朝目覚めて時計を見ると「8:50」……やばい、始業時間の10分前だ!どうして、こんなことになってしまったのでしょうか?1時間前に戻ってみましょう。

朝8時、あなたはアラームが鳴っているのに気付いて、寝ぼけながら目ざまし時計を探しています。無意識でアラームを止めると、安心しきったのかスヤスヤと二度寝を始めてしまいました……。

なるほど……アラームが簡単に止められる目覚ましだから、二度寝をしてしまっていたみたいですね!
そこで、今回は簡単にはアラームを止められない目覚ましアプリを紹介します。遅刻をしたくない人は必見ですよ!

■振りまくらないと、大音量が鳴りやまない!『デラオキ』

この目覚ましアプリは時間になると、大音量のアラームが部屋中に鳴り響きます。焦りながらスマホに手をかけるものの、普通には止まってくれません。

なんと、50回もスマホを振らないとアラームが止まってくれないのです! アラームを止めたころには、体も温まりスッカリ目が覚めているでしょう。

▲50回スマホを振らないと鳴りやまない!20回あたりで既に目はパッチリ

▲シンプルなデザインの目覚まし時計。アラームの設定がとっても簡単

デラオキ

Shuji Takahashi

3.52

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

■早朝の計算問題はガツンと来る!頭が冴えわたる『熟睡アラーム』

起きた時ボーっとしていませんか?頭が眠ったままだと、すぐに夢の中へ連れて行かれちゃいますよ。

そんな時は、このアプリがおすすめです。計算問題を解かないと、アラームが止まらない仕様になってます。朝は頭の体操をして、シャキッと目覚めてみませんか?

▲寝起きの頭には堪える、難しめの計算問題。朝から頭をフル回転!

▲計算問題のレベルを上げることができるので、脳が活性化される。朝一の仕事もバリバリこなせる

熟睡アラーム‐睡眠が見える目覚まし時計

株式会社C2

3.34

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■写真を撮ってアラームを止める?写真照合機能が新しい『おこしてME』

目が覚めたとしても布団に入ったままだと、気持ち良くてつい二度寝してしまいますよね。強制的に布団から出る方法は無いのでしょうか?

このアプリは、部屋の写真を撮らないとアラームが止まらない目覚ましアプリです。洗面台の写真をセットしておくと、洗面所まで撮影しに行かないと鳴り止まないので、二度寝することは絶対にありえません!

▲洗面台を写真で撮って、ようやくアラームが止まる。布団からの脱出に成功だ!

▲ライブラリに入っている音楽をアラームにできる。大音量のヘビメタにすれば必ず目が覚める!

おこしてME ( アラーム )

Delight Room Co., Ltd.

3.33

iOS:120円Android:980円

App Storeを見る
Google Playを見る

■目覚めると同時に始まる、可愛いモンスターのミニゲーム『アラームモン』

ボケっとした頭を起こすためにも、ミニゲームをしてみてはいかがですか?

この目覚ましアプリでは、アラームが鳴ると同時にミニゲームが始まります。制限時間内にタップしたり、ジグソーパズルを解いたりと色々なミニゲームが楽しむことができますよ。ミニゲームをクリアしないと目覚ましが鳴りやまないので、はっきりと目が覚めることでしょう!

▲夢の中でうなされてる!制限時間内に起こしてあげるミニゲーム

▲キュートなキャラクターたちの目覚まし時計。キャラによって異なるミニゲームを楽しめる

アラームモン (AlarmMon alarm clock)

Malang Studio Co. Ltd,

3.32

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■お兄ちゃん、もっとなでなでして!『なでなで目覚まし』

カワイイ妹に起こしてもらう……妹がいない男性には夢のまた夢のようなシチュエーションですよね。

この目覚ましアプリでは、ツインテールが可愛い妹「かのん」が優しく起こしてくれます。起こしてくれたご褒美になでなでしてあげられますよ! なでなでして好感度ゲージをMAXまで貯めないといけないので、なで終わった頃には目が冴えているでしょう。

▲起こしてくれたお返しになでなでしてあげる。ゲージ満タンまで撫でないと、いじけちゃう!

▲アラームは複数セットできる。目覚まし以外にも、昼寝などで使える

なでなで目覚まし

Interlink Corporation

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

寝ぼけているのを解消するために大事なのは、「適度な運動」と「頭を働かせること」です。
今回紹介したアプリはどれも、アラームを止めるために腕を振ったり計算したりしないといけないので、寝ぼけずに起きることができます。

これからは二度寝を防いで、遅刻ゼロを目指しましょう!