• TOP
  • アプリレビュー
  • カワイイ植物を育てながら、水分の補給管理ができる! 『Plant Nanny 植物ナニー - かわいい植物と一緒に水分補給をしよう!』を使えば、体調管理もバッチリ!

 人間が生きていくためには水分補給は欠かせない。今まで水分補給を管理するアプリを使って自分の水分補給管理を試して挫折した人はいないだろうか? そんな人にオススメしたいのが『Plant Nanny 植物ナニー - かわいい植物と一緒に水分補給をしよう!』。

 このアプリは育成ゲームと自身の水分補給管理が行えるという、エンターテイメント要素を含みながら健康管理ができるアプリ。カワイイ植物を育てながら、ユーザーが1日に必要な水分を補給・管理が行えるという、育成ゲームの癒し要素を含んだ健康管理アプリだ。というわけでこれまで水分補給の管理に失敗してきた人でも、植物を育てながら水分補給をすれば、きっと続けられるハズだ。

 というわけで早速アプリを起動してみよう。まずは自分の体重と一日の運動量を指定していこう。するとユーザーが1日に必要な水分が算出される。

筆者の体重と運動量を指定したところ、1日に必要な水分は「約3リットル」と自動で算出してくれた。

 次に育てたい植物を選ぶ。初回時に選べる植物は「ポトス」と「タンポポ」の2種類。育てたい植物を選んで植物に名前をつけていく。さらに普段使うコップやグラスの作成をしていこう。各コップが一覧で表示されるので、自分が使っているコップを選んでいざゲームスタート!

初期状態で育てられる植物は2種類なのでそこから「ポトス」を選択。

植物の名前も自由に決めることができる。

育てる植物が決まったら次にグラスを選択。普段自分が使っているグラスやコップに似たものをセレクトしていく。この選択したグラスで自分自身も水分を補給していくことになる。

 すると画面上に選んだ植物が鉢植えに植えられている。そして自分自身が水分を選んだグラスで補給した時だけ、画面右下にある丸く囲まれた「グラス」の部分をロングタップしよう。すると水分を補給したことが画面に表示される。この調子で水分を補給した時だけグラスボタンをロングタップして、1日の水分を補給していこう。

育てる植物とグラスが決まったら、グラスの部分をロングタップすることで水を1杯飲むことができる。

指定したグラスで水を飲んだ時だけ、アプリの水を飲むボタンを押さないと、単なる育成ゲームになってしまうので、必ず水を飲んだ時だけ植物にも水をあげるようにしよう。

水を1杯飲むとその日に必要な水分量のグラスがひとつ減る。筆者の場合、指定のグラスで7杯、水を飲むことで一日の水分が充分に補給されたことになる。

 そしてきちんと1日分の水分を補給すると、水分補給が完了したことでミッションが達成される。ちなみに初日の1日分の水分を補給すると植物もレベルアップするぞ!

見事1日分の水分を補給したら目標が達成される。

毎日水分を補給することで植えた植物も育っていく。毎日必要な水分を飲み続ければ、水分補給とともに育てている植物にも愛着がわいていくだろう。

 この調子で毎日水分を補給した時だけグラス部分をロングタップして植物の成長とともに水分を補給していこう。また、別の植物を育てたい場合は課金アイテムの「種」を購入しないといけないが、それさえ気にしなければ、最初に選んだ植物とともに水分管理をしていけば無料でプレイ可能なので、毎日楽しく水分管理をしていこう。

  • iOS
  • Android

無料

Plant Nanny 植物ナニー - かわいい植物と一緒に水分補給をしよう!

FOURDESIRE CO., LTD.

3.36
アプリストアを見る

無料

Plant Nanny 植物ナニー

Fourdesire

3.30
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を書いたライター

水沼豊

Windows関連の記事からネットの時事ネタ、各種アプリなどの解説などをメインに、アキバ系からアンダーグランドなネタまで依頼された仕事は絶対に断らないフリーランスの編集者、兼ライター。

現在、別ペンネームでAmazon Kindle版で刊行されている海外移住促進者向け電子書籍「シックスサマナ」に、秘密の記事を連載中。