本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

ムームードメインでサブドメインを設定する方法について詳しく解説。初心者でも簡単にできる、わかりやすいガイドで、サブドメインの設定から運用までを一から解説します。ムームードメインを最大限に活用して、効果的なウェブサイト構築を始めましょう!

サブドメインとは?

サブドメインとは既存のドメイン名の下に新たに作成されるドメイン名のことで、主にウェブサイトの構造を整理するために使用されます。

例えば「example.com」というドメインがある場合、「travel.example.com」や「shop.example.com」といった「⚪︎⚪︎⚪︎.example.com」などのサブドメインを作成することができます。

これによりサイト内の各セクションを明確に区分し、ユーザーにとって分かりやすい構造を提供することが可能になります。

Yahoo!の場合

  • https://www.yahoo.co.jp/(本体ドメイン/検索エンジン)
  • https://auctions.yahoo.co.jp/(サブドメイン/オークション)
  • https://chiebukuro.yahoo.co.jp/(サブドメイン/知恵共有サービス)

Yahoo!の場合、検索エンジンを提供しているメインサイト(本体ドメイン)とは別のコンテンツを展開するために、オークション用や知恵共有サービス用にドメインを分けています(サブドメイン)。

ドメインとサブドメインの違い

ドメイン名はインターネット上でサイトを識別するための住所のようなものです。これを取得するには、ドメイン取得サービスを使用します。一方、サブドメインはそのドメインの下に作成される部分で、主にサーバーの管理画面で設定できます。

検索エンジンは本体ドメインとサブドメインを別のものとして見ます。ですから、サブドメインを作った場合、本体ドメインの評価とは異なる評価がされることになります。これはSEO(検索エンジン最適化)において重要な点です。

しかし、サブドメインは本体ドメインの一部であるため、同じ運営会社やプロジェクトが関連していることを人々に示すのに役立ちます。これにより、ブランドの統一感を出すことができるという利点があります。

サブドメインとマルチドメインの違い

サブドメインはWebサイトのURLの一部で、ひとつのドメイン内でさらに細かく区分けするための方法です。例えば企業のウェブサイト内で製品紹介ページとブログページを分けたい時に、サブドメインを使うことで整理ができます。

一方でマルチドメインとはまったく違うもので、レンタルサーバーの機能を指します。マルチドメインを使うと、ひとつのサーバーで複数の異なるドメインのウェブサイトを運営することができます。例えば個人で趣味のブログとビジネスサイトを運営したい時などに、それぞれ別のドメインで運営できるのでコストを抑えることが可能です。

サブドメインはウェブサイト内の整理のために使い、マルチドメインは複数のウェブサイトを効率よく運営するために使うという違いがあります。異なる目的で使うためどちらを使うかは、それぞれのウェブサイトやプロジェクトの要件に応じて選ぶことになります。

ムームードメインでサブドメインを使う利点

ムームードメインはドメイン管理会社として人気があり、サブドメインの設定も非常に簡単です。以下は、ムームードメインでサブドメインを使用する際の主な利点です。

①簡単な設定
ムームードメインの管理画面は直感的で、サブドメインの設定も簡単に行うことができます。初心者でも迷うことなく設定が可能です。

②コスト効率
サブドメインを使用することで新たなドメインを購入することなく、異なるセクションやサービスを展開することができます。これにより運用コストを抑えることができます。

③柔軟な管理
ムームードメインではサブドメインごとに異なるIPアドレスやサーバーに割り当てることができます。これによりサイトの構造を柔軟に管理し、効率的な運用が可能になります。

④SEO対策
サブドメインを適切に使用することで、検索エンジンに対してサイトの各セクションが独立した内容を持っていることを明示することができます。これによりSEO効果を高めることが期待できます。

以上のように、サブドメインはウェブサイトの構造を整理し、効率的に管理するための強力なツールであり、ムームードメインを使用することでその利点を最大限に活用することができます。

ムームードメインでサブドメインを作成する方法

管理画面での設定手順

①ログインとメニュー選択
ムームードメインのコントロールパネルにログインします。左側のメニューから「ドメイン管理」を選び、その中の「ムームーDNS」をクリックします。

②ドメイン選択
サブドメインを作りたいドメインを見つけて、「変更」ボタンを押します。

③カスタム設定へ移動
次の画面で「カスタム設定のセットアップ情報変更」が表示されます。少し下にスクロールして、「カスタム設定」をクリックします。

④サブドメインの情報入力
ここでサブドメインの詳細情報を入力します。
・サブドメイン名を入力
・「種別」で「A」を選び、「入力欄を追加」して、「MX」を選ぶ
・「A」行で、サーバーのIPアドレス(レコード値)を入力
・「MX」行で、サブドメイン名を入力
・「優先度」で、「0」を入力

⑤最終確認と設定完了
「MX」行のサブドメイン欄は空欄のままにして、他の情報が間違いなく入力されていることを確認したら、「セットアップ情報変更」ボタンをクリックします。

サブドメインの名称とIPアドレスの設定

サブドメイン
作成したいサブドメインの名称を入力します(例:travel.example.com)。

種別
レコードの種類を選択します。通常は「Aレコード」を選びます。

内容(自分のサイトのIPアドレス)
サブドメインを割り当てたいサーバーのIPアドレスを入力します。

サーバー側での設定

エックスサーバー
①サブドメイン設定の準備
まず、サブドメインの親ドメインが選択されていることを確認します。次に、「ドメイン項」の中から「サブドメイン設定」をクリックして選びます。

②サブドメインの追加
「サブドメイン設定の追加」のタブを開き、そこに作りたいサブドメインの名前を入力します。もし、SSLを使いたい場合は、「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れましょう。入力が終わったら、「サブドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押します。

③エックスサーバーへの設定完了
この手順でエックスサーバーにサブドメインが追加されます。これで、新しいサブドメインをまるで新しいドメインのように使えるようになります。

④利用開始までの待機
サブドメインの設定が完了しても、すぐには使えません。設定が反映されるまで1時間程度は待つことが一般的ですが、場合によっては数時間かかることもあるので、その間はしばらく待ちましょう。

さくらサーバー
①ドメイン設定画面へ
サーバーパネルを開いて、サイドメニューにある「ドメイン / SSL設定」にカーソルを合わせると、さらにメニューが出てくるので、「ドメイン / SSL 設定」をクリックします。

②新しいドメインの追加
画面が開いたら「ドメイン新規追加」ボタンを押して、新しいドメインを追加する画面に進みます。

③他社ドメインの使用選択
「他社で取得したドメインを移管せずに使う」の部分にある「追加」ボタンを選びます。

④サブドメインの追加
次の画面で「他社で取得された独自ドメインのサブドメインを追加」の項目に、右側にサブドメインの名前、左側に独自ドメインの名前を入力し、「追加」ボタンを押します。

⑤設定完了
これで設定は完了です。さくらサーバーから、ムームードメインで作成したサブドメインが使えるようになります。

ロリポップ
ムームードメインのネームサーバー設定画面で「ロリポップ!」を選択するだけで設定が完了します。

以上の手順によりムームードメインでサブドメインを作成し、サーバー側での設定も完了することができます。

サブドメインの応用設定

別サーバーへの割り当て

ムームードメインでサブドメインを作成した後、別のサーバーへの割り当ても可能です。以下の手順で設定できます。

①ネームサーバー設定の変更へ
サイドバーから順に「ドメイン管理」→「ドメイン操作」→「ネームサーバ設定変更」へ移動し、変更したいドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

②ムームーDNSの使用設定
「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」にチェックマークを入れて、設定を保存します。

③ムームーDNS設定へ移動
サイドバーから「ドメイン管理」→「ドメイン操作」→「ムームーDNS」へ移動し、設定を変更したいドメインの「変更」をクリックします。

④カスタム設定の編集
「設定2」のカスタム設定の部分で、必要な情報を入力または編集し、保存します。

⑤サブドメイン設定の最終化
最後に対象のサーバーでサブドメインに対応する設定を行います。ここはサーバーやサブドメインに応じた設定が必要なので、詳細な指示やマニュアルを参照すると良いでしょう。

ライブドアブログとの連携

ムームードメインで取得したドメインをライブドアブログで使用することも可能です。以下の手順で設定できます。

①ログイン後の操作
ムームドメインのコントロールパネルにログインし、「ドメイン操作」をクリック。次に「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

②ドメインの選択
設定したいドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

③ムームーDNSの選択
「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」を選びます。

④設定変更の保存
画面下部の「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

⑤ムームーDNSの設定
「ムームーDNSのセットアップ情報変更」をクリックし、次の画面で「設定2」から必要な設定をします。

⑥入力情報の記入
2つの入力欄に以下の内容を入力します。
ひとつ目:サブドメインは空欄、種別は「A」、内容は「203.104.130.159」
ふたつ目:サブドメインに好きな英字、種別は「CNAME」、内容は「mobile-blog-01.livedoor.jp」

⑦設定の保存
「セットアップ情報変更」をクリックして設定を保存します。

⑧待機
この設定が反映されるのには最大72時間ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

カスタム設定の詳細

ムームードメインでは、サブドメインのカスタム設定も可能です。以下の設定が一般的です。

MXレコード
メールサーバーへのルーティングを設定するために使用します。

TXTレコード
サイト認証やSPFレコードなど、テキスト情報を提供するために使用します。

TTL設定
DNS情報のキャッシュ時間を設定することができます。特定のサービスとの連携時などに調整が必要な場合があります。

以上のようにサブドメインの応用設定はサイトの運用をより柔軟にし、さまざまなサービスとの連携を可能にします。ムームードメインの管理画面は直感的で使いやすく、初心者でもこれらの設定を行うことができます。

サブドメインの活用例

コスト削減のメリット

サブドメインを使用することで新たなドメインを購入する必要がなく、異なるセクションやサービスを展開することができます。例えば、shop.example.comのようなサブドメインを作成することで、オンラインショップ部分を分離し別のドメインを購入するコストを削減できます。

サイト構造の柔軟な管理

サブドメインを使用することでウェブサイトの各部分を明確に区分し、管理を柔軟に行うことができます。例えば企業サイトで製品情報、サポート情報、ブログなどをそれぞれサブドメインで管理することで、内容の更新やメンテナンスが容易になります。

またサブドメインごとに異なるサーバーやプラットフォームを使用することも可能で、最適な環境で各セクションを運用できます。

SEO対策としての効果

サブドメインは検索エンジンに対してサイトの各セクションが独立した内容を持っていることを明示する効果があります。

これにより各サブドメインごとに特化したSEO対策を行うことができ、検索エンジンの評価を高めることが可能です。例えば特定の製品カテゴリに焦点を当てたサブドメインを作成することで、そのカテゴリに関連するキーワードでの検索結果のランキングを向上させることができます。

以上のようにサブドメインの活用はコスト削減、サイト構造の柔軟な管理、SEO対策など多岐にわたるメリットを提供します。

サブドメインの設定と削除の注意点

設定内容の反映時間

サブドメインの設定内容は即時に反映されるわけではありません。DNS情報がインターネット上に広がるまでには、通常24~48時間程度の時間がかかることが一般的です。

この期間はDNSのTTL(Time To Live)値にも依存します。設定後すぐにサブドメインが機能しない場合でも、一定時間待ってから再度確認することが重要です。

サブドメインの削除方法

サブドメインの削除は、ムームードメインの管理画面から行うことができます。以下の手順で削除できます。

①変更を開始
ムームドメインのコントロールパネルにログイン後「ドメイン操作」の中から「ムームーDNS」を選びます。対象ドメインの横にある「変更」ボタンをクリックします。

②設定2の編集
表示されたページ下部にある「設定2」の欄へ移動し、次のように変更します。

「サブドメイン内の英字」は削除
「種別:A」は「—」に変更
「サービスの数字」も削除

③設定の保存
変更が終わったら「セットアップ情報変更」ボタンをクリックします。

④設定の確認
「カスタム設定のセットアップ情報確認」画面が表示されれば、設定完了です。

削除後も、DNS情報の反映には時間がかかる場合があるため、削除が完了したとしても一定時間は旧情報が残ることがあります。

サブドメイン設定に関するまとめ

サブドメイン設定の重要性

ムームードメインでのサブドメイン設定はウェブサイトの構造を整理し、コンテンツの管理を効率化するための重要なステップです。サイトの各セクションを明確に区分し、管理を柔軟に行うことができるため、ユーザー体験の向上やSEO対策にも寄与します。

サブドメインの活用によるビジネス上の効果

サブドメインの活用はコスト削減、サイト構造の柔軟な管理、SEO対策など多岐にわたるビジネス上の効果を提供します。特に新しいサービスやキャンペーンの展開に際して、サブドメインを活用することで迅速かつ効率的に対応することが可能です。

今後の展望

今後、ウェブサイトの構造がさらに複雑化する中で、サブドメインの活用はさらに重要になると考えられます。人工知能や機械学習などの先端技術との連携も進展し、サブドメインごとに最適化されたコンテンツ提供が期待されます。またセキュリティ対策としてのサブドメインの活用も進展するでしょう。

ムームードメインでのサブドメイン設定は、現代のウェブサイト運用において欠かせない要素です。その活用はサイト運用の効率化、ビジネスの拡大、未来の技術トレンドへの対応など、多岐にわたる効果をもたらします。これらの理解と適切な活用により、ウェブサイトの価値を最大限に引き出すことができるでしょう。