• TOP
  • ゲーム
  • 望み通りの場所に住居を建設するには? 匠の技術指南編

「あ、ここに家を建てようと思ったのに、違う場所に建てちゃってる!?」とならないための、住居建築テクニックをご紹介したいと思います。

ゲームがどれくらいで進むかでやりかたも変わってくるので、段階を踏んで見ていきましょう!

その1:土地の整形テクニックで各段に空き地利用がラクに

序盤はなだらかな土地が多いですが、「発展のかがり火」を灯していくと利用できる土地がドンドン険しくなってきます。

こんな時、狙って住居を建てたいのなら「その分だけ」土地を整形するのがオススメ。

この建てたい分だけ土地を整形するテクニックは、ゲームスタート時から実は役に立ちます。空き地がたくさんある状況で、信仰心を使いたくなくて建築者の住む住居をタップだけすると、思い思いの場所に家を建て始めちゃいますよね。

そうするとこんな感じですごく雑多でみっちりとした感じになってしまいます。人口を増やす目的だけならいいかもしれないですが、大きい住居から建てたいとか、見た目が、とかイロイロあるじゃないですか。

そこで、今度はあえて土地をデコボコするテクニックが役立ちます。土地を削って特定の位置にだけ空き地を作れば、人類は導かなくとも近くの空き地に家を建ててくれるのです!

土地を平らにして空き地を作るだけでなく、あえて地面をデコボコにして空き地を減らす。こうした地面の足し算と引き算しながら狙って住居を作って行けば、望みの集落を作ることが可能です。

その2:導きを忘れずに

「導き」も序盤から使えるテクニック。集落がいくつか生まれ、信仰心に余裕が出てきたら積極的に使いたいですね。

畑作業をする「耕作者」や住居を建てる「建築者」は、住居をタップしただけでは、すぐそばの空き地を利用してしまうのは先ほどお話したとおり。なので、プレイヤーが希望する空き地を利用したい場合には、しっかりと信仰心を消費して導いてあげましょう。

高低差がある場所に人類を導く時は、土地を階段状にすることを忘れずに。

その3:決心して、燃やそう!

ここに4つの小さな住居があります。

この4つの「草地のあばら家」を、より大きな居住である「草地のロッジ」に建て替えることができるんです。そうすれば、信仰心もがっぽがっぽ。

そう、「神の指」があれば!

幸福度は下がりますが、しっかりと「泉」で祝祭を行えば問題はありません。なので、使わない理由のほうがないというものです。

住居を壊した際に岩が残りますが、実はこの岩をすぐに取り除くと住んでいた住人が躍起になって家を建て始めます。それではまた小さな家が建ってしまうので、住人を「導き」で遠くにやるか、住人ごと潰してしまいましょう(まあ! なんて残酷な!)。

付近に元の住人がいないことを確認したらストッパーである岩を取り除きます。そうすると、なんてことでしょう! 広い土地が生まれ、大きな家を建てることができるんですよ!

美観も信仰心をも手に入れることができる3つのテクニック、いかがだったでしょうか? もちろん畑にも応用できますので、使ってみてくださいね!

Godus

DeNA Corp.

4.23

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る