ポイント5倍とか聞いちゃうと、ついポイントカードを作ってしまいますよね。たくさんカードを作りすぎると、探すのに手間取って大変です……。

そんな時は、『Stocard』でカードをひとまとめにしましょう。
『Stocard』は、「Ponta」や「ビックカメラ」など約1800種類のポイントカードの代わりになるカード管理アプリです。主要なカードであれば、ほとんど対応していますよ。

この記事では、『Stocard』を実際に使ってみてレビューしていきます。今回レビューで使用するのは……

この財布です! 筆者が約5年ほど愛用しているので、若干よれよれです。

最近、ポケットに財布が入りづらいなぁと感じたので、よく見てみると……
財布がパンパンすぎて、自分で立っていますよ! クララだったら、嬉しくて泣くレベルですね。

だけど、お金は数千円とスズメの涙ほどしか入ってないのに、どうして財布がパンパンなのでしょうか?

原因はコイツでした。知らない間にポイントカードが、こんなにも溜まっていたみたいですね。

そこで、『Stocard』を使ってひとまとめにしてみましょう。

実際に使ってみた

①手持ちのカードを探す

『Stocard』では、主要なポイントカードが約1800種類も用意しています。財布の中に入っていた「Ponta」や「Tカード」など8枚のカードを登録してみましょう。

②バーコードを読み取る

ポイントカードのバーコードを一瞬で読み取ってくれます。

使ってみて分かった注意点

使ってみて分かったのですが、バーコードで読み取るポイントカードは使えるのですが、Tポイントカードなど磁気で読み取るタイプは利用できませんでした。
カード裏にバーコードが書かれているか、確認しておきましょう。

③バーコード画面を店頭で見せる

スマホ画面にバーコードが表示されるので、レジでこの画面をスキャンしてもらうだけで大丈夫です。

「くすりの福太郎」や「ローソン」などで使用したところ、店員さんがちゃんと対応してくれました。
「は?『Stocard』? 何それ?」と言われないか心配してましたが、意外と浸透しているみたいですね。

財布がかなりスマートに!

では、「Stocard」でどれだけ財布が軽くなったか、ご覧ください!

なんという事でしょう……。あれだけカードが邪魔で閉まらなかった財布が、閉まるようになったではありませんか。財布をぎゅうぎゅうにしていた8枚のポイントカードは、2枚までに削減。
これには、持ち主の筆者も大喜びです。

■ポイントカードを取り出すのに時間がかかる人にオススメ

磁気で読み取るカードが2枚残ってしまいましたが、それでも4分の1までポイントカードを減らすことができました。このおかげで、財布の中からポイントカードを取り出す際も、あたふたしないようになりました!

あなたも、ポイントカードをスマートに管理してみてはいかがでしょうか。

  • iOS
  • Android

無料

Stocard - ポイントカード

Stocard

4.39
アプリストアを見る

無料

Stocard - ポイントカード

Stocard GmbH

4.08
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

もす

落語とウクレレが趣味の東大生ライター。
大喜利サイト『ボケて』で☆3000を獲得してから、自分には笑いの才能があると調子に乗ってます。

IoTやARなどの最新技術を活用したアプリや、放置ゲームやカジュアルゲームなどの記事をメインに執筆しています。最近ハマってるゲームは「なめこの巣」。んふんふ。