります。

楽天市場ではポイント還元率が5~7%となるため、日々のお買い物でポイントがザクザク貯まります。またプライオリティ・パスにより飛行機に乗る前に優雅な時間を過ごせたりなど、より充実した旅行にすることが出来ます。

それほど楽天市場を使用しない、飛行機にのるような旅行にはいかないという方には、楽天カードがおすすめです。

【まとめ】楽天プレミアムカードはおすすめクレカ

楽天プレミアムカードは年会費11,000円と楽天カードの中では高めの年会費となっていますが、他社のゴールドカードクラスと比較しても特典の面では劣っていないカードです。

むしろ旅行関連の特典に関しては、コスパ最強のクレジットカードと言えるでしょう。

また普段から楽天市場を利用されることが多いようであれば、よりおすすめのカードとなります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、是非検討してみてはいかがでしょうか。

\最大11,000ポイントプレゼント!/

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

こちらの記事もおすすめ

【2022年最新版】楽天のセールカレンダーまとめ 大型セールはいつ?
Amazonクレジットカードは本当におすすめ? 最もお得な支払いカードは?
楽天市場

Rakuten Group, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る