本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「Appliv TOPICS」は20~69歳男女1,880人を対象に、2023年12月5日~12月11日の期間で、ブラックフライデーセールに関するアンケートを実施しました。

楽天ユーザーは使わないと損! 楽天リーベイツでお得にポイ活しよう

楽天ポイントがもっとお得に貯まる楽天公式アプリ「楽天リーベイツ」。

リーベイツを経由するだけで、TemuやSHEIN、Qoo10など、楽天市場以外の買い物も楽天ポイントの還元対象に! 提携ショップは800以上!

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

リーベイツをダウンロードする

ブラックフライデーの開催認知度 Amazonが86.9%、楽天市場が76.5%

ブラックフライデーセールを知っていたか

2023年11月24日~12月1日にAmazonで、2023年11月21日~11月27日に楽天市場で「ブラックフライデー」を冠したセールが実施されていたことを知っているかを尋ねました。

Amazonでは「知っていて買い物をした」が43.5%、「知っていたが買い物をしなかった」が43.4%で、開催の認知度は合計86.9%でした。

楽天では「知っていて買い物をした」が29.7%、「知っていたが買い物をしなかった」が46.8%で、開催の認知度は合計76.5%。ブラックフライデーで買い物をした人は、Amazonの方が13.8ポイント多い結果となりました。

人気商品は「日用品」「食料品」「パソコン」「家電」 楽天市場は「衣類」「インテリア」も人気

ブラックフライデーで購入したもの

Amazonでブラックフライデーで買い物をした783人、楽天市場のブラックフライデーで買い物をした521人に、購入した商品ジャンルを尋ねました。

Amazonと楽天市場の上位4つは、「日用品」「食料品」「パソコン・周辺機器」「家電」で共通しています。Amazonでは特に「日用品」「パソコン・周辺機器」「家電」が楽天市場よりも人気が高いです。

一方で楽天市場は「衣類」「家具・インテリア」がAmazonよりも売れている傾向にありました。

購入金額は1万円前後に集中 高額使用者は楽天市場の方が多い傾向

ブラックフライデーで使用した金額

Amazonでブラックフライデーで買い物をした787人、楽天市場のブラックフライデーで買い物をした524人に、使用した金額を尋ねました。

Amazonと楽天市場、どちらも「5,000~9,999円」「10,000~19,999円」と1万円前後の金額帯が多いです。

3,000円未満ではAmazonが楽天市場より多い一方で、40,000円以上の金額帯では楽天市場がAmazonを上回る傾向にあります。楽天市場のブラックフライデーでは、買い物をしたショップ数に応じてポイント還元率が上がる「ショップ買いまわり」を実施していたため、使用金額の多い人が増えたのかもしれません。

こちらの記事もおすすめ

【2024年5月】Amazonセール次回はいつ? 年間スケジュール一覧と安くなるもの
【2024年5月】楽天セールの開催時期まとめ いつ開催されたか分かるカレンダー付き

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年12月5日~12月11日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:20~69歳男女
サンプル数:1,880人
◇年齢
20~29歳:481人
30~39歳:406人
40~49歳:339人
50~59歳:323人
60~69歳:331人
◇性別
男性:946人
女性:934人

※本アンケート結果は小数点以下任意の桁を四捨五入しています。合計が100%にならない場合があります。

本データの利用条件

1 情報の出典元として、「Appliv TOPICS」の名前を明記してください。

2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
 https://mag.app-liv.jp/archive/148099/

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。

4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。

TAG