2018年7月18日よりLINEに「リプライ」機能が追加されました。これはメールでいう引用返信に相当する機能。複数人が発言するグループトークで特に活躍します。

1対1の会話でも、少し前の発言に触れたくなったときに活躍。いちいち「この前言ってた○○の件なんだけど」と言わなくても、過去の発言に手っ取り早く言及できます。

あわせて読みたい
LINE、無料で使える動くスタンプを120個追加! ダウンロード方法を解説

▲特定の発言を引用できるようになった。

リプライ機能の使い方

使い方はとても簡単です。

▲引用したい発言を長押しして[リプライ]を選択。

▲入力欄の上に引用する発言が表示されている。選び間違えた場合は右上の[×]でキャンセル。

▲どの発言に対して返信しているのか明確に。発言が入り乱れているグループトークでは非常に便利。

▲スタンプや写真・動画に対しても使える。

誤解を生まないよう積極的に使いたい

トークルームの人数や発言のタイミング次第で、自分の言葉が誰に対して向けられたものなのか紛らわしくなることがあります。

LINEには「@ユーザー名」で相手を指定するメンション機能もありますが、リプライ機能を使えばよりピンポイントな返事ができます。

積極的に機能を使って、誤解を生まないようわかりやすく会話したいですね。

こちらの記事もおすすめ

LINEグループに@メンション機能が追加。写真の送信もより手軽に - Appliv TOPICS

2017年2月27日、iOS版のLINE※がバージョン7.1.0にアップデートし、新たな機能を追加しました。グループでのメンションや360度カメラへの対応などにより、使い勝手が増しています。 早速、具体的な変化を見ていきましょう。 ※Android版では2月21日、先行してアップデートしていました。

mag.app-liv.jp
LINEの新機能を先行でお試し『LINE Labs』使い方。第1弾はトークキャプチャ - Appliv TOPICS

LINEのリリース前の新機能を一足先に試せる『LINE Labs』機能が登場しました。(2018年5月29日時点ではiOS限定) GmailやGoogleカレンダーに以前より実装されていた「Gmail Labs」「カレンダーLabs」などに似たサービスです。いち早く新機能に触れられるのは、テック好き・ガジェット好きにはたまりません。

mag.app-liv.jp
  • iOS
  • Android

無料

LINE

LINE Corporation

4.39
アプリストアを見る

無料

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ

LINE Corporation

4.45
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。