• TOP
  • ゲーム
  • 【攻略】『1000mゾンビエスケープ』で1000m行くまで帰れま千!

コンパスのようにくるくる回転しながら、ゾンビだらけの道を進んでいくカジュアルゲーム『1000mゾンビエスケープ』。
慣れないうちは真っ直ぐ進むことすらままなりません。しかし、そのもどかしいアクション性がクセになってくる、不思議な面白さのゲームです。

▲カックカクのポリゴンが可愛くてポップ!BGMもクールだから、ノリノリで遊べる。

1000m ゾンビエスケープ!

Oink Games Inc.

3.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

さて、目標となっている「1000m」に到達できた人は、果たしているのでしょうか?ゴールできたという話を聞いたことがありません。

そんな話をしていると、「ならば1000mを達成し、ゴールするためのテクニックを見つけろ!」と編集長から直々の命令があり、

筆者の『1000m行くまで帰れま千』という企画が始まってしまったのです……。

正直なところまったくゴールできる気がしなかったのですが、命令ならば仕方がありません!5日間、1日のプレイ時間は2時間と決めて、合計10時間みっちり攻略をしてみました。

■初心者が気をつけるべき、3つの基本ポイント

『帰れま千』の結果発表の前に、今回のチャレンジで見つけた3つのポイントがあるので、まずはそちらをご紹介します。これからプレイする人、初心者の方は心に留めておくと、スタートダッシュをスムーズに決められますよ!

①連打はするな!

タタタンッと連打するのはオススメしません。急ぐ気持ちはわかりますが、連打をするとどうしても方向を定めづらく、意図しないところに行ってしまいやすいです。

▲トコトコトコ~って、おねえさーん!そっちじゃないよー!

進行方向へ確実に進むには、タン・タン・タン……と一定のリズムをしっかり刻んでいきましょう。

▲音楽のビートにノるようなイメージでリズムを刻めばOK!

②端っこは避けろ!

ゾンビを見ると距離を取りたくなって、気がつくと端っこに行きがちです。しかし、あまり端に寄り過ぎると命取り!後ろは建物で退路がないので、追いつめられると逃げようがないのです。

また、標識や車などの障害物に阻まれて進めなくなる場合もあります。

▲隙間を抜けようとして標識に邪魔されたパターン。もたもたしている間にも、ゾンビたちは間合いを詰めてくるぞ!

やむを得ない場合を除き、できる限りスペースの広い真ん中付近を歩くようにしましょう。

③火炎放射器を信用するな!

200m毎ぐらいに手に入る”火炎放射器”は、ゾンビを焼き払い、車を吹っ飛ばすパワーがありますが、過信は禁物です。

注意点は2つ。

まず、炎の勢いに惑わされないようにしてください。これに気をとられていると、さっきまでテンポよく前に進んでいた歩みが乱れがちです。
決してゾンビたちを焼き払おうなどと考えず、今までどおりの動きを続けましょう。

もう1点は、吹き飛ばした車に気をつけてください。
火炎放射器で爆発させた車は、炎上して落ちてきます。これにぶつかればゲームオーバー。落ちてくる位置には要注意です。

▲自分でつけた火にやられるなんて……。最も悔しい死に方です。

■ゾンビが増えて危険!3つの難所

1000mへと向かう途中、ゾンビが増えてきたと感じる危険な地点が3つあります。

①150m地点

この手前まではチュートリアルだったのだと感じさせられるでしょう。
150mを過ぎたあたりから、1画面内にゾンビが3体くらいに増加!最初に訪れる難関です。

▲ちょうど日が落ちてくる頃。夜の方がゾンビは活発なのかな?

とは言え1~2時間くらいプレイしていれば、3体なら余裕でかわせるようになります。
最初は難しいと感じるかもしれませんが、鼻歌を歌いながら通過できるように、まずは頑張りましょう。
ボムはまだ使っちゃダメですよ!もったいない!

②350m地点

さらにゾンビが増え、このあたりから1画面内に5体くらいになります。

▲感染がじわじわ広がっているのか?

ここで死ぬかどうかが、ひとつの記録の分け目でした。慣れてきても車やゾンビの配置次第では余裕で死ねます。

ですが、まだボムを使わなくても自力で切り抜けられる余裕があるのも事実。ボムの使用回数はたったの2回なので、ここは後半のために使わず温存しておきたいですね。

③550m地点

本格的にヤバくなってくるのがココ。ついに1画面内のゾンビは7~8体と増えます。

▲ゾンビパンデミック!1000mまでまだ半分なんですけどー!

こうなってくると、いよいよ自力だけでは切り抜けられないシーンが出てきます。そこは命あっての物種。ダメだと感じたら、容赦なくボムを使いましょう。

▲ドッカーン!気持ちいいけど、使えるのは2回だけ。

■『1000m行くまで帰れま千』の結果は……

1日約2時間程度、それを5日間みっちりプレイしました。総プレイ時間は10時間以上!その結果は……

「673.9m」が最長記録。1000mには届きませんでした。申し訳ありません。(平身低頭謝罪して、お家に帰らせていただきました。)
10時間ごときで甘いんだよ、出直してこいってことですかね……。

600mを超えてくると、ゾンビの数もハンパないんです。

▲たーすーけーてー。

回り道をしようと思ってもゾンビ、いったん後退しようと思ってもゾンビ、八方塞がり状態になってしまいます。正直、クリアできるがまったくしない状態……。

■テクも必要だけど、結局は「運」次第?

今回の挑戦を通して、ゾンビの間を抜けていく操作テクニックと同じくらい、「運」も必要だと感じました。

ゾンビや車の配置はランダムです。自分の進んだ方向にゾンビが少なかったり、車がいやらしい並び方で邪魔をしていたり、プレイする度に状況が異なります。
テクニックと運、その2つがいい塩梅でシンクロしたときに「1000m」が見えてくる!……のかもしれません。

■チャレンジは続行!続報を待て!

1000m達成はまだ諦めていません!引き続き、チャレンジは続行していきます。次にご報告するときはゴールしたとき!……かもしれません。
みなさんもご一緒に挑戦してみませんか?

1000m ゾンビエスケープ!

Oink Games Inc.

3.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません