月額550円で、ドラマ・映画・アニメなど12万本以上の動画が見放題になる『dTV(ディーティービー)』。

この記事では他社サービスとの価格比較、無料お試しについて、支払いにまつわる疑問・注意点などをまとめました。『dTV』を初めて使おうとしている人に有益な情報もあるので、加入前に一読してみてください。

※本記事内に記載された価格はすべて税込です。

あわせて読みたい
『dTV』徹底ガイド 無料登録方法、メリット・デメリット、会員料金など

『dTV』とは?

『dTV』について詳しくはこちら

『dTV』使い方ガイド 料金、無料登録方法、口コミ、使い方など徹底解説

『dTV』は12万作品以上が税込550円で楽しめる、お得な動画配信サービスです。最大5つのデバイスで利用できるので、移動中はスマホやタブレットで、自宅ではテレビでコンテンツを楽しめます。

『dTV』はdTVチャンネル』や『DAZN』とセットで加入すると月額料金が安くなるのも重要ポイント。幅広く色んな作品を楽しみたいなら、『dTV』がおすすめです。

作品数 非公開
月額料金 550円(税込)
無料お試し期間 31日間
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV)
同時視聴 不可
支払方法 クレジットカード
ドコモ ケータイ払い
App Store
コンビニでのシリアルコード購入
gifteeでの購入
運営会社 株式会社NTTドコモ
こんな人におすすめ 音楽・スポーツ・ニュースなどいろいろ楽しみたい

『dTV』の月額料金は他社サービスと比べても格安

『dTV』そのものの料金は、シンプルに月額550円。『dTV』の頭文字・dは『docomo(ドコモ)』のd。以前はケータイや電話回線・Wi-Fiにdocomoと契約していた人向けのサービスでしたが、今はauやSoftbankなどの他キャリアと契約していても利用できるサービスです(利用にはdアカウントへの登録が必要です)。

dTVや他の主要動画サービスの料金・特徴を比較した表はこちら(作品数は公式サイトより引用しています)

動画サービス各社の料金表一覧

作品数 月額料金(税込) お試し期間 DL機能
dTV 120,000以上 550円 31日
dアニメストア 4,200以上 432円 31日
Hulu 70,000以上 1,026円 14日 ○(※1)
Amazonプライム・ビデオ 非公開 500円 30日
Netflix 非公開 990円~ なし
U-NEXT 230,000以上 2,189円 31日
FODプレミアム 50,000以上 976円 14日

※1・一部作品のみDL可能
※2・2021年7月時点の作品数をカウント

『dTV』の動画ラインナップは12万本超とトップクラスで、その割には料金も最安クラス。コスパの良さは他のサービスに引けを取らないほど優秀です。

『dTVチャンネル』や『DAZN』とセットで割安に

名称が似ていますが『dTV』とは別に『dTVチャンネル』というサービスもあります。

『dTV』:豊富なコンテンツを好きなときに楽しめるオンデマンド配信
『dTVチャンネル』:テレビのように番組が流れっぱなしのリアルタイム配信

またスポーツライブ中継サービス『DAZN(ダゾーン)』とも提携しており、セット加入することで料金が割安になります。

単独及びセットによる料金プラン

料金(税込)
dTVのみ 550円
dTVチャンネルのみ 858円
DAZN(for docomo)のみ 1,925円
dTV+dTVチャンネル 1,078円
(330円お得)
dTV+DAZN 2,255円
(220円お得)
dTV+dTVチャンネル+DAZN 2,783円
(550円お得)

必ずしも2つ(3つ)のサービスを同時に申し込む必要はありません。複数サービスに加入すれば割引は自動で適用されます。

31日間の無料お試しは初回利用なら誰でも適用

大半の動画サービスに共通することですが、『dTV』にも無料のお試し期間があります。『dTV』は通常7日間のところ、今なら初回31日間無料でお試しする事が可能です。初回利用であれば自動的に適用されます。

31日間お試しできるキャンペーンがいつ終了するかは明記されていないので、申込みは早めに済ませておくに越したことはありません。常に最新情報をチェックしておきましょう!

dTVをApp Storeから申し込むと即650円が発生してしまう

『dTV』へ申し込みする際、スマートフォンやPC(パソコン)のブラウザから申し込むのが鉄則! アプリから申し込みできるのは手軽ですが、月額料金は650円と割高になるだけではなく、無料お試しキャンペーンの対象から外れてしまいます。特にiPhoneを使っている方は要注意です。

申し込みはスマートフォン・PC・タブレットなどのブラウザから行うようにしましょう。

支払い方法はクレジット・デビット・ドコモ払いが基本

支払いはクレジットカードかデビットカード。docomoユーザーであればドコモ払いも可能です。またdポイントを支払いに変更(dポイントクラブからの手続き)することができるので、ポイントの溜まりやすいdocomoユーザーは更にお得に利用することができます。

App Storeからの申し込みであればギフトコードを使うこともできます。ただし先ほどもお伝えしたとおり、650円と割高になる上に無料キャンペーンを利用することができなくなってしまいます。

31日間無料キャンペーンは、ウェブからの申込みであれば適用されます。サービス内容は支払い方法の違いによって変わることもないので、持っているならカード払いが断然おすすめです。

支払い方法はクレジット・デビット・ドコモ払いが基本

動画サービスに限らず、ネットで決済をするにはクレジットカードが1番便利です。お持ちでない方は、これを機にカード作成を検討してみてもいいかもしれません。

クレジットカードのサービス内容は本当に様々ですが、初心者向けカードとしておすすめなのは『Amazon Mastercard クラシック』。Amazonを利用するかどうかに限らず、入会金・年会費無料とほぼノーコストで使えるカードなので申込みのハードルも低いです。

支払い方法について詳しくはこちら

『dTV』支払い・決済方法は6種類 損をしないためのおすすめ登録タイミング

料金に関する疑問点や注意点

お試し期間中に解約すれば料金はかからない

31日間の無料お試し期間中に解約すれば料金は1円もかかりません。ただし決済情報は記録されているようで、同じカードで無料お試しを2回行うことはできません。

お試し期間が終わった翌日から請求が発生

お試し期間が終わると、その翌日に初月分の請求が始まります。

そしてここが注意してほしいポイントですが、2回目の請求は翌月1日に行われます。

たとえば無料お試しが1月30日に終わったとすると、1月31日に550円請求され、2月1日にまた550円が請求されてしまうのです。

無料お試しがいつ終わるかによって初月分の料金が多少損になるので、月初にお試し期間が終わるようタイミングを合わせるのがオススメです。

追加料金がかかる「レンタル」メニューもある

『dTV』の基本料金は月額550円の1種類のみですが、作品によっては個別に追加料金がかかります。

それが「レンタル」と呼ばれるメニューで、主に新作映画が対象となっています。

解約時、料金の日割り計算はされない

解約時に料金の日割り返金はありません。『dTV』はどのユーザーも毎月1日に請求されるシステムなので、毎月末日に解約すれば最もおトクに使えます。

『dTV』をテレビで見るなら「Fire TV Stick」がおすすめ

Fire TV Stick

➜ Amazonで購入

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

➜ Amazonで購入

『dTV』は幅広いデバイス(機器)に対応しており、Wi-Fiのインターネット回線があれば簡単にテレビで視聴できます。特にAmazonの「Fire TV Stick」はコストパフォーマンスがよくおすすめです。

テレビで見る方法について詳しく知りたい方はこちら

『dTV』をテレビで見る方法 Fire TV Stickなど対応デバイスで簡単

dTVはコスパよし! 加入タイミングとアプリからの申し込みに要注意

料金も請求の仕組みもかなりシンプルなサービスを提供しているdTVは、月額料金の低さも相まって比較的分かりやすいと思います。

請求日が毎月1日と固定されているため、加入・解約のタイミングには気をつけましょう。またiPhoneユーザーの場合は、割高で無料キャンペーンが適用されないiTunes Storeからの申し込みではなく、ブラウザから申し込みすることもお忘れなく!

これらに注意して、快適な動画ライフを始めてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

動画配信サービスおすすめ15社比較&人気ランキング まずは無料で試そう!
『dTV』を解約(退会)する方法と注意点 1番おトクな解約タイミングは月末
dTV

株式会社NTTドコモ

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る