iPhone 6sから搭載されたLive Photos機能により、これまでAndroidでしかできなかった動く壁紙が実現できるようになりました。

そこで登場したのが、動く壁紙を豊富に集めた『私のライブ壁紙』アプリ。実際にどんな壁紙があるのかレビューし、iPhone標準のライブ壁紙と比較していきたいと思います。

▲エンターテインメントのカテゴリーで、非常に多くダウンロードされている人気アプリです。
※2016年4月21日時点の順位・金額

「有料で優良なアプリ」をモットーに、有料アプリを徹底解剖している”Appliv有料アプリ調査隊”。
果たして『私のライブ壁紙』に240円の価値はあるのでしょうか!

  • iOS
  • Android

¥240

私のライブ壁紙 - カスタムのアニメ・テーマとバックグラウンド

IAC Search & Media Europe Ltd.

-

■130種類以上ものダイナミックな壁紙たち

本アプリには130種以上ものライブ壁紙が収録されています。気分に合わせてどんどん新しい壁紙を楽しめますよ。

「風景テーマ」画面に広がる大自然を見ていると、心が洗われる気分に

スマホを見るたびに気持ちがリフレッシュできそうな、風景を写した壁紙が特に充実しています。

▲編集で繋げていますが、実際には1つの壁紙につき1テーマ(3~4秒)です。オーロラや青空のほか、草花や海などもありますよ。

「観光テーマ」ランドマークのベストショットに感動せずにはいられない

世界各国の都市が誇る、有名な観光名所がドドーンと登場。

▲日本のスカイツリーをはじめ、エッフェル塔、自由の女神など巨大シンボルが美しいですね。

「動物テーマ」駆け寄ってくるワンちゃんに、疲れも一瞬で吹き飛ぶ

癒しが欲しくなったときは、ペットの姿を見るに限ります。

▲犬や猫の無邪気な姿にメロメロになっちゃいますね。なんか可愛くないのが混じってたような気もしますが、その辺は人の好みです。

『テクノロジーテーマ』きらめく人類の創造物にテンションが上がる

デジタル感あふれるキラキラした画面が好きな方も多いでしょう。

▲ご覧いただいてわかる通り、カレンダー機能がついた壁紙もあります。設定も一切必要ありません。

「オブジェクトテーマ」画面いっぱいに広がる物体に、ワクワク感MAX

物体をモチーフにした壁紙は、シンプルでありながらインパクトがあります。

▲お札がファサーッと散らばる様子は、壁紙だとわかっていてもリッチな気分になりそう。

■設定方法は簡単

ここで設定方法についてもご説明しておきましょう。といっても、普通の壁紙とほぼ同じ流れなので簡単です。

▲『私のライブ壁紙』アプリで好きな壁紙を保存してから、写真アプリを開きます。

▲共有ボタンをタップして、壁紙に設定。

▲ここで「Live Photo」が選ばれていることを確認してから設定しましょう。

▲完了です。スマホを見るたびに、地球がグルグル回る様子を楽しめます。

■デフォルトの壁紙を大きく上回るクオリティ。買う価値アリ!

iPhone 6s/6s Plusにデフォルトで入っているライブ壁紙はわずか9種類しかなく、比較的地味なものばかりです。

▲iPhoneデフォルトの壁紙9種。もちろんこれも美しいですが、ちょっと物足りなさそう。

一方、『私のライブ壁紙』は130種を超える壁紙が揃っており、ネオン輝くカッコいいものから遊び心あるユニークなものまでバラエティ豊か。日替わりで設定しても4か月以上は持つわけですから、数年使っても飽きなさそうですね。

毎日見るものですし、手に持つたびにテンションの上がる壁紙があれば生活が楽しくなるに違いありません!

iPhone 6s/6s Plusの機能を使いこなす意味でも、買う価値は十分アリです!

  • iOS
  • Android

¥240

私のライブ壁紙 - カスタムのアニメ・テーマとバックグラウンド

IAC Search & Media Europe Ltd.

-
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

中西次郎

Applivの古参ライター。人気アプリの解説、最新ゲームのレビュー、iPhoneの使い方紹介などIT関連の記事を書いています( ´▽`) ビジネス、仕事効率化、ユーティリティ系のアプリが得意分野。Apple関連情報にも敏感です。