本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「かんたん宅食ガイド ラクタさん」は20代~50代男女1,233人を対象に、2023年5月11日~5月18日の期間で、美容と食事に関するアンケートを実施しました。

お得なクーポン実施中 [AD]
冷凍弁当「nosh」が合計3,000円OFF!
【PR】nosh合計3,000円OFF!

CMでもおなじみの宅配弁当サービス「nosh」がお得に! 下のボタンから登録すると3,000円オフで利用できます。
買い出し・調理・片付け不要。お手軽でヘルシーなお弁当が自宅に届きます。
60品の食事・スイーツから、お好きなメニューを自由に選べます。

メニュー一覧を見る

美容に関心のある人は男性が約50%、女性が約80% 若い世代ほど関心度が高い

美容に関心があるか

20歳から50歳までの男女を対象に美容への関心度を調査した結果、全体の約60%が美容に「とても関心がある」または「どちらかと言えば関心がある」と答えました。「とてもある」の割合は24.09%、「どちらかと言うとある」は39.90%、「どちらかと言うとない」は20.68%、「まったくない」は15.33%でした。

男女別の結果では、男性は「とてもある」が17.21%、「どちらかと言うとある」が33.11%で、美容に関心があると答えた男性は約50%。一方、女性は「とてもある」が30.82%、「どちらかと言うとある」が46.55%と、美容に対する関心度が高く、全体の約80%が美容に関心があると答えました。

美容に関心があるか:年代別

年代別に見ると、美容への関心は年齢とともに変化することが明らかになりました。

「とてもある」「どちらかと言うとある」と回答した割合は、20代が72.4%、30代が69.23%、40代が62.54%、そして50代が51.34%となっています。これらのデータから、特に若い世代で美容への関心が高く、年齢が上がるにつれてその関心度が徐々に低下する傾向が読み取れます。

美容のために意識していること 1位は「食生活」

美容のために意識していること

美容に関心が「とてもある」「どちらかと言うとある」と回答した789人に対して、美容のために意識していることを尋ねました。(複数回答可)

最も多かったのは「食生活」で425人。そのあとに「睡眠」412人、「スキンケア」411人、「運動」337人と続きます。日常生活と密接に関わりのある食や睡眠への関心が高いようです。

男女別に回答の割合を見ると、「食生活」「睡眠」「水分補給」「ストレス軽減・解消」は男女でほぼ同割合でした。

「スキンケア」「保湿・加湿」「紫外線対策」は女性の回答割合が大きい結果となりました。メンズコスメの売り場が大きくなっていたり、日傘を利用する男性も増えてきていたりするものの、男性のスキンケアや紫外線対策への意識はまだ低いようです。

また「ヘアケア・頭皮ケア」「ボディケア」も女性の方が比較的割合が大きく、コスメや美容機器などでケアをしている人が女性には多いようです。

一方で「運動」は男性の回答割合が大きくなっています。男性は健康と美容のために運動を重視する傾向があるようです。また「入浴」も比較的男性の回答割合が大きく、肌の清潔さや体臭対策のために気を付けている人が多いのかもしれません。

美容のために食事で気をつけていることは「食べる量」「カロリー」

美容のために食事で気を付けていること

意識していることで「食生活」を選択した425人に、美容のために食事で気を付けていることを尋ねました。(複数回答可)

最も多かったのは「食べる量」で231人。次に多いのは「カロリー」186人で、摂取量そのものに注意している人が多いようです。

栄養素関連では「食物繊維」が最多で166人。その後に「タンパク質」157人、「糖質」153人、「ビタミン」140人、「脂質」120人、「ミネラル」102人と続きます。

「保存料・添加物」「食材の鮮度」については比較的少ない結果となりました。美容への影響を考える際に、まず意識するのが量や栄養であり、食材の鮮度や保存料については意識されにくいのかもしれません。

美容に良い食生活を送れている自信のない人が約40%

日常的に美容に良い食生活を遅れているか

意識していることで「食生活」を選択した425人に、日常的に美容に良い食生活を送れていると思うかを尋ねました。

「送れている」が16.47%、「どちらかと言うと送れている」が41.88%で、約60%が美容に良い食生活を送れていると自己評価しています。

一方で「送れていない」が6.82%、「どちらかと言うと送れていない」が29.65%。「わからない」5.18%も含めると、約40%が食について意識してはいるものの、バランスの良い食生活を送れている自信がない結果となりました。

美容に良い食生活を送れていない理由

美容に良い食生活を「送れていない」「どちらかと言うと送れていない」と回答した155人にその理由を聞きました(複数回答可)。最も多かったのは「栄養バランスを考えるのが難しい」で75人。「自分で作る時間や体力がない」が63人、「食費がかかる」が60人と続きます。

自分自身で管理し、栄養バランスを考えながら食事を用意することの難しさが見えてきます。また食費の問題も、美容に良い食生活を実践する上での障壁となっているようです。

食べ過ぎの心配なし。冷凍宅配弁当でバランスの良い食生活を

温めるだけで食べられるお弁当が定期的に届く冷凍宅配弁当サービスの人気が高まっています。各社とも1食あたりのカロリーや栄養バランスをしっかり考えられたメニューが多く、中には栄養管理士が監修しているサービスもあります。

1食の量が決まっているので食べ過ぎる心配がなく、金額が固定なので家計の管理も簡単です。美容のためにバランスの良い食事をとりたいと考えているなら、冷凍弁当を取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

冷凍宅配弁当おすすめランキング 宅食人気16社を実食比較 味・料金・口コミまとめ
【糖質制限】低糖質なおすすめ宅配弁当TOP5! 15社比較した安い&おいしい冷凍弁当を紹介

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年5月11日~5月18日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:20代~50代男女
サンプル数:1,233人
◇年齢
20~29歳:308人
30~39歳:312人
40~49歳:315人
50~59歳:298人
◇性別
男性:610人
女性:623人

本データの利用条件

1 情報の出典元として、「かんたん宅食ガイド ラクタさん」の名前を明記してください。

2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
 https://mag.app-liv.jp/archive/141677/

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。

4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。

TAG